• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ベタベタする顔のテカリを解消してサラサラの肌をキープする方法

Date:2017.08.10

朝メイクをする時に、テカリ対策をしていますか?何にもしないと、せっかくバッチリメイクをしたのに、数時間後には顔がテカテカ…ということも。もう、美人が台無しですよね。

顔のテカリで悩んでいる人は多いと思いますが、1日メイクが崩れない、汗や皮脂に負けないファンデーションってないんでしょうか。

実は顔のテカリを解消するにはメイクだけでなくスキンケアから見直す必要があるんです。

基本的なケアと生活習慣の見直しなど、テカリを解消するための方法をご紹介しますので、季節を問わずテカらないマットな肌を目指していきましょう!


顔のテカリを解消する方法・スキンケア編

過剰に皮脂が分泌される原因は、ずばり肌の乾燥です。思春期の皮脂は仕方ありませんが、大人のオイリー肌(脂性肌)は乾燥していることが原因なんです。

乾燥は年齢的なものもありますし、スキンケアが原因であることも。どうすれば乾燥を防いでテカリを解消できるのかをまとめました。

クレンジングで皮脂を落とし過ぎない

クレンジングは何を使っていますか?さっと落とせる楽なシートタイプ?お風呂でも使えるオイルタイプ?どちらも乾燥している肌には洗浄力が強すぎます。

メイクの汚れだけでなく必要な皮脂まで落としてしまうので、さらに肌が乾燥してしまうんです。

クレンジングは乾燥肌にも優しいミルクタイプやクリームタイプがおすすめです。

適度な皮脂を保ちながらメイクのの汚れだけを落とすことが出来れば肌が乾燥することもありません。

正しい洗顔法で肌にダメージを与えない

テカリを解消したい!とゴシゴシこすって顔を洗っていませんか。それでは余計に肌が乾燥して、テカリはもっとひどくなります。

正しい洗顔のポイントを押さえておきましょう。

  • お湯ではなくぬるま湯(32度くらい)で洗う
  • 泡をたっぷり立てて肌をこすらずに洗う
  • すすぎもこすらずに優しく

泡を乗せる時にはべたつきがちなTゾーンから。皮脂の少ない頬は最後に洗うようにします。

とにかく肌に刺激を与えないことを考えて洗ってみてください。洗顔方法を変えるだけでも肌の乾燥はおさまってきますよ。

また、べたつくからといって顔を洗い過ぎないのもポイントです。1日に何度も洗うのは逆効果。

朝と夜洗えば十分ですし、乾燥が気になる時には洗顔料も使わずにぬるま湯だけでも大丈夫です。

肌に優しい洗顔料を選ぶ

肌が乾燥しているということは、使っている洗顔料が肌に合っていない可能性もあります。

合成界面活性剤が使われていると、洗浄力が強すぎて肌に刺激を与えてしまっているのかもしれませんね。

そんな時は汚れを落とすためだけの洗顔石けんを使いましょう。石けんの界面活性剤は天然の脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムです。合成界面活性剤ほどの洗浄力はありません。

また、石けんはパラベンなどの添加物が入っていませんから、その点でも肌にやさしく、余計な負担をかけないのです。汚れを落とすだけなら石けんで十分。

皮脂を取り過ぎない石けんは、肌自らが必要な潤いを保つ働きを取り戻してくれるので、使うほどに肌が健康になっていきます。

徹底的に保湿をして肌を乾燥から守る

乾燥肌もオイリー肌も水分が足りていないことは共通しています。肌の状態はカサカサとベタベタですが、どちらも潤い不足が原因で皮脂の量が増えるんです。

結果的にはどちらもテカってしまいますね。

これには徹底した保湿対策が必要です。潤いを与えて閉じ込めるために、

  • セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸

など、保湿効果の高い美容成分の入った化粧水を使い、乳液やクリームなどでしっかり蓋をしてください。

乳液やクリームなんて使ったらメイクが崩れるのでは?と思うあも知れませんが、朝のメイクの前にもしっかり保湿をすることで、余計な皮脂が出てくるのを防ぎ、メイク崩れも防げるのです。

ただし、Tゾーンにまでべったりクリームなどを塗る必要はありません。ここはやや薄めにして、頬など乾燥しやすいところはしっかり塗ってください。

収れん化粧水で毛穴を引き締める

テカリを抑えるための一工夫として、収れん化粧水を使うのもおすすめです。

乳液もしくはクリームを塗った後にし収れん化粧水をコットンにつけてパッティングすることで毛穴を引き締めて、過剰な皮脂が出てくるのを防ぎます。

風を送るようにしてパッティングし、肌を冷やしながら毛穴を引き締めるのがポイントです。このひと手間でサラサラ肌をキープできるようになるでしょう。

顔のテカリを解消する方法・メイク編

スキンケアが出来たところで、今後はメイクですね。ここでもひと手間かけることで顔のテカリを解消できるようになります。

顔をテカらせないための下地選び

しっかり保湿しながらも、皮脂をコントロールしてくれる下地を選びましょう。

  • 油分の少ないもの(オイルフリーでもOK)
  • 皮脂を吸着してくれるもの

などがおすすめです。

そして最後のひと手間、ファンデーションを塗る前に軽くティッシュオフして余分な下地を残さないようにしましょう。これでメイクの準備はOKです。

ファンデは塗り過ぎないのがポイント

ファンデーションはなるべく薄づきになるように注意してください。テカリを抑えようとして厚塗りするとよれやすくなります。

テカリが気になる人はリキッドファンデーションよりパウダーファンデーションがおすすめです。

リキッドはどうしても油分が多くなるので、下地をがんばって作ってもテカりやすくなってしまいます。

また、塗る時には毛穴の向きとは逆に、下から上に向かって毛穴に塗り込むイメージでファンデをつけると密着度が増してメイクが崩れにくくなりますよ。

ファンデの代わりにベビーパウダーを使う

パウダーファンデーションでも皮脂が出やすいという方は、ファンデの代わりにベビーパウダーを使うという裏技があります。

ベビーパウダーは赤ちゃんのあせも予防に使ったりしますよね。汗や皮脂を吸着する働きがあるので、サラッと感が持続するんです。

顔全体ではなく皮脂腺が多いTゾーンだけでもベビーパウダーに代えるとテカリが予防できると思います。

あぶらとり紙を頻繁に使わない

オイリー肌、ニキビ肌の人はテカリが気になって1日に何度もあぶらとり紙を使っていないでしょうか。

皮脂を取っているつもりが、とりすぎて逆に皮脂を分泌させてしまっている可能性がありますよ。

顔の脂はティッシュで軽く抑える程度でも十分なんです。むしろその程度にしておいた方が皮脂を取り過ぎず、過剰な皮脂分泌を防いでくれます。

日中も適度に保湿する

オフィスにいるとエアコンの風で肌が乾燥したりしませんか。夏でも日中の保湿は欠かせません。メイク直しのついでに潤いを補給しておきましょう。

かといって、持ち歩きに便利なミスト化粧水だけでは水分が蒸発して余計に乾燥してしまうので、ちょっと一工夫。

  1. 顔全体にミスト化粧水をつけたらメイクを軽くスポンジで抑えます。
  2. ごく少量の乳液を下地代わりに馴染ませます。これで保湿効果も得られます。
  3. 最後にパウダーを軽く乗せてメイク直し終了

これで保湿とメイク直しが同時に出来てしまいます。メイクをしていない方は、

  1. ミスト化粧水
  2. 乳液
  3. (日焼け止め)

の順で良いでしょう。

顔のテカリを解消する方法・生活習慣編

肌と食べ物には密接な関係があります。外側からのケアではキレイになれません!やっぱり身体の内側からケアしていかないとダメですね。

過剰な皮脂分泌を改善するには食生活、ライフスタイルなどの見直しも必要です。

ビタミン類をたっぷり摂ること

肌の新陳代謝や潤いをキープするために欠かせないビタミン類。特に、このビタミン類は意識して摂るようにして下さい。

  • βカロテン
  • ビタミンB1、B2、B6

B2とB6は皮脂分泌量を正常にする効果もあるので、テカリが気になる人ほど積極的に摂りたいビタミンです。

βカロテンは緑黄色野菜に含まれていますね。とにかく様々な種類の野菜を食べるようにしましょう。

キャベツなどの葉もの野菜だけではなくて、かぼちゃや人参など実もの野菜も組み合わせてください。

自炊できない場合には野菜ジュースでもOKです。ただし、砂糖が入っていない物を選んでください。

ビタミンB群は豚肉やレバー、魚などを摂るといいですね。タンパク質を意識すると、同時にビタミンB群も摂りやすくなりますよ。

ビタミンBは水溶性ビタミンですから、体の中に溜めておけません。毎日継続して摂ることが大切です。

ジャンクフード、インスタント食品を減らす

ジャンクフードを食べ続けて、肌もキレイで太らない人はいません。テカリが気になるなら

  • 揚げ物
  • ファストフード
  • アルコール

の過剰摂取を控えるように気をつけてください。脂っこい食事や刺激物ばかり食べていると皮脂が増えます。

肌を健やかに保つためにはたんぱく質も大切ですが、脂肪分の多い肉は逆効果。動物性脂肪は皮脂を増やしますから、肉類は脂身の少ない部位を選んでください。

食事はなるべく自炊するのが理想です。外食や買ってきたものばかり食べていると脂質も塩分も多くなります。

糖質を摂り過ぎない

甘い物の摂り過ぎも、実はテカリをひどくしてしまうのです。

  • 甘いお菓子
  • ジュース

などの他、炭水化物が好きな人も要注意。糖質の摂り過ぎは皮脂を増やします。

  1. 糖質を摂る
  2. 血糖値が上昇する
  3. インスリンというホルモンが分泌される
  4. インスリンが皮脂腺を刺激する
  5. インスリンが血中の糖を中性脂肪に変えて蓄える
  6. 中性脂肪が皮脂として出てくる

このようなメカニズムで、皮脂が増えてしまうんですね。

自分ではそれほど摂っていないつもりでも、糖質っていろんなところに隠れていますから、注意が必要です。

例えばじゃが芋とかトウモロコシ。野菜だから大丈夫!と思うかもしれませんが、主食になるような野菜は糖質が高いです。

また、ビタミンB群は糖質を代謝するために不可欠な栄養素ですが、上記でご紹介したように皮脂を抑える働きもあります。

糖質を摂りすぎるとそれを代謝する方にビタミンBを使いますから、不足して皮脂を抑えられなくなることでテカリが出てしまうのです。

睡眠をしっかりとる

女性ホルモンは皮脂の分泌を抑える働きがありますから、睡眠不足が原因でホルモンバランスが乱れると、それもテカリの原因になります。

女性ホルモンが減少すると男性ホルモンが増えて、皮脂も増えてしまうんですね。しかも肌のターンオーバーも乱れて肌が乾燥することで、テカリに拍車をかけます。

夜更かししながらスナック菓子を食べるなどの習慣はお肌にとって最悪です。

なるべくその日のうちには寝るようにして、最低でも6時間、できれば7~8時間の睡眠をとり、ホルモンバランスを整えてください。

ストレスを溜めないこと

ストレスは万病の元ですが、オイリー肌とも密接な関係があるのです。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 自律神経の乱れ

を引き起こします。

この2つが、皮脂が過剰に分泌される原因を作ります。

ストレスというと「精神的にイヤなこと」というイメージがあるかもしれませんが、運動不足もストレスになるんですよ。

動かなすぎも体にとってはストレス。だから散歩程度でもいいです。適度に身体を動かして、時には心身共にリフレッシュすることも心がけてください。

お肌を大事にケアすればテカリもなくなる!

顔のテカリの悩みを解消するには、外側と内側、両方からのケアが必要だということがお分かり頂けたでしょうか。

スキンケアもいつものケアにひと手間加えれば皮脂を押さえることが出来ますし、長い目で見れば食べる物から見直していくことも大事。キレイになるって大変なんです。

でもテカリが出ているということは肌がもっと潤いが欲しい!といっているサインなので、それを放置せず、しっかりケアしてあげればお肌は応えてくれますよ。

この記事をシェアする

関連記事

コメント