• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

体臭は食べ物で制す!避けたい食べ物と摂りたい食べ物

Date:2013.06.20

夏の暑い時期になると特に、汗をたっぷりかいて、自分の体臭がいつも以上に気になったりするのではないでしょうか。デオドラントをまめに使ってみても、自分で自分がくさいような気がして、人の近くに寄りたくない、なんて思ってしまうことも。

でも、汗腺には2種類あって、身体全体にあるエクリン腺という殆ど臭わない汗を分泌するところと、わきの下などにあるアポクリン腺といって脂っぽい汗を分泌する腺があります。

においの原因となるバクテリアは、この脂っぽい汗で繁殖するのです。その汗の原因のひとつに、食べ物の種類があります。もし自分の体臭がきついと感じるようであれば、少し食べ物を見直してみるのはいかがでしょうか?

体臭を強くするたべもの

1. においがきつい食べ物

香辛料やにおいのきつい野菜などは体臭や口臭の原因となります。にんにくはその代表です。あとはたまねぎ、カレーなども体臭の原因となります。

2. 肉類

肉を食べる人のほうがベジタリアンの人たちよりも体臭がきついという報告があります。これは肉は消化されるのにより時間がかかり、胃腸の中に長くとどまっているため、その途中でその肉が腐食し、口、汗、便のにおいを悪くするからと言われています。

3. アルコールとカフェイン

アルコールやカフェインの摂取は体臭に大きく関わりがあると言われています。もしコーヒーを飲んでいなくても、紅茶やコーラ、チョコレートにもカフェインは含まれているので、見直してみましょう。

4. トルメチルアミンを作り出す食べ物

トルメチルアミン尿症という、魚などに多く含まれる脂質であるレチシンという物質やコリンがトルメチルアミンという物質に分解され、それが分解され、魚のようなにおいを作り出す代謝異常があります。

これは欧米で多く見られるものですが、日本でも悩んでいる方は多いようです。この症状が見られ、これを避けたく思う方は、アミノ酸を含むものを避けるほうが無難でしょう。卵、レバー、魚介類、魚の脂、豆類、大豆類、ピーナツ、キャベツ類などがあげられます。

体臭を改善させるもの

1. 玄米や生野菜

たんぱく質がたっぷり含まれた玄米は、体臭を作り出さないといわれています。また、生野菜も効果的です。是非日常的に玄米食を取り入れたり、グリーンスムージーを作って飲んだりということを行ってみましょう。体臭のみならず健康全般に効果的です。

2. 白身の肉

同じ肉でも赤身ではなく、鶏肉や七面鳥のような白身の肉を食べると体臭が抑えられるといわれています。肉を食すのであれば、牛肉、豚肉などは避けて、鶏肉にしましょう。

3. 果物

コリンやレチニンが体臭の原因になることがあるということをご紹介しましたが、フルーツはコリンが少ないために体臭を少なくする効果が期待できます。

特にリンゴ、バナナ、イチゴ、ブルーベリー、スイカ、パイナップル、梨などはコリンが少ない果物です。また、オレンジジュースやグレープジュースもいいでしょう。

いかがでしょうか?これはあくまでも体臭のための食べ物で、ここでご紹介した大衆のために避けたい食べ物であっても他の見逃せない健康効果もあります。

そのため、完全にこの食べ物を避ける、この食べ物ばかり摂るというのではなく、バランスよい食生活を心がけましょう。

この記事をシェアする

関連記事