• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

大人になったら友達が少なくなった…社会人のための友達の作り方

Date:2017.06.14

社会人になってから、友達を作るって難しいことだと思いませんか?

学生の時とは環境が変わり、友達と予定が合わなくなったり結婚や出産をして誘いにくくなったりして、気軽に遊べるような友達がどんどん減ってしまいます。

特に会社と自宅との往復の生活では、新しい人との出会いすらなかなかないものです。

また、「仕事関係の人とはあえて深く関わらないようにしている」という人もいるでしょう。

そんな中、いざ遊ぶ友達がほしいと思っても「友達ってどうやって作るんだっけ」と何もできずにいる人が多くいます。

社会人になってからの友達作りはどうしたらいいのか、その方法をご紹介します。

まずは職場以外で出会いのきっかけを作る!

社会人になってからの友達作りには、”きっかけ”が必要です。

友達ができないという人は、普段職場以外で人と会ったり会話をしたりする機会があまりないのではないでしょうか。

職場に限定されないにしても、限られた人としか交流も会話もしないという人は、人と会うことからはじめなくてはいけません。

そんな人に必要なきっかけが、「出会いのきっかけ」です。

好きなものから友達作りへ!趣味を持つ

まずは、自分の好きなものから交友を広げるのがおすすめです。

同じ趣味を持つ人とは自然と話が盛り上げります。

例えば

  • 読書
  • アニメ
  • 裁縫
  • スポーツ観戦
  • 料理
  • 写真
  • ファッション
  • 旅行

など、何でも構いません。

アイドルの追っかけでもなんでも、自分が夢中になれるものを見つけてください。

外へ出る趣味なら出先で出会いがあるかもしれませんし、読書のように家で過ごす趣味でも、同じ作品が好きな人とSNSなどでつながることだってできるでしょう。

出来れば、夢中になれる趣味を周囲にアピールしてください。

「実は私も…」という人から思いがけず声をかけられるかもしれません。

習い事で友達作り!教室やスクールに通う

自分が身につけたいことや好きなことを学びに行けば、そこにはあなたと同じようにそのことに関心を持った人がいます。

おすすめの習い事

  • 料理
  • 英語
  • ダンス

一人で黙々と作業をするような習い事ではなく、グループレッスンのあるものがおすすめです。

みんなで会話をしながら学ぶので、自然と打ち解けていきます。

スクールを選ぶときのポイントは、「同世代の人が多く通っている」ということです。

それは習い事の種類ではなくスクールによって違うので、いくつか体験や見学をして自分の目で判断するのが一番です。

女性なら少人数制の料理教室がおすすめです。

一緒にご飯を作って、そのご飯を食べながらの会話は楽しいものです。

友達も出来て料理もうまくなってと、良い事づくしです。

自分に合ったレベルの場所へ!チームスポーツに参加する

他の人と一緒にできる”チームスポーツ”に参加するのもおすすめです。

フットサルやバドミントン、バレーボールなど、近くの体育館や施設でやっているのを見たことはありませんか?

仕事終わりや休みの日に、体を動かしたい人が集まって運動しているのです。

チームによってレベルやカラーは様々で、初心者ばっかりが集まって楽しく体を動かす程度のものから、経験者が多く初心者には少し敷居の高いものもあります。

技術レベルが違い過ぎると、自分が楽しめなかったり周囲に対して申し訳ない気持ちになったりして居心地が悪くなるので、自分に合うところを探しましょう。

初心者と経験者が入り混じっている場合は、上手な人が初心者の人に教えてくれます。

参加料も施設の使用料だけの所が多く、1回数百円ですむこともあります。

同じ場所でも、時間や曜日によって違うチームが使用していたり、広い施設なら同じ時間に何組かのチームが同時に開催していたりもします。

インターネットで参加者を募集しているところが多いので、自分が参加できる時間帯にあるものや参加しやすい雰囲気の場所を探して見学してみてはどうでしょうか。

気の合う人が集まる場所へ!イベントに参加する

イベントは毎週のようにどこかで開催されています。

同じ趣味の人が集まるイベント、クリスマスやハロウィンのように行事ごとのイベント、友達を作るための食事会や飲み会などたくさんあります。

おすすめなのは、同じ趣味を持つ人の集まるイベントです。

好きなアイドルやアーティスト、美容など、同じことに興味を持っている人となら、話題にも困りませんし有益な情報も得られるかもしれません。

同じ歌手が好きな人が集まるイベントに参加して、一緒にライブに行く友人を見つけたという人もいます。

婚活イベントに参加して、気の合う女友達を見つけたという人もいます。

”とにかく人の集まる場所へ行ってみる”、という気持ちで気軽に参加してみましょう。

友達づくりは意気込まずに!なるべく明るく積極的に人付き合いを!

気の合いそうな人たちのいる場所へ出向いたら、積極的に会話をして交流を深めたいものです。

しかし、人見知りな人や自分から積極的に話しかけられない人は、受け身になってしまいせっかくの機会も逃しがちです。

そんな人は受け身なままでもいいので、次にご紹介しする2つだけでも頑張ってみてください。

友達作りはまずあいさつから!あいさつをする

友達が出来にくい人は、友達作りよりもまず人付き合いが大切です。

習い事でもイベントでも、人と会ったらまずあいさつをしましょう。

あいさつだけでもしていれば、次の一言が出やすくなりますし相手からも話しかけられやすくなります。

あいさつは暗い顔でぼそぼそというのではなく、「ニコッ」と笑顔でするようにしましょう。

出会いのきっかけを逃さない!誘いになるべく乗る

友達の多い人に友達作りのコツを聞くと「誘いにはなるべく乗るし、集まりには顔を出すようにする」といっていました。

すると自然と知り合いが増え、人とのつながりが増え、初対面の人とでもどこかでつながっていることが多くなるそうです。

共通の知り合いがいれば、話題の種が出来て会話も弾みやすくなります。

また、いつも誘いに乗る人には次々と誘いがかかるようになるので、その連鎖で自然と友達が増えていくんだそうです。

無理をしてまで誘いに乗る必要はありませんが、「なんとなく行く気がしないな」と思う程度なら、ちょっと頑張って誘いに乗るようにしてみましょう。

社会人の友達作りはきっかけ作りから!今いる友達も大切に

社会人の友達作りは、同じ時間を共有していつの間にか友達になっていた学生時代とは違います。

自分から友達になるきっかけを作り、関係を築く努力をしなくてはいけません。

学生時代も、友達になる努力をいろいろしたかもしれません。

しかし社会人になると、その学生時代の友達とは疎遠になってしまいがちです。

その中でも、変わらず交友のある友達というのは悪友でも腐れ縁でもとても貴重なものです。

友達というのは、家族と違ってちょっとしたことで縁が切れてしまうことがあります。

何気ない一言だったりタイミングであったり、それぞれの環境が違うことで思わぬ誤解を生じてしまうこともあるでしょう。

新しく友達を作るのもいいですが、今いる友達をなくしてしまわないように大切にして下さい。

この記事をシェアする

関連記事

コメント