• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

顔のテカリの原因と対策。見直すべきスキンケアと生活習慣

Date:2016.01.06

shutterstock_299968805

肌がカラカラに乾いて酷くなると粉さえふいてしまう乾燥肌。乾燥肌は敏感肌や肌荒れを引き起こし肌トラブルの元になりがちです。それに比べたら潤いたっぷりのオイリー肌は、肌トラブルも少なそうに見えますよね。

しかしオイリーなテカテカ肌は

  • ニキビができやすい
  • 顔が脂っぽく見える
  • 化粧崩れしやすい

というオイリー肌特有の悩みが出やすくなってしまうのです。こまめに脂取り紙で抑える、パウダーをはたけばテカリはある程度目立たなくなりますが、それをしないとお肌が大変なことに!

どんどんとテカリが目立つようになっていきます。このテカテカ肌を何とかしたい!テカリ肌に悩む女性のためにおすすめのケア方法を紹介していきたいと思います。

そもそもなぜ肌がテカるの?顔のテカリの3つの原因

テカリ肌と言ってもその原因はさまざま。それぞれの原因ごとに適切な対策が異なるので、まずは自分のテカリ肌の原因を知ることが重要になりますね。テカリ肌の主な原因について、紹介していきます。

乾燥肌を守るためにお肌が皮脂を分泌するから

乾燥とテカリ。一見相反することですが、実は乾燥肌がテカリの原因になっているケースも少なくありません。

私たちのお肌には自ら美しくなり、外部刺激などから肌を保護する機能が備わっています。お肌が乾燥すると天然の潤い成分である皮脂を分泌させて、その乾きを潤そうとするのです。

つまりお肌の乾燥が酷くなってくると皮脂の分泌を増やして肌を潤わせようとするため、肌が必要以上にテカるのです。しかし潤うのは肌の表面だけなので内部はカラカラに乾燥しているインナードライ肌になります。

洗顔すると突っ張る、肌の内部が乾燥しているように感じられるテカリ肌の方は、肌の乾燥がテカリ肌の原因だと考えられます。

肌質も遺伝する、オイリー肌も遺伝する

肌の色や皮脂腺も両親の遺伝的影響を強く受けています。オイリー肌の遺伝的要素とは、皮脂腺の大きさ。皮脂腺が大きくなると皮脂の分泌量が増えてしまうため肌がテカリます。自分が遺伝的にオイリー肌かどうかを見極めるポイントは、

  • 今までに肌が乾燥したと感じたことがない
  • 思春期ニキビに悩まされた
  • 両親もオイリー肌、ニキビ肌

上記のような項目に心当たりがあれば、あなたのテカリ肌は、遺伝の影響が大きいと推測できます。

ホルモンバランスの乱れで皮脂分泌が活発に

ホルモンバランスが乱れることで脂性肌を引き起こします。生理前にニキビができやすくなる方も多く見受けられますが、これは生理前に分泌量が増えるプロゲステロンの働きにより皮脂分泌が活発になるからです。

またストレスがたまると自律神経の働きが鈍くなりホルモンの分泌が乱れます。その影響で皮脂分泌を活性化させる男性ホルモンの働きが活発になると、テカリ肌になりやすいのです。

いつもきまって生理前にニキビができる、ストレスがたまるとニキビができる方は、ホルモンバランスの乱れが主な原因だと考えられますね。

毎日のスキンケアで皮脂分泌量を改善する!

shutterstock_252513298
毎日のスキンケアが原因で、皮脂分泌が増えている可能性も考えられます。スキンケアを見直して過剰な皮脂分泌をおさえましょう。

脂っぽいからといって皮脂の取りすぎはNG

脂性肌が最も陥りやすいスキンケアの謝りは皮脂の取りすぎです。肌のテカリが気になってしまうので、つい余分に出た皮脂を取りたくなってしまうのです。

クレンジング、洗顔でも汚れ落ちの良いさっぱりタイプを好んで使用するのですが、それが皮脂分泌を活発にする原因となっています。

クレンジングや洗顔後に皮脂が少なく乾燥したと感じた肌は、皮脂を大量分泌させてお肌を潤わせようとするからです。

皮脂分泌量が多いからといって、洗顔、クレンジングを洗浄力の強いタイプにするのは逆効果です。むしろ洗浄力の優しいタイプを使用した方が、皮脂の過剰分泌を抑えられますよ。

べたつくからといって怠らない!保湿を重点的に!

オイリー肌の方は、これ以上の肌のべたつきを避けるために化粧水や乳液などでの保湿を怠りがち。洗顔した後のお肌は乾燥気味になっていますので、しっかりと保湿でケアをしないと肌が皮脂の分泌量を増やしてしまうのです。

脂性肌の方こそしっかりと保湿ケアをしてあげることが重要になってきます。皮脂のべたつきが気になる方はオイリー肌用のスキンケア製品を使ってみましょう。

さっぱりとしたつけ心地ですので、たっぷりつけてもべとつきを感じにくいのでおすすめです。

ピーリングやスクラブのやりすぎは逆効果

皮脂分泌量の多いオイリー肌の方は、ピーリングはスクラブなどの余分な皮脂を取るケアを普段のケアにプラスしがち。

この影響でさらに肌が乾きやすくなり、皮脂の分泌が活発になってしまうのです。ピーリングはスクラブによるお手入れは、多くても週に2回程度にとどめておきましょう。

メイク前のひと手間でメイク崩れを防ぐ

オイリー肌のお悩みは皮脂によりメイクが崩れることですね。メイク前のひと手間でメイクの崩れを緩和できますよ。

メイクをする前に、油取り紙で余分な皮脂をオフしてから、メイク下地を使用するのです。こうすることでメイク崩れが起こりにくくなります。

乱れた生活習慣を改善すれば顔のテカリを抑えられる!

shutterstock_292934846
何とかしたいお肌のテカリ。有効な対策は毎日のスキンケアと生活習慣の改善です。肌質が変われば今のように頻繁に脂取り紙で押さえたり、こまめにパウダーをはたく必要がなくなりますよ。

適度にストレスを発散すること!

ストレスはあらゆる面で美容と健康の大敵ですね。脂性肌もストレスによって引き起こされます。それなのでストレスはためないで適度に発散することが重要になってきます。ストレス解消におすすめなことは、夢中になれることをやることです。

  • 運動
  • ショッピング
  • 映画鑑賞
  • 友達とのおしゃべり

何でもいいのです。運動が苦手な人にストレス解消のために運動をすすめても、それは本人にとって却ってストレスになってしまいます。

それなら自分が本当に心から楽しめること、夢中になれることをやったほうがストレスの解消に多いに役立つのです。

睡眠不足を解消してホルモンバランスを整える

毎日忙しくて睡眠が不足気味な女性、大勢いらっしゃいます。しかし睡眠中に分泌される成長ホルモンには、肌をダメージから回復させる、自律神経の働きを整えてくれる成長ホルモンが活発に分泌されるのです。

自律神経の働きが整うとホルモンバランスも安定するため、肌の調子も良くなります。そして成長ホルモンの分泌量を効率よくするには、睡眠の質も重要になります。

質の良い睡眠をしっかりととれるように、夜早く寝るように心がけたり、寝入りやすい環境を整えましょう。

過度な飲酒はしない、禁煙に努める

適度な飲酒は健康や美容に良い効果をもたらしてくれますが、過度な飲酒は睡眠の質を低下させたり、水分代謝を活性化させる原因になりますので肌に悪影響です。

脂性肌を改善したいなら、お酒は適量にとどめておきましょう。適量とは大体ビールなら500ml程度です。

ダイエット目的や見た目のかっこよさから喫煙する女性が増えていますが、喫煙は大量のビタミンを消費し、血の巡りを悪くするため、肌には悪影響しか及ぼしません。健康と美容のためにも禁煙に努めましょう。

皮脂分泌を促進する食品を摂り過ぎない

食生活が乱れていると皮脂の分泌量を増やす原因になります。皮脂分泌を促進する食品がありますので、それらを摂りすぎている方は摂取量を控えるようにしてください。

動物性脂肪の多い食べ物
バター、生クリーム、チーズ、卵など。女性が大好きな洋菓子に多く含まれていますが皮脂分泌量を増やす原因になります。
糖分
砂糖や果糖がこれに分類。美容や健康に良いと言われている果物ですが、食べすぎると皮脂分泌を促進しますので食べすぎに注意してくださいね。
アルコール
お酒をたくさん飲むと、尿の出がよくなります。その影響で肌の水分量が低下して肌が乾くのです。それを補うために皮脂分泌が活発となり、オイリー肌になります。
血糖値を急上昇させる食品
精製された米や小麦、砂糖などは血糖値を急上昇させる食品です。血糖値の急上昇を抑えるためにインスリンというホルモンが分泌されますが、これには皮脂分泌を活性化させる働きもあるのです。

糖尿病の原因にもなりますので、空腹時にこういった食品を食べないようにする、食べる量を控えるなどして血糖値の急上昇を防ぎましょう。

体質だからとあきらめない!オイリー肌は改善できる

shutterstock_343659452
肌質は持って生まれたものだから変えられないと最初からあきらめていませんか?脂取り紙やパウダーで皮脂の分泌を目立たなくすることはできますが、根本的な解決にはなりませんね。

遺伝的要素でも後天的要素とオイリー肌の原因はさまざまです。しかし日ごろのスキンケアと生活習慣の改善でオイリー肌は改善できますよ!

この記事をシェアする

関連記事

コメント