• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

生理痛が悪化したなどの報告が続出!豆乳は本当に女性の味方なの?

Date:2014.04.24

テレビや雑誌などの特集ではよく「女性は豆乳を飲むといい!」という記事を見かけますよね。

毎日欠かさずに飲むという「豆乳信者」も多いようですが、最近「豆乳を飲むようになってから体調がおかしい…。」などといった声があるのをご存知ですか?果たして、豆乳は本当に女性の味方なのでしょうか。

どうして女性は豆乳を飲むといいと言われるの?

豆乳に限らず大豆製品に含まれる「イソフラボン」という成分が女性に良いと言われるポイント。イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似ているため、イソフラボンを取ることでホルモンバランスを補助する働きをしてくれるのです。

ホルモンバランスを整えることでより女性らしい体作りに効果があったり、精神面でもより良い状態に導く効果があるのだとか。豆乳を飲むようになって、「痩せた!」「バストが大きくなった!」「生理の周期が整った!」などの嬉しい声も多数あがっています。

美肌効果もあるので、イソフラボンを配合した化粧水や乳液なども効果があるとされています。ただし、イソフラボンを摂るために大豆製品ばかり摂取しすぎるのは禁物。

エストロゲンに似ているが故に、逆にホルモンバランスを崩してしまうこともあります。現在は通常の食事で摂取する量以外に補給する場合は、1日に30mgが摂取量の上限だとされています。

豆乳を飲んだら体調不良に!

女性の味方をしてくれるはずのイソフラボンですが、「生理痛が悪化した。」「生理前のイライラが増えた!」「生理の周期が不安定になった!」など豆乳を飲んだ方が調子が悪いという人も少なくありません。

そもそも女性ホルモンのバランスが良い人は、イソフラボンを摂取すると逆にバランスが崩れてしまう人もいるようです。

ホルモンバランスや体質によっては、特に生理前に豆乳を飲む事で黄体ホルモンの働きが強くなってしまい、PMSがひどくなってしまうという例も多く見られるそうです。

PMSとは月経前症候群や月経前緊張症と呼ばれるもので、精神的に不安定になってイライラしたり落ち込んだり、頭痛や便秘や拒食・過食などの症状が出てしまう、女性にとってはかなり辛いもの。

毎月同じ症状が現れるとは限らず、その症状の度合いも状況によって違ってきます。ちなみに私自身も豆乳をほぼ毎日コップに1杯飲んでいますが、飲むようになってから生理前のイライラや生理痛がかなり緩和されているように感じます。

個人的には是非オススメの豆乳。自分の体調・体質に応じて、上手に調節しながら試してみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事