• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

辛いもの大好き女子に朗報!唐辛子パワーでスリムな美肌美人になる

Date:2013.10.25

韓国料理やタイ料理、四川料理にインド料理など、辛い料理って美味しいですね!でも好きだからといって唐辛子を使い過ぎると「身体に悪いよ!」と注意された経験ありませんか?確かに唐辛子は刺激が強い為、使い過ぎは良くありません。

でも過剰になりさえしなければ、美肌やダイエットなどの美容効果も期待できる嬉しい食材でもあるのです!

ダイエットと唐辛子

唐辛子を食べると汗をダラダラかいて、いかにも痩せそうですよね。痩身コスメにも唐辛子の辛み成分である「カプサイシン」配合のものが沢山あり、人気のようです。

カプサイシンのダイエット効果とは

  • 神経を刺激して「アドレナリン」を分泌させる。アドレナリンは脂肪分解酵素の「リパーゼ」を活発にして、脂肪を燃えやすくする効果が!
  • アドレナリンには発汗作用もあり、老廃物の排出をスムーズに
  • 末梢神経を刺激して熱を作り出し、さらに燃焼を助ける

また唐辛子と運動を組み合わると、脂肪燃焼がよりアップします!年齢と共に代謝が落ち「以前と同じように運動しても痩せにくくなった!」と嘆いている人は、食事の時に唐辛子を一振りしてみては?

美肌と唐辛子

タイ女性や韓国女性はスラリとしてお肌ツルツルなイメージがありますが、それには唐辛子が一役買っているのかもしれません。

  • 乾燥肌に嬉しい潤い効果が!カプサイシンによる「発汗」「血行促進」で、肌の代謝があがりお肌の水分量がアップします
  • 美容に良いとされるビタミンC、ビタミンAが豊富!また老化の原因である活性酸素を抑える効果も
  • 美肌の大敵、便秘を改善!腸の働きを整える作用があり、排便がスムーズに

健康と唐辛子

辛いものを食べると何だか元気になりませんか?唐辛子は健康にも素晴らしい効果を発揮します。

  • 胃炎を防ぎ胃の調子を整える。年齢を重ねると「胃粘液」が減る事で、胃炎や胃潰瘍などの不調を引き起こしますが、唐辛子は胃粘液の分泌を促進します
  • 睡眠をスムーズに。夕食に唐辛子を一振りすると、程良く体温が上がります。その後体温が一気に下がり眠気を誘います
  • 免疫力が上がる。カプサイシンによって免疫細胞である「白血球」が活性されて、強い身体に!
  • 食中毒を予防!強力な殺菌、防虫効果があります

薄毛と唐辛子

あまり関係なさそうな薄毛の悩みにも、唐辛子が効果的!

  • 頭皮の血行が悪い箇所から、薄毛になる事が分かっています。カプサイシンによる血行促進効果で、頭皮の血行アップに!
  • 「イソフラボン」との組み合わせで、毛母細胞の成長因子である「IGF-1」を活性。IGF-1の働きにより毛母細胞での細胞分裂がスムーズに行われ、発毛促進に繋がります

なんと30人中20人が「唐辛子+イソフラボン」で、薄毛のお悩みに効果を感じたというデータもあります。これは期待できそうですね!

食べ過ぎると・・・

唐辛子の刺激はかなり強いので、食べ過ぎるとそれなりのリスクがあります。辛みの正体はカプサイシンによる「痛覚」です。その痛さは相当なもので、防犯スプレーにも使われるほど!

  • 舌が麻痺する。味を感じる神経である「味蕾(みらい)」にダメージを与え、その後の再生もスローに。それを繰り返すうちに味覚そのものが鈍ってしまいます
  • 中毒になる。「痛み」を感じるとそれを癒す為に「快楽ホルモン、ドーパミン」が分泌されます。ドーパミンには中毒性があるので「もっと刺激がほしい!」とエスカレートします
  • 攻撃的になる?!カプサイシンにより「アドレナリン」が分泌され続けると攻撃的でキレやすい性格になりかねません。本来アドレナリンは身の危険を感じた時に出る攻撃用のホルモンなのです
  • 胃炎、胃潰瘍の原因の一つに。適量だと胃炎や胃潰瘍に良い唐辛子も、食べ過ぎると胃粘膜を荒らしてしまいます

唐辛子そのものには副作用は無いといわれていますが「痛覚」を刺激し続ける事は、やはりダメージになるようです。あくまでも「パラっとかける」範囲にとどめた方が良いでしょうね。

唐辛子は産地によって成分も様々なので一概にはいえませんが「1日小さじ半分」が限度だそうです。

この記事をシェアする

関連記事