• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

恐ろしい糖尿病、徹底した予防生活でヘルシーライフ

Date:2013.10.05

糖尿病になると

「サイレンスキラー」静かな殺し屋、と言われる糖尿病。この糖尿病と戦う人の数は、年々増していると言われています。一度発症すると治癒する事はなく、一生付き合っていかなければならない病気なのです。

最近では、その恐ろしさから糖尿病予防への取り組みに注目が集まっていますが、それでも自分は大丈夫と油断している人も多く見られるのが現状ではないでしょうか。

糖尿病と診断されると、食事制限はもとより、適度な運動や毎日の薬などの療法を行っていかなければいけません。

休日の楽しい友人とのランチも、仕事帰りのお酒の場でも、常に「制限」が付いて回るのです。インスリンの分泌に異常がある場合は、インスリン注射を打つ事にもなります。糖尿病の恐ろしさを知ったところで、予防策を見ていきましょう。

すぐに始められる予防生活

まず第一に、「清涼飲料水の過剰摂取」は止めましょう。ブドウ糖を多く含む清涼飲料水を過剰に摂ってしまうと、血糖値を大幅に上昇させてしまいます。

一見ヘルシーそうに見える果汁100%の飲料水や、飲むヨーグルトなども実は多くの砂糖が入っているので、こちらも注意です。特に、お風呂上がりやスポーツ後の、喉が乾いた状態や空腹時に摂取すると、急激な血糖値の上昇に繋がります。

もちろん、大好きなジュースを全く飲まずに我慢し、それがストレスになってしまう方もいると思いますので、そういった方は空腹時などを避けて適量を摂りましょう。

次に、「精製された食品」は控える事をお勧めします。お米であれば、白米より玄米や雑穀米を、パンはライ麦や玄米パンなどを選ぶと良いです。精製されたものは、血糖値を一気に上昇させる為、インスリンのバランスを崩しやすくします。

つまり、予防策として重要なポイントは、「血糖値を急激に上げない」事です。血糖値を緩やかに上昇させる為、食前に生野菜などの酵素や、アーモンドやドライフルーツ等のGI値の低い食品を摂りましょう。

みそ汁などのスープ類もお勧めで、「今から食事しますよ」という身体へのサインになります。

これらの他にも、「料理をする際は薄味を心がける」「脂質や糖分の摂り過ぎには注意」「食物繊維で急速な血糖上昇を防ぐ」「ストレスを溜めない」など、日常生活の中で気をつけられる事は多くあります。まずは、ご自身の出来る事から始めてみると良いでしょう。

予防生活の枠を超えて

予防は目に見えないので実感は得にくいですが、以上の予防策を実践し、習慣化してしまいましょう。習慣化すると、予防という意識もなくなり、自然に身体が喜ぶ食生活が出来るようになります。

単なる糖尿病予防という枠を超え、内側から健康と美を作り出せる良い機会となるのではないでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事