• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ハンドクリームは自宅で手作りする時代。オリーブオイルで作れます

Date:2014.07.20

季節に関わらず、毎日食事の用意などの水仕事をしていると手荒れが気になります。水仕事の際にゴム手袋をするなど、手荒れを予防している人もいると思いますが、ハンドクリームなどのケア用品で事後にケアを行っている人の方が多いのではないでしょうか。

皆さんはお気に入りのハンドクリームはありますか?私も手が乾燥しやすいので常に良いハンドクリームを探しているのですが、なかなか「これだ!」というものに出会えません。

そこで調べてみたのですが、ハンドクリームを手作りする方法があるようです。いろいろな方のブログを見てみると多くの方が手作りのハンドクリームでかなり手荒れを解消しているようです。しかも原料にはキッチンにあるものということで驚きました。

オリーブオイルでハンドクリームが作れる?

「オリーブオイルで簡単に作ることが出来る」というブログを拝見した時は、少し納得しました。

オリーブバージンオイルであれば、肌の乾燥ケアに使ったり、ヘアケアにも使用することが出来ますよね。ハンドクリームとなれば、そのまま手に塗りこむのでしょうか?

と思ったら違いました。オリーブオイルと少しの材料を混ぜ合わせて、本当にハンドクリームを作ってしまいます。

作り方・用意するものは3つだけ

オリーブオイルの他に用意するものは2つだけのようです。何度か作られている方だと作り方にアレンジをしているようですが、スタンダードなものを紹介します。

・オリーブオイル

・蜜蝋

・精油

これだけでした。しかし気になるのが「蜜蝋」。聞いたことはあるような気がしますが、あまり詳しくは知らなかったので先に調べました。

≪蜜蝋とは≫

蜂の体内で作られ、巣を作る時に生成する蝋成分。ビタミン、ミネラルが含まれている。蜂蜜の副産物とされていたが、最近は天然成分が見直され、キャンドルやクレヨンなどに使用されるようになっている。

ネットで簡単に購入出来ます。クラフトショップやアロマテラピーのお店でも売っているところがあるようです。これらを容器に入れて、レンジで溶かし、混ぜて、固まるのを待つだけという簡単さ!

オリーブオイルはバージンオイルを用意した方がいいのかと思いきや、キッチンにある食用のものを使用している方が多かったので驚きました。やっぱり主婦の知恵ですね。

精油は好みの香りのものを用意すればOKです。精油を加えるタイミングはオイルと蜜蝋をレンジで溶かしてからの方が香りが飛ばずいいようですが、初めに一緒に加えても大丈夫なようです。

ただ混ぜるだけというのが面倒くさがりな人でも出来るのが良いですね。とっても簡単で用意するものも少ない手作りハンドクリームですが、使用感はさらっとしていて保湿効果がとても高いと絶賛している方ばかりでした。

お気に入りのハンドクリームが見つからないという方はぜひ作ってみてください。

この記事をシェアする

関連記事