• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

お菓子好き必見!太らずダイエットにも最適なスイーツの選び方

Date:2012.10.13

ケーキにチョコレート、アイスクリーム、大福…、甘いお菓子類。甘いものは女性のストレス解消とも言えますね。食後のデザートは別腹だし、疲れたときには甘い物を食べると元気回復。しかし、甘い物は基本的には高カロリーです。

それは女性でなくでも誰もが知っていることですね。食べ過ぎれば間違いなく太ります。それでもやめられないのは、お菓子やデザートなどの甘い物はとても魅力的だから。

そこで提案です。できるだけ低カロリーのスイーツを選びましょう。スイーツの中でも太らないものもあるのです。食べ過ぎれば太りますが、普通に食べる分にはそれほど気にせずに食べられるものがあるのです。残念ながらそれはケーキではありませんが…。

ケーキはなぜ太る?

一般的に太ると言われているケーキ。イチゴショートやチーズケーキ、チョコレートケーキなどの洋菓子はカロリーが高いとされています。こういった洋菓子には、砂糖ばかりでなく、生クリーム、バターなどの高カロリーのものがたくさん詰まっているからです。

カロリーにすると、砂糖100g約380kcal、バターは745kcal、生クリームは400kcal以上もあるのです。当然、ちょっと運動したくらいでは消費しきれないカロリーです。ケーキブッフェなどで食べたいだけ食べると…どうなるか分かりますね。

安心して食べられるのは和菓子

和菓子は洋菓子よりもダイエット向きです。理由はカロリーが洋菓子よりも低いから。また、和菓子1個のサイズは小さめ。その分カロリーも抑えられるのですね。さらに、和菓子によく使われている小豆はダイエットにとても役立つ食材。

小豆には食物繊維を筆頭に、良質なタンパク質、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウム、リン、鉄といった成分が含まれています。さらにポリフェノールも豊富に含まれているので、ダイエットや美肌にも効果があると言われているのです。さらに、サポニンも豊富で、便秘の解消にも役立つのです。この小豆を豊富に用いた和菓子なら、安心して食べられますね。

和菓子と一緒にお茶を

和菓子がダイエット向きと言われるのは、もう一つワケがあります。ケーキだとコーヒー、というのが多いかと思いますが、和菓子だとお茶が欲しくなりますよね。

お茶にはカテキンが含まれていますから、それが体脂肪合成を抑制してくれる働きがあります。和菓子を選ぶことで体脂肪も抑えられるのです。

ダイエットにはこんな食材がおすすめ

大豆のように、食物繊維がたくさん入っているというような食材を使ったものであれば、カロリーをあまり気にせずに食べることができますね。他にはどのような食材があるでしょう?

おからや豆腐、豆乳もそうですね。食物繊維やイソフラボンが豊富で、肥満防止に役立ちます。黒豆を使ったスイーツもおすすめ。黒豆にはサポニンや食物繊維、イソフラボン、アントシアニンなどが豊富。

きなこはカロリーはそれほど低くはないのですが、脂肪燃焼に必要なビタミンB群やカルシウムなどが摂取できるので女性にはおすすめ。
また、つぶあんよりもこしあんの方が低カロリー。でもつぶあんには食物繊維やミネラルが豊富ですよ。

ところてんはほとんどカロリーなし

ところてんや寒天はほとんどカロリーがありません。腹持ちもいいので、デザートにはこれらがおすすめ。でも甘さが物足りないかもしれませんね。みつ豆やあんみつなどはおすすめデザートですよ。

この記事をシェアする

関連記事