• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

食べてすぐ寝ると本当に太るの?食後のベストな過ごし方

Date:2017.06.22

食べてすぐ寝ると太るといわれますが、本当のところはどうなんでしょうか。

身体を動かさないと太りそうな気もしますが、食後は休息した方がいいという話もあります。

どうやら「寝る」というのがポイント。横になることは太るどころか、ダイエットにも役立つそうです。どのようにすれば寝ながら痩せることが出来るのでしょう。

食べてすぐ寝ても太らないようにするにはどうすればいいか、そのポイントをご紹介しましょう。


食べてすぐ寝ると牛になるという話

「食べてすぐ寝ると牛になる」ということわざがありますが、食後にすぐ横になるのは行儀が悪いということを教えるための言葉で、しつけのために使われていたようです。

食べて寝てを繰り返していると確かに太りますよね。だからこのことわざが「太る」という意味だと思っていた人も多いと思います。

でも実は、食べてすぐに寝ることは健康にはいいことなんだそうですよ。

食後にすぐ寝ることは身体にいいのか悪いのか、太るという説もありますが実際のところはどうなのか、消化の仕組みから考えてみましょう。

食べてすぐ寝ることのメリット

食べた後に横になって休むことは逆に身体に良いとされています。

消化を良くするためという医学的根拠があるので、むしろちゃんと休んだ方が身体にはいいようですよ。

食べたものの消化が促進される

食事をすると食べたものを消化するためにおなかに血液が集まります。お腹がいっぱいになると頭に血液がいかなくなるので眠くなりますよね。

こんなときは身体を動かさずに横になってしっかり休んだ方が消化を促進します

食べた直後に運動などをすると、血液が胃に集中できないことで消化不良を起こして胃が痛くなったりします。

特に日本人は鉤の様に曲がった形の「鉤状胃(こうじょうい)」、胃の入り口が出口より下にある「爆状胃(ばくじょうい)」が多いため、食べ物が胃にたまりやすく、消化器系の不調を感じる人が多いのです。

日本人の胃の形0622-5

食後はまずゆっくりすること。胃の形を考えると、胃の内容物がスムーズに出口に運ばれるように、身体の右を下にして横になると消化にいいんですよ。

大事なのは「横になること」

横になって身体を休める、ということは大事なのですが、「横になる」と「眠る」は違います。

特に夕食後にすぐ眠ると肥満の原因になってしまいます。

昼食後でも長時間眠るのはよくありませんが、横になって食休みするのはリラックスも出来ますし、身体にとっていいことなのです。

食事誘導性熱産生(DIT)を高める

眠っていても身体は動いていますよね。その時に消費されるエネルギーは基礎代謝。

起きている時に消費されるのは「生活活動代謝」。そして、食事の後の消費活動で消費されるのが「食事誘導性熱(食事誘発性熱)」というものです。

食事誘導性熱産生0622-6

食事をするだけで消費されるエネルギーですから、これを高めることも消費エネルギーを増やすことにつながります。

食後は余計なことをしないで消化に集中すれば、エネルギー効率もよくなるので、その点から考えても食後のごろ寝はおすすめなのです。

アドレナリンのダイエット効果

食べてすぐ寝ると、ノルアドレナリンという副腎皮質ホルモンの一種が分泌されるのだそうです。

このノルアドレナリンはイライラやストレスと大きな関わりがありますが、一方ではダイエットの味方。

睡眠中は分泌が低下しますが、日中は意識を覚醒させ、脂肪の代謝を促進してくれます。

では、食べて寝てしまったらノルアドレナリンは出ないと思いますよね?それがちょっと違うんです。

満腹になると頭の血流が悪くなるので眠くなりますが、この状態では仕事も勉強もはかどりません。

日中であっても頭がぼーっとした状態だとノルアドレナリンが分泌されていない状態です。ランチを食べたら眠気が…という経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

だったら少し横になり休養をとって頭をスッキリさせた方が意識がハッキリします。むしろ15~20分程度の短い睡眠は脳を活性化させてくれます。

脳が活発に動いている状態は、ノルアドレナリンがしっかり分泌されている証拠。

短い時間でも食後に休養をとることで逆にノルアドレナリンの分泌が増えて「痩せ体質」になれる、ということです。

寝てもいいのは日中だけ、20分まで

とはいえ、朝昼晩と食後は寝た方がいいのか、というとそうではないようです。横になって休むことでダイエット効果が得られるのはランチタイムのあと。

夕食後はあまり横にならない方がいいでしょう。夕食後に寝てはいけない理由は次の章で説明しますね。

睡眠は浅い眠りと深い眠りを交互に繰り返していきますが、30分以上眠ってしまうと深い眠り(ノンレム睡眠)に入ってしまうので起きるのが難しくなります。

また、目覚めも悪く、かえって疲れが増してしまうので、昼食後のごろ寝は20分までにしておきましょう。

食べてすぐ寝ると太る理由

食後は横になって休むのはいいけど眠ってはいけない…その理由は一体なんでしょう?

食べてすぐに眠ると太ってしまう原因は下記のようなことでした。

夜は太りやすい時間帯

私たちの身体にはBMAL1(ビーマルワン)という体内時計を調節するたんぱく質があり、これが増えると脂肪を溜め込みやすくなり、太りやすくなってしまうのです。

BML10123-1

普通の生活をしている人だと、午後2~3時くらいが最も分泌量が少なく、深夜の2時頃に分泌量がピークになります。

ですから、昼と夜、同じものを食べたとしても夜の方が太りやすいんですね。

エネルギーの消費量が少ないということもありますが、このBML1は朝起きてからおよそ18時間後に分泌量がピークになるため、夜中が一番太りやすい時間帯になってしまうということです。

その時間帯に食べたものを消化しきらずにすぐ寝るということは、肥満への道をまっしぐらです。

エネルギーを消費できないままためこむ

これが一番太る理由でしょう。

食べてすぐ寝てしまうと、身体は休養して動いていませんから基礎代謝以外のエネルギーを消費できません。

消費エネルギーが低くなる時間帯に食事をすれば太るのは当たり前ですね。

成長ホルモンが分泌されて脂肪を分解しようとしますが、消化されていない脂肪分が多すぎて分解できずにそのまま中性脂肪として溜め込まれてしまいます。

寝る3時間前までに夕食を済ませておいた方がいい、というのはこのような理由からです。

自律神経の乱れで消化機能に影響

食事中は交感神経が優位になっていますが、食後はだんだんと副交感神経が優位になり、胃腸の消化活動が活発になっていきます。

脳の血流が減る以外にも、副交感神経が優位になることで眠気を感じるようになっています。

ところが食べてすぐ寝てしまうと消化器官が活動を始める前、つまり交感神経が優位のまま寝てしまうことに。

そうすると胃腸での消化活動がうまくいかず、栄養をしっかり吸収できません。食べたものがそのまま体脂肪として溜め込まれてしまうので、太りやすくなるのです。

腸内環境が悪化して太る

食べてすぐ寝ると腸の機能も低下してしまいます。そうすると排出できなかったものがいつまでも腸の中に残っているので必要以上の吸収をしてしまい体脂肪が増えることと、老廃物が長時間とどまることで腸内環境が悪化します。

腸内環境が悪化して便秘になると、

  • 腸内の有害物質が増える
  • 腸の動きが鈍く消費エネルギーが減る

などの理由によって体重が増えます。慢性的な便秘の人は、お腹の中をスッキリさせるだけでも体重が数キロ落ちることもあるほどです。

便秘はダイエットによくないだけでなく、肌荒れなどの原因にもなりますから、しっかり消化吸収してから寝ることが大事なんですね。

食べてすぐ寝ることのデメリット

太る以外にも、食べてすぐ寝ることは健康面からもあまり良くはないようです。

血流不足で胃の働きが弱くなる

たくさん食べてうっかりそのまま眠ってしまった翌朝、なんだか胃がもたれて気持ちが悪い、といった経験はないでしょうか。

睡眠中は身体を休めている時間ですから血圧も下がりますし、全身の血流が抑えられます。その結果、胃に回る血液が減ってしまい、消化の働きが弱まります。

それによって消化不良を起こしてしまうことも。休むつもりが逆に胃に負担をかけてしまうことになります。

  • 胃もたれ
  • むかつき
  • 吐き気

などを感じるときは、食べるものももちろん注意が必要ですが、しっかり胃で消化してから寝るように、生活習慣にも気をつけるようにしましょう。

消化活動が活発で熟睡できない

食後3時間は寝ない方がいいといわれますが、それは胃腸の消化活動と関わりがあります。

胃で一所懸命食べたものを消化しているので、活発に動いている間は脳の血流も少なくなり、脳がしっかり休養できない=深い眠りにつけないことになり、睡眠の質を下げてしまうということです。

腸でしっかり栄養を吸収できない

どんなに身体にいいものを食べていても、その栄養が体内でしっかり吸収できなければ効果半減ですよね。

食べたものが胃の中で消化しきれずにそのまま腸に送られると、腸で栄養分をうまく吸収できなくなってしまいます。

食べたものの栄養素の効果が得られないというとてももったいないことに。

ダイエットにいいという食材をいくら取り入れても、寝るタイミングを間違えてしまうとまったくダイエット効果が得られない、ということもあるでしょう。

食べてすぐ寝るとかかりやすくなる心配な病気

横になるのは身体に良いとしても、眠ってしまうのは逆に病気の原因になることもあるようです。寝ることで引き起こされる病気とは?その危険性を理解しておきましょう。

胃酸が逆流?逆流性食道炎

食事をすると早速食べたものを消化使用として胃酸がたくさん出てきます。その状態で眠ってしまうと胃酸が食道に逆流してくる「逆流性食道炎」のリスクが高まるといわれています。

うっかり寝てしまった後の胸やけは、食べ過ぎではなく胃酸の逆流かもしれません。

この症状が続いていると食道がんのリスクも高くなるそうですから、食後は「一休み」に留めておいて、眠らないように気をつけてくださいね。

胃潰瘍や胃炎など胃の疾患

胃の働きが悪くなることで消化不良を起こしているくらいのうちはいいのですが、それが進行すると胃酸の影響で炎症を起こし、胃炎や胃潰瘍を起こすこともあるそうです。

胃潰瘍はひどくなると入院や手術が必要になることもあります。気持ちが悪いだけと放っておかずに痛みがあるときは早めに病院を受診しましょう。

糖尿病が隠れていることも

これは食後に寝るからというよりも、食後にすぐ寝てしまうほど眠気を強く感じているということが問題いで、糖尿病が隠れている可能性があります。

食後に眠くなるのは高血糖の状態だからですが、空腹時は通常の血糖値に戻ってしまうので健康診断などでも発見されにくいのです。

食後に急激に血糖値が上がるタイプの糖尿病は「隠れ糖尿病」といわれ、とても恐ろしい病気なのです。

まずは血糖値を急上昇させないことが大切なので、糖質の少ない食事をとるとともに、あまりに食後の眠気が続くようなら食後の血糖値を計測してもらうのも必要かもしれません。

食事と睡眠の正しい関係

食後にすぐ睡眠を取ると、やはり太りやすく病気のリスクも高まることがわかりました。では、眠らないようにするにはどうすればいいか、その対策を考えましょう。

就寝時間の3時間前までには夕食を終える

食事と寝る時間の間は最低でも3時間はあけましょう。起きている間にしっかり消化吸収されれば、睡眠時に成長ホルモンが分泌されて、しっかり脂肪を分解してくれます。

新陳代謝も促進されて太りにくい身体になりますし、胃腸の負担も減って健康面から考えても良いことです。

夕食は早めに済ませておくに越したことはないので、遅くても夜9時くらいまでには済ませたいですね。

夕食が遅くなってしまったときは

そうはいっても仕事が忙しい時、つい夕食を食べそびれて、帰宅したらすでに深夜、ということもありますよね。

空腹のままでは目がさえてしまって眠れませんし、かといってその時間から普通の食事をしたら太ってしまいます。

カロリーが高いものはもちろんいけませんし、胃に負担がかかるものもよくありません。

  • 味噌汁
  • スープ
  • 湯豆腐
  • ホットミルク

など、お腹に優しいもので空腹を満たしましょう。

少しでも胃で消化する時間を確保するために、入浴するなどして寝るまでの時間をなるべく空けてから就寝するようにして下さい。

食べてすぐ横になるのはOK!リラックスするのが一番

食べてすぐ「眠って」しまうのは肥満へまっしぐらですが、横になって休むことはダイエットのためだけでなく、むしろ健康にもよいことだということがおわかりいただけたでしょうか。

食べたらすぐに横になる習慣のある人は、長時間眠らなければ大丈夫ですよ。

どのタイミングでどのくらい横になって休めばベストの状態で動けるか、身体の声を聞けるようになるといいですね。

熟睡してしまわなければ良いのですから、短い時間でも横になれればリラックス&リフレッシュできてより活動的に動けるようになるでしょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント一覧

  • minyumamu

    うーん・・・。よくわかりました‼︎
    ありがとうございます!

    返信
  • TOA

    なるほど!参考になりました!

    返信
  • ビタン

    スゴく分かりやすい解説でした♪寝るのではなく横になる、デスね☆

    返信
  • すく

    分かりやすいですね!!

    返信

コメント