• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

疲れ気味でやる気もでない?そんな女性を元気にする10の秘訣

Date:2014.10.27

気温が下がり過ごしやすくなってきたのに、何に対してもヤル気が起きず、“エネルギー切れ”の状態になっていませんか?

こんな自分から早く脱出したい、ならない様にする為に簡単にできる秘訣をご紹介します。

1.朝日を取り入れて身体を目覚めさせる

朝のアラームを消した途端、隣のスマホを手を伸ばし、メッセージなどをチェックしていません?

朝はまず、起きたら窓のカーテンやブラインドを開け朝の日差しを体いっぱいに受けましょう。

朝、身体に朝日を浴びる事により、これからの1日に必要なエネルギーの元になる、男性ホルモン、テストステロンや、ストレスホルモンとは呼ばれてはいますが、私達の体には欠かせないコルチゾールが活性化されるのです。

「曇り?雨?」そんな朝は、お日様に近い色の蛍光灯をつけるのでも、効果は同じですよ。

2.朝のメール、ニュースは程ほどに

顔もまだ洗う前からLINEをチェックしたり、仕事のメールを確認、ついでに今朝の主なニュースもネットでチェックと、朝から仕事さながらに色々し始めてしまうのは、焦り・不安感やストレスを溜める原因でもあるのです。

特に、知り合いからの心無いメッセージや、悲惨なニュースを朝から見てしまうと気分が落ち込み、無気力・脱力感に襲われやすくなってしまいます。

朝食はゆっくりとテレビや新聞のニュースもヘッドラインだけ確認する位にして、後はCDやラジオにして明るい音楽に切り替えましょう。

3.シッカリ&ヘルシー朝食を

いくらダイエットだからと言っても、朝食を抜くのはタブーです。そして、“ダイエットの敵”だからと炭水化物を抜くのも良くありません。

白いごはんや白いパンでは無く、雑穀米や全粒粉を使ったパン、あるいはブランフレークに新鮮なフルーツを加えてきちんと朝食を取りましょう。

また、「朝は甘い物を食べると脳の働きが良くなるから…」などと朝からドーナッツやケーキにクッキーなどを頬張っていませんか?

これらは白米と同様急激に血糖値を上げその後、血糖値は急降下。こうなるとお腹が空いて食べ過ぎになるのは勿論、頭もモウロウとして全く働かなくなります。

4.ウォーキングで元気復活

朝日を浴びるもう1つの方法は、外を歩く事です。海外の調査ではたった10分のウォーキングだけでも気だるい気持ちが一新されたという結果もあるのです。

1駅先から電車に乗ったり、1駅前で降りて歩くなど、通勤時にウォーキングでやる気を出しましょう。

5.オフィスでは“落ち着きのない人”になる

仕事で体を動かす人は別としても、女性に多い事務職はデスクに1日座りっぱなしなんて事も珍しくありません。

階下の部署にメールや内線で連絡するのでしたら、階段で直接話に行きましょう。

そして、最低でも1時間に1度は椅子から立ち、廊下を歩いたり、コーヒーを淹れたりして、オフィスでは“落ち着きのない人”になる事で体勢を変え気分をリフレッシュさせて頑張りましょう。

6.サプリを取るならランチがおススメ

サプリを朝のコーヒーと一緒に取る女性って多いですよね?

勿論、ヘルシーな食事から栄養は取るべきなのですが、サプリを取るなら体が疲れて怠くなる確率が高い午後を乗り切るためにもランチの時に取るのが実は最適なのです。

特におススメサプリはマグネシウムです。このサプリはエネルギー源でもあるグルコースを分解しエネルギーにしてくれるのを助けてくれる働きが有ります。

7.午後のおやつでエネルギー源を上手に取る

どうしても、ランチの後は体がだるく、元気が出ない事が多いので、パワースナックをおやつ代わりに取りましょう。 

代表的なパワースナックは一握りのナッツ類と少量のドライフルーツです。

ナッツは善玉脂肪を多く含んでいるので満腹感と共に、マグネシウムが豊富です。

ドライフルーツも食物繊維の宝庫ですし、甘味も加わって味覚も満足できます。

そして、1日を通して水を充分に取ることも忘れずに。

8.愉快な仲間、楽しい番組で笑う

仕事が終わったら、気の合う仲間と食事やお酒で思いっきり笑いましょう。

友達との予定が無い時にはお笑い番組や楽しいYoutube映像をみて、これまた思いっきり笑いましょう。

笑う事で体内の免疫を高めて、明日からの元気を養う事ができますよ。

9.温めのお風呂で明日への充電

夏でも冬でも、温めのお風呂は心も体も癒されますよね?これにオーガニックなバスソルトやラベンダーオイルなどを使って、貴女の心と体にご褒美を。

10.就寝前の電子機器スィッチオフで快眠

最低でも寝る2時間前にはスマホ、コンピューター、テレビはオフにして、ヨガ、あるいは読書をして身も心も寝る準備をしましょう。

こうする事で、明日の元気の源でもある心地よい睡眠が得られます。

この記事をシェアする

関連記事