• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

めんどくさい女性の職場でストレスを溜めないようにするには

Date:2012.05.23

朝、会社に行くのが辛い…そんな女子が増えています。原因の4割は「対人関係」。未だに男性社会の日本。その中での自分の立場を兼ね合いにしながら、職場の男性(同僚、上司、部下から取引先まで)との対人関係に、疲れた感たっぷりのみなさん。

どうかそこで立ち止まって泣かないで。職場はあなたのすべてじゃないのです。幸せに生きるための手段の一つ。それなら、「男性社会」を賢く世渡りしましょう。

まず、周囲はどんな人?

職場でやっかいな男性は、上司でも同期でも部下でもなく、リーダーになりたがる人。上司だっていい人はいい。地味な人は問題なし。それより「私が私が」と統率したがる人の方がストレスですね。

この人に振り回されて自分のノルマが達成できなかったり、時にプライベートまで踏み込まれたり…。このリーダー的な男性の性格は心理学的に4つに分類されます。

  • 仕事人間タイプ…仕事一筋で周囲の人間に全く気をつかわないタイプ
  • いい上司タイプ…部下の面倒をよく見るが、自分の仕事にはやや甘く、業績にこだわらないタイプ
  • 社会活動タイプ…地域への貢献やボランティアを大切にするが、業績にも人間関係にもさほど関心がないタイプ
  • 勤勉家タイプ…仕事を第一に考えながらも、人間関係や周囲に気を配る理想的なタイプ

この4つのタイプがリーダーに成り得るタイプ。職場でちょっと厄介だな、というタイプ、このどれかに該当している可能性が高いはず。

仕事人間タイプの攻略法

ここに該当する男性上司は多いはず。「この書類明日までに」などとせかしておいて、翌日になれば「あの書類はもう使わないことになったから」とあっさりと言ってのける。

この身勝手さに、本人は気づかず、あくまで「仕事をしている」という感覚しかありません。

しかし、このタイプとコミュニケーションを上手くとれるようになると、職場の居心地度がグッとアップすることも間違いありません。

何がこのタイプに効くか…。経験的に言うと、それは女性の「笑顔」。普段、身勝手な指示を出すので、引き受ける方も自然に憮然としてしまいます。しかし、その職場で、あなたが、あえて笑顔といい返事で引き受けてください。

仕事人間でも人間ですから、嫌な気持ちはしないはずです。その繰り返しが、仕事人間の心を溶かしていきます。人は自分に好意を示す人に、自然と好意が生まれる、というのも心理学的には自然なことなのです。仕事人間は、笑顔で攻略!

いい上司タイプの攻略法

ともかく、忍耐強く部下の面倒見がいい、飲みの席でもいいオジサン、相談事にも乗ってくれる、ただし仕事ができない…という仕事的には尊敬できない上司の代表が「いい上司タイプ」。

このタイプと人間関係がこじれると面倒です。なぜなら、「いい人」ゆえに、オジサンネットをたくさん持っていて、「あの子っていい子なんだけどねぇ…でも、」と酒の肴に噂にされる可能性大です。

まず、おすすめは「距離を置く」。柔和な外見に騙されてはいけません。近づくとつい取り込まれて、会社の愚痴など言ってしまっては、あとでエラいことになります。いい上司は「距離感」で攻略!

社会活動タイプの攻略法

昨今の男子にも、多いタイプ。ボランティアや地域活動に積極的に参加して、仕事や周囲との関係はほどほどに…。自分の生きる意味実践中というタイプでしょうか。比較的扱いやすいリーダーです。

ただ、このタイプの短所は話好き。自分の活動をまるで実況中継のように話し、最後には涙ぐむようなところがあります。働く女子としては、忙しいのに興味のない話をされて「ウンザリ」。

このタイプには、先回りして、質問をしたほうが、あっさりと終わります。月曜の朝に「週末はどうだった?」と話しかけてみましょう。もちろん意気揚々と彼は話すでしょうが、始業とともに、「仕事だね~」と打ち切ればいいだけです。

あなたの印象もOK。彼の気持ちもおさまり、とこれだけで1日が違うはず。社会活動タイプは「質問」で攻略!

勤勉家タイプの攻略法

まさにリーダーのなかのリーダーという男性。そんなに多くは出会わないので、大丈夫です。ただし、どこの職場でもそのレベル内で1人はいますね。

しかし、このタイプと人間関係が崩れて…という話はなかなか聞きません。女性側としても、仕事をきちんと仕上げることで、円滑な関係を維持できるはずです。正当な評価もしてくれるでしょう。

ただ一つ、人間関係にしこりができるのは、このタイプと社内恋愛になった場合。別れても結婚してもついて回る噂や周囲のしがらみ。その中には女性の嫉妬も多く含まれるはずです。

これらの女性の嫉妬や、人間関係の複雑さは男性のそれをはるかにしのぎます。勤勉家タイプは「恋をしない」を鉄則に!

男性の多い職場で働くみなさん、私も以前そうでしたが、想像以上にストレスもあるもの。でも、職場だろうと男と女です。心底解り合えることは不可能です。

割り切って、居心地のいい人間関係をつくって、あとは仕事に集中するようにつとめるべきですね。

この記事をシェアする

関連記事