• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

タバコを辞める事で得られる幸福とは?

Date:2013.07.23

「100害あって1利なし」と呼ばれるタバコ。喫煙者の女性にとっては特に美容の対敵ですね。しかし「口臭も気になるし、気が付けばお肌もボロボロ。でもなかなかやめられない・・・」という悪循環に陥ってしまっている方も少なくないでしょう。

今回はタバコをやめることができた時の「報い」として、どんな幸福が得られるかをご紹介したいと思います。またタバコに含まれる有害物質の恐ろしい影響についてもご紹介いたします。

知ってるようで知らない?ニコチンとタールの害

ニコチンとタールの存在はすでにご存知の方も多いことかと思いますが。しかし喫煙者の方の中でも意外とその「ニコチンとタールの害」について詳しく知らない方が多くいるようです。

ニコチンには「依存性物質」が、タールは「発がん性物質」がそれぞれ含まれており、人間の身体に様々な悪影響を及ぼします。

そして今回特に注目していただきたいのが、ニコチンに含まれる「依存性物質」です。この依存性物質が脳内で様々な働きをし、喫煙者の幸福を「本当の意味で」奪っているようなのです。

「満たされない・物足りない」はニコチン依存状態に陥っている証拠

タバコを吸うと「ドーパミン」と呼ばれる脳内ホルモンが大量に放出されます。
のドーパミンは主に、満足感や幸福感を引き起こします。

例えばストレスを解消しようとタバコを吸い始めると身体の疲れが取れていくような感覚になるのはこのためです。

つまり身体の疲れが取れたような感覚になるのは、満足感や幸福感を引き起こすドーパミンが脳内で沢山放出されているからなのですが、実際のところ本当に身体の疲れが取れているわけではなく、一時的に疲れを麻痺させているようなものなのです。

そして喫煙を続けているとタバコを吸う時にしか、充分な満足感や幸福感を得ることができなくなり、通常の満足感や幸福感を感じられなくなり鈍感になっていきます。

タバコを吸っていないと、何となく満たされない感覚や物足りなさを感じている状態を「ニコチン依存状態」と呼びます。

禁煙を始めると禁断症状が現れ、無気力感やイライラした気持ちが出てきますが、これらもニコチン依存状態に陥っているためです。

禁煙を数日間続けることでこの状態から抜け出すことができ、通常の刺激でもドーパミンを放出できるようになるため、満足感や幸福感を通常通りに感じることができるようになっていきます。

通常通りの満足感や幸福感を感じられるようになってしまえばしめたものです!それは無事に禁煙が成功し、ようやく本来の幸福を取り戻したことを意味します。

タバコを手放すことで得られる幸福

タバコを吸っていると、ビタミンCが奪われてしまうために常にお肌がカサカサの状態です。しかしタバコを手放すことでビタミンCを摂取しても奪われることがなくなるため、お肌が綺麗な状態へ戻り、フケ顔から脱出することができます。

また口臭を気にすることがなくなるため、お口の匂いで男性を引かせてしまったりすることもなくなります。美容面の幸福を取り戻すことは恋愛面でも良い結果を生み出してくれそうです。

タバコを吸うとドーパミンが大量に放出するため、一見して精神面を安定させてくれているかのような錯覚に陥りますが、実際のところはタバコを吸っていない時間に、何だか落ち着きがなくなったりイライラするなど精神面を不安定にさせます。

しかし禁煙を成功させるとイライラする気持ちも薄れて通常の落ち着きを取り戻し、健やかな日々を手に入ることでしょう。また肺の重苦しさも2~3ヶ月程経過すれば大分改善されて呼吸がしやすくなっていきます。

タバコを手放すと脳の回転が早くなるため、良いアイディアが浮かびやすくなるなど仕事のパフォーマンスの向上が期待出来ます。

タバコを吸うと仕事にも集中できるからという理由で吸われている方もいますが、それは本来の自分の持つ力を発揮しきれていないことを意味します。

それらは「一時的にしか」力を発揮することができませんが、タバコをやめることで脳が通常の働きを取り戻すため、「常にベストな状態」で仕事に取り組むことができるようになるのです。

お金の節約ができるようになることは言うまでもありません。タバコ代に充てていたお金を今度は自分に投資することもできますね。

自己投資ができると自分が磨かれ、様々な場面で自分を輝かせながら生きていくことができる可能性を充分に秘めています。

また「ご飯を食べることが一番の幸せ!」という方は、禁煙を達成することができたご褒美にリッチな食事を自分へプレゼントするのも良いかもしれません。浮いたお金で自分なりの幸せを手に入れたり、実現することが可能になることでしょう。

タバコを吸う時間が減るということは、やりたいことをやる「時間が増える」ということです。長生きや短命は人それぞれ異なりますが、一日一日の時間は皆平等に与えられているものです。その平等に与えられた時間をどのように使うかは自分次第です。

例えば30分の時間を与えられたとしたら、あなたは与えられた時間を好きなことに費やしますか?それとも身体をむしばむタバコを吸って、偽物の幸福感を味わう時間に費やしますか?できることなら大切な時間を有意義なことに費やしたいものですね。

これらのようにタバコを手放すことで得られる幸福は沢山あります。実際にタバコをやめたときには更に様々な幸福を見つけ出すことができるかもしれません。

「本物の幸福」を取り戻すために、ぜひこれらを参考にしてみてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事