• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

会社辞めたい…そんなアラサー女子達のリアルな転職事情とは?

Date:2015.11.10

shutterstock_243412918 - コピー

社会人として世に出たなら誰もが一度は「会社辞めたい!」と思ったことがありますよね。自分に合っていない仕事だったり、勤務条件が悪かったりするとなおさらそう思いますよね。

アラサーにもなると周りと自分の仕事環境や待遇の違いが目立ってきたり、「自分はこのままで良いんだろうか?」と悩むことも増えてきます。できれば転職したいと考えていると思いますが、気になるのはリアルな転職事情です。

今回はアラサー女子の転職事情がどうなっているのか?リアルな内情をご紹介します!

アラサー女子はどんな時に「転職したい」と思うのか?

まずはじめに、実際に転職活動をしているアラサー女子たちがどんな理由で転職活動を始めたのかを見てみましょう。

アラサー女子が転職する理由には以下のようなものが多く挙がっていました。

職場の人間関係

年齢や性別を問わず、転職理由の1位になることが多いのが職場の人間関係です。ずっと同じところで働いていくなら、人間関係はとても大切ですよね。

もしかしたらセクハラやモラハラに悩まされている方もいるかもしれません。我慢してストレスで体を壊すより転職しようと考えるのは当然のことです。

会社の将来が不安

お給料や会社の経営状態に不安や不満があると「このままで大丈夫かな」と考えてしまいますよね。

一般的に「転職するなら30歳前後までが有利」と言われているため、将来のことを考えてアラサーになって転職活動を始める方が増えるのです。

ライフスタイルの変化に合わせて

夫婦共働きが当たり前の時代ですし、できれば結婚・出産をしても同じ会社で働き続けたいと考える女性が増えています。

ところが、会社によっては産休制度がいまいち充実していなかったり、無言の圧力をかけられて辞めるしかなくなってしまう職場もまだまだ多いです。仮に戻れたとしてもお子さんの状況に合わせて柔軟な対応をしてもらえないのも辛いですよね。

結婚や出産といったライフスタイルの変化があっても気持ちよく働けるような職場を探して転職するのはアラサー女子ならではの転職理由です。

キャリアアップ・資格取得

キャリアアップや資格取得のために転職するアラサー女子も増えています。バリバリ働いてキャリアを積みたいと思っている方ばかりではなく、同じ業種を続けていく上で必要になる資格が取得しやすい環境を探して転職する方もいます。

このように、同じアラサー女子でも転職理由は様々。結婚や出産を機に、家庭と両立しやすいお仕事へ転職される方もいます。

アラサー女子の転職は以前より活動しやすくなっている

現在は求人数も徐々に増えている上に、今までは女性が珍しかった業界も積極的に女性を採用するようになったので、アラサー女子の転職は少し前と比べると決して難しくはない時代です。

また、最近は女性の管理職を増やしたい企業が増えているのでキャリアアップをしたいと思っている女性にとっても希望の企業に転職しやすくなっています。

経験のある業種の方が採用率は高くなりますが、30歳以下なら未経験の業種でも採用される確率は十分にあります。持っているスキルなどになって異なりますが、30歳までに転職活動を始めるなら不安はほとんどないと言われています。

転職したアラサー女子の7割が「良かった」と思っている

実際に転職をしたアラサー女子の7割前後は「転職して良かった」というデータがあります。

転職によってどんなメリットがあったかは以下の通りです。

  • 給料アップ
  • 残業が減った・時短勤務ができる
  • 福利厚生が充実した
  • 理想的な同僚や上司と仕事ができる(人間関係で悩まなくなった)
  • 仕事にやりがいができた

今の仕事に不満がある方からすると、こういった実体験はすごく魅力的に見えますよね。

1つ前の項目で書いたように、アラサー女子の転職は決して難しくない状況です。お給料や福利厚生などは求人票からも確認できるので、転職を考えている方は少し見てみてはどうでしょう?

転職しない方が良かったケースもある

しかし、転職活動をしても必ず正社員になれるとは限らないですし、いざ新しい会社に勤務し始めてから前の会社がいかに恵まれていたか実感したという方もいます。

女性は決断力が高く「転職する!」と決めたらすっぱり仕事を辞めてしまう傾向があり、転職活動が上手くいかなかった場合に以前より状況が悪くなる可能性が高いのです。

そういう潔いところは女性の良いところだと思うのですが、転職に関しては慎重に慎重を重ねて進むことをおすすめします。無職の状態で転職が上手くいかないと不安から体調を崩すこともあるので注意しましょうね。

転職活動を始める前に覚えておきたいこと

初めての転職活動は色々と不安なことが多いです。新卒で就職した時は学校から就活に関して教えてもらえるし、困ったことがあればサポートしてもらえましたが、転職の場合は自分でどうするか決めないといけません。

そこで、ここでは転職活動を始める前に覚えておきたいことをご紹介します。

転職は誰かに助けてもらうこと!

転職する時は決して一人で行動しようとせず、ハローワークや転職エージェントなどの助けを借りるのがすごく大切です。

就活の経験はあっても転職の経験はないという方も多いですよね。転職の場合、就活と違う以下のようなポイントを企業側にチェックされます。

  • 転職しようと思った理由
  • 前職を辞めた理由
  • どんなスキルを持っているか

この中で特に困ってしまうのが「前職を辞めた理由」への回答です。待遇や人間関係に不満があったなどネガティブな理由で退職した場合、そのままの理由を答えてしまうと「不満の多い人」だと思われて採用される確率が低くなってしまいます。

また、数か月のブランク期間(無職だった期間)があると「この時期は何をされていたんですか?」と突っ込まれて答えに困るということもあります。

ハローワークや転職エージェントはこういった返事に困る質問への上手な答え方や、書類審査に通りやすい履歴書や職務経歴書の書き方をていねいに教えてくれます。

今より条件の良い職場へ転職したいなら、ハロワなどを上手に利用していきましょう。

今の仕事は辞めずに転職活動する

就活と同じで転職活動もやることが多く、時間はたくさんあった方が有利です。しかし、次が見つかっていないのに仕事を辞めてしまうのはちょっと待って!

アラサー女子の転職は難しくはないのですが、必ず次も正社員になれるとは限りませんし、今より条件の良い会社に就職できるとも限りません。

仕事を辞めて転職活動をしているアラサー女子の中には、なかなか正社員の仕事に就けず生活状況が悪くなった方も少なくないのです。

体力的、時間的には大変かもしれませんが、よほど今の会社に不満があるわけでないなら、今の仕事はやめずに転職活動をするのがおすすめです。

転職が本当に必要か考える

アラサーになると周りの同世代の女性から、順調にスキルアップをしてる話しや転職して良かったという話を聞く機会も増えます。

すると「自分はこのままでも良いのかな」という不安が出てきますが、転職活動を始めたり、今の仕事をやめてしまう前に、本当に転職が必要なのか考えてみましょう。

いざ転職を始めてみると、自分の会社は思っているより条件が良いことがわかったり、他の会社に特に魅力を感じないというケースも多いのです。

また、気をつけたいのが周りの人に「転職したい」「転職活動している」と言いふらさないということ。やっぱり転職はやめようと思っても引っ込みがつかなくなって、大して魅力を感じない会社に転職して後悔したという方もいます。

おしゃべりな人に聞かれてしまうと上司の耳に入ってしまう可能性もあるので、転職に関しては信用できる人にだけ話すようしましょう。

転職は良いこと!だけど計画的に動くのが大切

今の生活を変えるのってすごく勇気がいりますよね。待遇に不満があるにしろ、スキルアップが目的にしろ、実際に転職活動をする女性はアクティブでかっこいい女性だと思います。

ただ、転職には良いことばかりではなく注意点やデメリットもあります。良い面ばかり見て勢いで行動せず、慎重に計画的に行動するのが大切です。

「転職したいな~」と思った時は、ハローワークや転職サイトなどで相談したり情報を集めたりするところから始めてみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント