• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

スイーツ好きは冷え性になる?その理由と対策を紹介

Date:2013.03.27

女性はスイーツが大好き。「甘いものは別腹」という人もいるくらいです。しかしこのスイーツが実は冷え性を起こしているとも言われているのです。どうしてスイーツが冷え性を起こすと言われているのでしょうか。そして冷え性改善のスイーツはあるのでしょうか。

スイーツが体を冷やす理由

どうしても甘いものを食べたくなりますが、過剰摂取していないでしょうか。

スイーツが体を冷やすというのではなくスイーツに含まれる砂糖が体を冷やしてしまうそうです。普段甘いものを食べたい時に砂糖を食べる人はいません。ケーキやチョコレートなどといったものを食べています。この中に上白糖がかなりの量含まれています。

上白糖は砂糖の中で最も体を冷やすと言われており、料理家の中では体を冷やさないようにと上白糖を使用しない人も多いとか。この上白糖、摂りすぎると太るだけではなく、体内の血液循環などに支障がでてきて冷えを起こしてしまうと言われているのです。

上白糖はスイーツにとってはなくてはならないもの。これを大量に使っているスイーツをたくさん食べていると上白糖をそのまま食べているのと同じような状態になってしまいます。

一部では砂糖を控えることで冷え性・肩こり・生理痛などが軽減されたという人もいるらしく、それだけ血液循環に支障をきたしているということが分かります。

いきなり砂糖を使ったものを食べないようにするのは難しいので、少しだけスイーツを控えるなどといったことを心がけることで冷えも軽減するかもしれません。

どの砂糖なら冷えにはいいの?

お店などで売られているものは上白糖やグラニュー糖が使われているので気を付けて食べることしかできませんが、自分でスイーツを作ったり甘味を摂りたいという時は上白糖を使うのではなく黒砂糖・てんさい糖・はちみつなどを使うことをオススメします。

黒砂糖は上白糖と同じさとうきび等からできていますが、ミネラルやビタミンが含まれている分、上白糖よりも冷えなどに対しては穏やかだと言われています。

一番いいのはてんさい糖・はちみつです。てんさい糖・はちみつは上白糖や黒砂糖よりお甘味が控えめなので最初は甘味をあまり感じないかもしれませんが、このくらいの甘味が体にはいいとされています。

どうしても甘いものが食べたい時は

そうは言っても甘いものは食べたいというのが人間です。そういう時ははちみつを使ったスイーツなどがオススメです。最近はショップによっては健康のために甘味にはちみつやてんさい糖しか使わないというところも出てきました。

他には生姜を使ったスイーツなどを摂ったり、スイーツを食べる時に生姜紅茶を飲んだりすると冷えの解消にはなります。

砂糖が冷えの原因と思っていた人はあまりいないかもしれませんが、かなりの割合で砂糖が冷えを引き起こしていると言っても過言ではありません。

どうやっても冷えが緩和されないという人は、少しずつ砂糖の摂取を減らして様子を見てもいいかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事