• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

豆腐を食べて白いプルプル肌を目指そう!隠された美容効果とは

Date:2014.10.27

若い頃のような、白くてハリのあるプルプル肌はもう取り戻せないの!?と嘆いているあなた!まだ遅くはありません。

美しい肌は日頃の食事から作られるといっても過言ではありません。普段何気なく口にしている「豆腐」。体に良いことはわかっていたけれど、肌にも効果的ということを知っている方は少ないのではないでしょうか。そんな「豆腐」に隠された美容効果をご紹介します。

豆腐の成分に秘密があった!

皆様もご存知の通り、豆腐はタンパク質でできています。

豆腐の原料である大豆は、昔から「畑の肉」といわれるほど栄養価の高い食品といわれてきました。タンパク質だけでなく、ビタミンやミネラルなど健康維持やそれらを増進させるための栄養素も豊富なので「機能性食品」と呼ばれています。

植物性タンパク質

人の体力を回復させるために重要といわれているのが「タンパク質」です。タンパク質には肉や魚などの「動物性」のものと、豆腐などの大豆製品などの「植物性」と2種類あります。

動物性タンパク質は「飽和脂肪酸」を含んでいるため、皮脂分泌が活発化してしまい、毛穴の開きなどの原因になります。

一方、植物性タンパク質は「不飽和脂肪酸」を含むため過剰な皮脂分泌は正常化し、お肌のターンオーバーのサイクルを整える効果があります。

大豆サポニン

一風変わった名前ではありますが、この「サポニン」は陰の立役者なのです。従来は苦みや渋みなどの喉の奥に残るような不快感の原因と言われていましたが、実はそれがもたらす効果は抜群です。

老化の原因といわれる「活性酸素」の発生を抑え、血管内では脂肪がつくのを防ぎます。これらのことから、アンチエイジング効果はもちろんのこと、健康面では動脈硬化などの生活習慣病を防いでくれる存在です。

豊富に含まれるビタミン類

どこからどうみてもビタミン類が豊富そうに見えない豆腐ですが、ビタミンB1・B2・ビタミンE、ナイアシンなどのビタミン類の宝庫なのです。

ビタミンB群は、皮膚や粘膜の回復を促します。よって肌トラブルなど皮膚にできるニキビや口内にできる口内炎などにも効果的です。また、ビタミンEはゴマなどにも含まれている成分で、美容には欠かせない栄養素です。

豆腐で健康に美しくなろう!

いかがでしたでしょうか。一見淡白に思われがちな豆腐ですが、栄養は豊富に含まれています。消化も良いのでダイエットにも効果的です。また、豆腐に含まれるビフィズス菌で腸内環境を整えることで美肌にも繋がります。

健康と美容のつながりを意識して、あなたも今日から豆腐を食べてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事