• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性が今の体型をキープするコツとは?これ以上太らないために

Date:2013.12.17

女性の体重はちょっとしたことで増えやすいものです。なぜなら、女性は子供を産み育てていくために、必要な栄養やエネルギーを体内にある程度蓄えておくという体の仕組みが備わっているので、赤ちゃんのために蓄えようとするのですね。

また、女性の体を美しく保っている女性ホルモンの中のエストロゲンは、脂肪の代謝を促すホルモンなのですが、更年期に入るとどんどん分泌量が低下して、脂肪の代謝ができにくい体になってしまうのです。だから、更年期頃から太ってしまう女性が多いというわけなのですね。

自分の標準体重を知っておく

今の体型をキープしていくためには、まず現在の体重と、自分の標準体重について知っておく必要があります。標準とされる体重では、少々太目に見えてしまう…と思う方もいると思います。

それは、体の質が「脂肪ばかり」で太っている場合は太く見えてしまいますが、体重がそこそこあっても、筋肉質ならば、締まって見えますので細く見られます。ですので、ある程度「筋肉」もつけながら体重をキープしていくことが重要なのです。

年齢と共に太りやすくなる女性が体型をキープするには?

これは、毎日の食事に気を付けることと運動することに限ります。食事は生きる上である意味楽しみでもありますので、あまりストイックに制限していくのはかえってストレスになり、余計に体型が崩れる元になってしまう場合があります。

脂っこい物を摂りすぎないことや、野菜や海草・きのこ類もバランスよく摂取していくことを大まかに気を付けていかれるくらいでよいです。

特にタンパク質は筋肉を維持・作っていく上で重要な栄養源になりますので、毎日魚か肉か卵か大豆製品などを摂取する必要がありますが、この時に脂身の少ない赤身や鶏肉の胸肉やササミなどを摂取するようにすればよいでしょう。

魚の脂は非常に体にもよい効果をもたらしますので、魚を食べる回数を増やすのも吉!

そして、毎日の運動についてですが、これはウォーキングを一日20分行うのが非常に良いです。たった20分でもかなりの脂肪を燃焼してくれますし、筋肉を良く動かしますので、筋肉の衰えを防いで保てます。

筋肉は動かさなければどんどん衰退して弱くなってしまいますので、積極的に動かしていきたいものです。

ウォーキングも無理をせず、毎日やらなきゃ!と思うと苦痛になるので、1週間のうちに4回くらいはウォーキングをしよう!という達成しやすい目標を立てておいて、行っていくのが、継続するコツですよ!

ウォーキングをしなかった日には、家でストレッチやヨガなどを行われるとよいですよ。ストレッチやヨガは体のバランスを保てるようになったり、姿勢が良くなるので自律神経のバランスを保ってくれるようになります。

自律神経のバランスが崩れると女性ホルモンの分泌にも異常をきたしますので、ストレッチやヨガで正しい姿勢と血液循環を促進させていくことで、自律神経も女性ホルモンの分泌にもよい影響を与えるのです。

上記でお伝えした様に、女性ホルモンのエストロゲンが増えると脂肪の代謝もよくなりますので、是非ストレッチやヨガを行うことを習慣にされると良いですよ!

ヨガのやり方が分からない!という方は、「wiiフィット」のゲームの中にインストラクターが指導してくれます。是非一度見てみて下さい。

このボトムスのウエストがきつくなってきたら制限を始めると決めて!

普段はウエストが楽なボトムスばかり履いてしまうという方も多いと思いますが、自分の体型に一番フィットするボトムスを1本決めておいて、「これがきつくなったら注意が必要」という基準を決めておきましょう。

体重は変わらなくても、ウエストだけに肉がついてくることはよくあることです。それは、脚やお腹の筋肉が衰退して脂肪に変わった場合、筋肉の重さはなくなるが、その分脂肪が付きやすくなるので、体重は変わらなくても体型が悪くなっているとう場合が多いです。

ですので、体重を基準にするのではなく、ボトムスなどで基準を作っておかれる方がきれいな体型をキープする上ではよいですよ!もちろん、体重も気を付けておくことが大切ですので、週に1回くらいは計られるとよいです。

このように脂肪を燃焼できるような行動をしながらも、女性ホルモンの分泌を意識して、無理なく脂質代謝が行えるようにしていかれると、あまり辛い思いをせずに、スムーズに体型をキープしていくことができますよ!

この記事をシェアする

関連記事