• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美肌をゲットするために飲んでおきたい3大茶ってどんなお茶?

Date:2014.05.28

美肌になるために、意外と忘れられているのがお茶ではないでしょうか?普段の食事時にはミネラルウォーターもいいですが、お茶に変えてみることで、より美しいプロポーションを手にいれましょう。

やはり緑茶

緑茶は最もポピュラーなお茶として知られているのではないでしょうか?普段何気なく飲んでいる緑茶、実はとっても美肌のためには欠かせない飲み物なのです。

一日5杯の緑茶は、脂肪燃焼効果を高めてくれると言われています。また、緑茶に含まれるポリフェノールは悪玉コレステロールを減少させてくれるそうです。

緑茶にはビタミンCが含まれていますので、ストレスの解消にもなるといわれています。最近、スタバならぬ、緑茶専門カフェが京都にオープンしているくらい、緑茶は注目を浴びているようです。

緑茶にハーブティーをブレンドしたものや、コラーゲンをブレンドしたものなど、女性にとって美味しくて、うれしいメニューが沢山あるようです。

ルイボスティー

南アフリカ原産のお茶です。ルイボスティーにはカフェインが含まれていないので、大量に飲んでも肝機能を損なうということがありません。また、妊婦さんも飲めますし、カフェインがきついというお年寄りにもお勧め出来るお茶になります。

赤ちゃんが飲んでもカフェインがないので安心です。赤ちゃんはカフェインを体外に排出できないため、カフェインのきついお茶を飲むと、体内にため込んでしまうことになるからです。

それにルイボスティーはミネラルも豊富です。ミネラルは人間の体内では作ることができないので、外から補うしかありません。

ミネラルが不足すると、体がだるかったり、力が入りにくかったりしてしまいます。ミネラルの不足はお肌の乾燥もまねいてしまいますからね。

なたまめ茶

なたまめは、古くから漢方の民間療法として膿とり豆として使われてきました。鼻炎、蓄膿、歯槽膿漏によく効くといわれています。

この季節、花粉症で鼻や眼の調子が悪いという方は、そこから肌にも影響がでてきて、肌荒れや乾燥になったりします。そのとき、なたまめ茶を飲むことで、解消されて、スッキリするということで、美肌も保てます。

くまざさ茶

熊笹は生命力の強いイネ科の植物で、雪の中でも成長します。熊笹茶は抗がん作用など万能茶といわれていますが、美肌に関しては、葉緑素という成分が肌の新陳代謝を促してくれますし、さらに、口臭や体臭にも効果があると言われています。

また熊笹に含まれる糖であるササ多糖体が肌の細胞を健康にしてくれるそうです。

湯のみやコースターでお洒落する

最近はお茶ブームですから、湯呑みやコースターもとってもかわいいものが売っています。マグカップでいただくのもいいですが、こうしたちょっとしたお洒落をすることで、美肌効果がアップしそうですね。

いかがでしょうか?お茶で美肌ゲット、是非お試しくださいね。

この記事をシェアする

関連記事