• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

手軽に長く続けられる食費節約の秘訣とは?ズボラでも大丈夫!

Date:2017.09.06

「ご飯作るの面倒くさいなぁ」と、ついつい外食してしまう…。こんな生活していると食費がかさみますよね。

なんとか出費を抑えたいけど、毎日頑張って料理するなんて無理!!

私自身もズボラ人間なので、毎日こんな葛藤を繰り返しています。でも、ちょっと工夫すればズボラでも節約する方法は色々あるのです。

外食はやめて楽に食費を節約する生活、あなたも始めてみませんか?


今日からできる!簡単食費節約のコツ

それでは、ズボラさんでも無理せず出来る節約のコツをご紹介します。「これなら出来そう!」と思うものがあれば、早速今日から始めてみて下さいね。

買い物の仕方を見直そう

毎日スーパーに行くと出費が増えてしまいます。買い物の回数を減らし、なるべくまとめ買いするよう心がけましょう。週に1回~3日に1回位が理想的です。

買い物に行く時はリスト(メモ)を作って持って行き、極力不必要なものは買わないようにします。こうすれば買い忘れを防ぐ事も出来ます。

お腹が空いた状態で買い物に行くと、目についた美味しそうなものを衝動的に買ってしまいがちですので、空腹時に買い物に行くのは避けましょう。

また、チラシをチェックして特売日に行ったり、商品が値引きされる夕方遅めの時間に行くとお得です。

安くて汎用性の高い食材を活用しよう

例えば豆腐や油揚げ、納豆やもやし、きのこ類などは廉価で様々な料理に用いる事が出来ます。このような食材を是非活用して下さい。

おすすめなのがあらかじめカット・洗浄された状態で販売されているカット野菜。下拵えが不要ですぐに料理に使う事ができます。色々な野菜が入っているのでバランスよく野菜を摂る事が出来ます。

見切り野菜を上手に使おう

最近野菜の値段が高くなっているなぁ、と思いませんか?特に葉ものの野菜などが以外と高く、なかなか気軽に使えないと感じます。

スーパーの青果売り場には鮮度の落ちた商品を値下げして販売しているコーナーがありますよね。この見切り品コーナーの野菜は驚くほど安くなっています。

買い置きには不向きですが、すぐに使うものであれば見切り品でも全く問題ありません。青果売り場に行ったら、忘れず見切り品コーナーを覗いてみて下さい。

PB商品は節約の味方!!

大手スーパーがメーカーに製造委託して販売しているプライベートブランドの商品は価格が安く、品質もしっかりしています。

デイリー食材から調味料、お菓子やお酒など様々な商品があります。是非活用しましょう。

食材の買い込み過ぎに注意!

節約の為にまとめ買いをおすすめしましたが、沢山買って使い切れず、結局傷んでしまったら無駄になりますし勿体ないですよね。

極力食材のロスは出さないよう、買い過ぎには注意し、使い切れる量だけ買うようにしましょう。

余った食材はカットしておいて冷凍保存をおすすめします。何時買ったものか分かるよう、日付を書いておくと良いでしょう。

スーパーのお惣菜を活用しよう

料理の品数が少ないと栄養が偏るのは分かっているけど、作るのが面倒…そんな悩みを解決してくれるのが、出来合いのお惣菜です。

手軽に一品、プラスする事が出来ますよ。和・洋・中、メインのおかずからサラダまで何でもありますので、上手に活用して下さい。

レトルト・インスタント・冷凍食品をストックする

疲れてどうしても料理をしたくない!そんな時の強い味方になってくれるのがレトルトやインスタント、冷凍食品です。長期間保存出来ていつでも使えます。お徳用のものを買い置きしておけば経済的。

個人的におすすめなのが業務スーパーなどに売っている冷凍のうどんです。冷凍なのに驚くほど本格的で美味しいんですよ。是非使ってみて下さいね。

ポイントカードを作ろう

なるべく買い物をするスーパーは1ヵ所に絞ってポイントカードを作るようにしましょう。

その方が早くポイントが貯まりますし、沢山のポイントカードでお財布がパンパンになり、レジで出す時に探すのが大変、なんて事も無くなります。

電子レンジを活用しよう

鍋で長時間食材を煮込むのが面倒くさい。火加減も見ておかなくてはならないし、洗い物も増えるし、煮物は極力作りたくない!

実は煮物って電子レンジでも作れるのをご存知ですか?耐熱容器に切った食材を入れて、適量の水、調味料を加えて、ラップをふんわりとかけてレンジに入れます。

こうすれば数分で簡単に煮物が出来てしまうのです。蒸し物なんかもお手のもの。

時間設定を間違えるとうまく熱が通らなかったり、乾涸びてしまったりするのですが、慣れてしまえば簡単。調理した器をそのまま食卓に出してしまえば洗い物も減らせて一石二鳥!

レシピサイトなどにレンジを使ったレシピが多数ありますので、トライしてみて下さい。

お弁当は前日作っておく

朝早く起きてお弁当を作るのはハードルが高い…そんな人は前日の夕食を多めに作っておくと良いでしょう。朝、出掛ける前にお弁当箱に詰めるだけ。これなら早起きしなくてもお弁当を用意出来ます。

夏場は食中毒のおそれがありますので、作った料理は必ず冷蔵庫で保管するようにして下さい。

なるべくコンビニに近寄らない

コンビニに入るとつい色んな物を買ってしまいますよね。しかもコンビニの商品は殆ど定価でスーパー程のお得感もありません。

節約の面からはコンビニで買い物するのはあまり賢くないと言えます。極力コンビニを利用するのは控えたいものです。

カレンダーを活用しよう

上手に買い物する計画を立てるため、「買い物用カレンダー」を用意するといいでしょう。まとめ買いをする日やセールの日などを書き込んでおくと計画的に買い物する事ができます。

必要なものをリストアップしたメモやチラシと一緒に、冷蔵庫など台所の見やすいところに貼っておくと良いですね。

簡単節約ワザで、気軽に長続きする節約制約を!

いかがでしたか?無理をして手間のかかる節約ワザを実践しても、面倒になり長続きしないものです。簡単に出来る事でもコツコツ長く続けていけば、確実に節約の効果は出てきます。

「私は面倒臭がりだから無理!」と諦めないで実践してみて下さい。いつか「最近出費が減ったかも?」という嬉しい発見がある筈です。

この記事をシェアする

関連記事

コメント