• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

皮脂が出ても頭皮は乾燥している!乾燥しやすい頭皮のケア方法

Date:2015.03.27

shutterstock_177721904 - コピー

肌の乾燥は常に気にしているけれど、頭皮の乾燥はあまり気にしていないという女性が多いそうです。

頭皮の乾燥は肌とは違い、髪の毛にも影響を与えるので乾燥しないように気を付けてあげないといけません。

自分の頭皮が乾燥しているのか、乾燥している場合はどういうふうにケアをすれば健やかな頭皮を保つことができるのでしょうか。

頭皮が乾燥するとどういう影響がある?

肌が乾くのと同じように頭皮も乾燥するといろんな影響が出てきます。どういった影響が出てくるのでしょうか。

抜け毛が急激に増える

頭皮が乾燥すると頭皮が硬くなります。頭皮が硬くなると栄養分が行き渡らないので抜けやすくなります。

これは今生えている髪の毛だけではなく、次に生えてくる髪の毛も髪のサイクルが乱れてしまうので、育つ前に抜けてしまうことも。これが原因で薄毛になる場合もあります。

健康な髪の毛が育たなくなる

抜け毛と同じく、頭皮が乾燥するといくら頭皮に栄養を与えてもしっかりと行き渡りません。

そのため綺麗で健康な髪が育たなくなります。現在生えている髪の毛はもちろん、次に生えてくる髪の毛も栄養が行き渡っていないためハリ・コシのない髪の毛になってしまいます。

ハリ・コシがない髪だと常にペチャンコ、髪の量は変わらなくても薄毛に見えてしまうこともあります。

炎症を起こしやすくなる

肌もそうですが、乾燥すると外からの刺激で炎症を起こしやすい状態になります。頭皮の場合、毎日髪を洗うので、その時に爪などが当たるだけでちょっとした傷が出来てしまい、そこから炎症を起こしてしまいます。

炎症が続くと頭皮に出来物ができたり、傷が残り臭いが出る場合もあります。

頭皮にこんな乾燥症状出ていませんか?

頭皮の乾燥といっても症状は様々、まずは自分の頭皮がどういう症状か調べてみましょう。

ターンオーバー乱れの乾燥頭皮は痒みに注意

頭皮が痒いという場合があります。これは頭皮のターンオーバーが乱れており、頭皮の角質がしっかりと落とされていないことが原因とも言われています。

この角質がしっかりと落ちないとその部分から頭皮が乾燥してしまいます。頭皮が痒いとその部分からフケが出ることもあります。そして頻繁に頭皮をかいていると頭皮が炎症を起こし、さらにターンオーバーが正常に行われなくなります。

しっかりと頭皮に水分を与えてあげることで頭皮状態が良くなり、ターンオーバーも正常に戻り痒みもなくなります。

頭皮が敏感になっている人は頭皮の水分不足

  • 頭皮を触ると何だかムズムズする
  • 頭皮にすぐ吹き出物ができたりする

上記のような人は、肌と同じで頭皮が敏感肌になっている可能性があります。

敏感肌になる原因の1つが水分不足。触った感触では乾燥していないように感じるのですが、頭皮の奥が乾燥していることもあります。

フケが出ていないから頭皮は大丈夫と思っていても、実は乾燥している可能性があるので吹き出物ができやすくなったと感じた時は乾燥に注意しましょう。

頭皮がガサガサ、臭いがある人の頭皮は砂漠化状態

頭皮を触るとカサカサしているという人は頭皮の皮めくれを起こし、フケが出やすくなります。

その他にも頭皮が乾燥しているのでちょっとしたことで傷ができてしまうこともあります。

これは頭皮が乾燥しすぎて砂漠化状態になっている証拠であり、この状態を放置しておくと頭皮が硬くなってしまいます。

頭皮が硬くなると抜け毛・薄毛に繋がるので、すぐにでも頭皮を正常な状態に戻してあげる必要があります。

乾燥を防ぐ頭皮ケア方法

記事中画像自分の頭皮が乾燥している、でもこの頭皮の乾燥を解消するにはどういうケアをした方がいいのでしょうか。自宅でも簡単にできるケア方法、ケアアイテムをご紹介します。

美容液マッサージで頭皮の血行を改善

頭皮の乾燥の原因の1つとして言われているのが頭皮の血行不良によるもの。頭皮の血行をよくするためにはマッサージが良いとされていますが、何もつけないままマッサージをすると摩擦で頭皮を傷めてしまう可能性があります。

マッサージの時に使いたいのが頭皮用美容液です。頭皮用の美容液は頭皮の血行促進効果もありますし、頭皮の乾燥予防効果もあります。

美容液をつけて頭皮を軽くマッサージしてあげるだけで頭皮状態が随分改善されます。

頭皮用美容液がない場合は、ヒアルロン酸を含んだ化粧水を水で2~3倍に薄め、それをスプレーでつけてマッサージしても効果を得ることができます。

頭皮クレンジングで無駄な角質を除去

頭皮のターンオーバーを正常に戻してあげることで乾燥を予防することもできます。そのためには頭皮に残っている無駄な角質を綺麗に落としてあげる必要があります。

頭皮の角質を落とす場合は、シャンプー前に頭皮クレンジングをしてあげるのが効果的です。

スカルプシャンプーでもいいのですが、頭皮クレンジングの方が角質や汚れが落ちやすく、頭皮が水分を浸透しやすい状態にしてくれます。

シャンプー前のクレンジングの場合は週1~2回、クレンジングシャンプーは毎日使っても大丈夫です。

あまり頻繁にシャンプーをすると反対に頭皮を乾燥させるとも言われているので、汗をかかない時は1日おきのシャンプーでも構いません。

ヘッドブラシを使って頭皮を傷めず洗う

頭皮が乾燥して敏感になっている場合、手で洗うと頭皮に傷がついてしまう可能性があります。頭皮に傷がつくと臭いが出たり炎症を起こすことがあるので注意が必要です。

そういう時に使いたいのがヘッドブラシです。ヘッドブラシは頭皮に傷をつけないようゴムでできているので頭皮への負担もありませんし、頭皮に刺激を与えてくれるので血流が良くなります。

毎日のシャンプーを手ではなくヘッドブラシに切り替えるだけで綺麗に頭皮の角質も取り除けますし、傷予防もできるので1つ持っておくと便利です。

頭皮も肌と同じようにケアしましょう

頭皮は肌と同じ皮膚で繋がっています。なので肌と同じようにちょっとしたトラブルで乾燥したり炎症を起こしてしまいます。

肌と同じように頭皮もしっかりとケアしてあげることで乾燥しない、健康的な頭皮を手に入れることもできるのです。

この記事をシェアする

関連記事

コメント