• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

老化防止で美肌効果を生姜から得るには簡単レシピで毎日摂取

Date:2014.08.04

見た目年齢は体内年齢に比例するものです。見た目もいつまでも若々しくいたいなら、まずは体内年齢の時計をちょっと遅らせましょう。老化防止効果のある抗酸化物質のショウガオールが含まれる生姜を上手に毎日の食事にとりいれられる簡単レシピを紹介します。

体内時計を遅らせるのに毎日摂取するなら生姜は10g~30g必要です。幅があるのはその人の漢方的に見て「熱」がこもりがちな方は10g程度。逆に冷え症な方は大目に30g(生姜1かけ)位を1日の摂取量の目安にしましょう。多く摂り過ぎも良くありません。

シーチキンと生姜のふりかけ

<材料>

・シーチキン:1缶(80g)
・生姜   :50g(大き目の2かけ)
・ごま   :大さじ1杯
・しょうゆ:大さじ2杯

・料理酒 :大さじ2杯
・みりん :大さじ2杯
・砂糖  :大さじ1杯

<作り方>

1.シーチキンはオイルやスープをよく切ります。

2.生姜はみじん切りにします。

[3.写真1]

3.調味料のしょうゆ、料理酒、みりん、砂糖はあらかじめ合わせて置きます。砂糖が溶け残っていないように気を付けましょう。

4.フライパンに油を引かずにシーチキンと生姜を入れます。

5.乾煎りするので中火より細い火加減で焦げないように箸やフライヤーなどでかき混ぜながら煎り付けます。(5分程)

6.5分煎りつけたら、3で合わせてある調味液を全部入れます。

[3.写真2]

7.水分を飛ばすまでは炒っていた頃と同じくらいの強さの火加減で良いですが、汁けが少なくなってきたら弱火にして水分を飛ばします。

8.最後にゴマを入れて出来上がりです。

[3.写真3]

●●の生姜あんかけ

●●はいろいろなものに応用可能です。厚揚げ、蒸し鶏、魚の酒蒸し、蒸野菜、焼きナスなどどれもおいしく食べられます。生姜を毎日食べるためにいろいろな食材と組み合わせて試してみて下さい。

また、生姜あんかけとなっていますが味付けが生姜味という訳なので、キノコや細切りの野菜などを生姜あんに加えてもおいしいです。バリエーションがあることで毎日とはいかなくても、頻繁に食卓に上げても飽きずに食べられます。

レシピ例:厚揚げの生姜あんかけ

<材料>

・厚揚げ(1枚)
・生姜20g~30g(1かけ)
・だし汁(200ml)

・サラダ油:大さじ1杯
・しょうゆ:大さじ1杯
・みりん :大さじ1杯

・酒   :大さじ1杯
・片栗粉 :小さじ1杯(片栗粉を溶く時に少量の水が必要です)
・長ネギ :3~5cm位(最後に白髪ねぎにしてトッピング)

<作り方>

1.厚揚げは湯通して余分な油を抜きます。

2.生姜はみじん切りにします。

3.鍋にサラダ油を入れて、加熱し、2の生姜のみじん切りを入れます。焦がすと有効成分のショウガオールも台無しなので低温でショウガの香りがするまで熱する程度にします。

※生姜はショウガオールを摂る為には生姜を100°C以上に加熱する方法が簡単です。

4.3でショウガの香りが立って来たらすぐにだし汁を入れます。

5.しょうゆ、みりん、酒を入れてひと煮立ちさせます。このときあまり沸騰させたり長時間ぐつぐつ加熱すると水分量が減るので分量の片栗粉では丁度いい硬さのとろみにならないので気を付けましょう。

6.5が煮立ったところで、少量の水で溶いた片栗粉を5をかき混ぜながら入れます。

7.1の厚揚げを食べやすい大きさに切って、6をかけます。

8.白髪ねぎ状に切った長ネギを7に盛りつけます。

 

この記事をシェアする

関連記事