• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

疲労回復できる食べ物はどこでも入手可能!疲れたときこそ手軽に!

Date:2017.08.07

疲労回復できる食べ物は、と聞かれたら、あなたは何と答えますか?

うなぎに焼き肉、スタミナメニュー、お野菜たっぷりのご飯…確かに、どれも食べたら元気が出そう。

「だけど手間もコストもかかるし、疲れている時にそんなの準備する気力すらないわ…。」もう、ファストフードや素麺、パスタなどで簡単に?それとも食べないですませちゃう?

いえいえ、疲れたときこそ簡単に、明日の為になる栄養素を摂りましょう。じつは手近なコンビニや居酒屋にあるものでも、選び方や食べ方をひと工夫するだけで、アレもコレも疲労回復メニューになるんです。

というわけで今回は、忙しい女性の為の、手軽に疲労回復できちゃう食べ物について調べてみました。


まず、知っておきたい代表的な疲労回復メニュー

色々な食品があるなかで、疲労を回復させてくれるもの、「やっぱり頼れる!」というものがあります。

毎日の食事や、献立に迷ったときに取り入れれば、疲れを溜めない身体づくりにも効果的。まず、疲労回復のための代表的な食べ物について、紹介しますね。

やっぱり豚肉!豊富な栄養素と手軽さが魅力

疲労回復に効果がある食べ物と言えば、まず豚肉です。

  • 筋肉や肌や髪を作るたんぱく質、
  • 糖質・たんぱく質・脂質などをエネルギーに変える働きをしてくれるビタミンB群

が特に多く含まれるので、運動後の肉体疲労を回復するのに最適です。

また、赤身のお肉のほかに、豚レバーにも嬉しい疲労回復効果が。豚肉と同様、たんぱく質とビタミンB群が効率よく摂れるほか、運動で失いやすい鉄分と亜鉛も補給できるので、

  • 運動やエクササイズなどの習慣がある
  • 貧血気味で疲れやすい

そんな女性には、特におすすめの疲労回復食品といえるでしょう。

▼レバーの効果効能についてはコチラも参考にしてください!

鶏むね肉の疲労回復効果に注目!お財布の疲れも取っちゃう!?

近年、サラダチキンが大人気ですね。コンビニやスーパーでも、色々な味付けがされているものが売っており、

  • 献立で困ったときの1品として
  • ダイエットの為の高たんぱく低カロリー食品として

と、様々な人が購入しています。

そんな、安くて美味しい鶏のむね肉は、実は優れた疲労回復効果にも注目が集まっているんです。

鶏のむね肉やマグロなどに多く含まれる栄養素、イミダペプチド(イミダゾールペプチド)には疲労回復効果があるとされ、毎日取り入れたい栄養素とされています。

安価でお財布にも優しいので、

  • 家庭で蒸し鶏にしてパワーサラダに
  • 中華の炒め物の食べごたえアップに
  • ゆで汁に香味野菜を足してチキンスープに

なんて使い方ができるのも魅力です。工夫次第でパサパサさせずにしっとりといただけるので、冷蔵庫にあると安心ですね。

▼パワーサラダについてはコチラも参考にしてください!

パワーサラダの記事のトップ画像キャプチャ

香りの強い野菜はバツグンの疲労回復力!たんぱく質と一緒で効果倍増

疲れたとき、気分が落ち込んで食欲がないと思っていた時、ふと台所からニンニクや玉ねぎとお肉を炒める香りが漂ってきて、知らず知らず、お腹が「グゥ~」と鳴った経験、ありませんか?

香りの強い野菜には、それだけで滋養強壮・食欲増進の効果があり、疲れた時の食事に取り入れるだけで元気が出ます。

  • にんにく
  • 玉ねぎ
  • ニラ
  • ネギ

上記はどれも香りの強い野菜ですが、疲労回復効果は抜群。にんにくに含まれる成分「アリシン」は、ビタミンB1の吸収を高めてくれる働きがあります。

ネギ類に含まれる「硫化アリル」にも同様の効果が期待できます。スライスして生食にしたり、食べる直前に調理する・水にさらし過ぎないのが栄養を逃さず頂くコツです。

どれも、豚肉やレバー、マグロやカツオといった優れた疲労回復食品と高相性。ビタミンの吸収を助けてくれるので、一緒に食べれば美味しさも効果も倍増で嬉しいことづくめ。

ニラレバ炒め、玉ねぎたっぷりの豚の生姜焼き、おろしニンニクとカツオのたたきなど、週末は香りの強いパワーメニューもオススメです。

疲労回復にうなぎ、実はそれってもう古い!?食べる際の注意点

疲労回復のため、特に夏場は夏バテ防止にうなぎ、というのが世間一般の常識と考えられてきました。

夏になると無性にうなぎが食べたくなる、うなぎ屋さんの前を通った時の香りが堪らない…日本のパワーフードとして君臨してきたうなぎですが、最近ではまた異なった見解があるようです。

確かにうなぎには、ビタミンAやビタミンB1などが豊富に含まれていますが、脂質も多いため、逆に疲労で弱った胃腸に負担をかけてしまうとのこと。

ですので、好きな人はもちろん構いませんが、特にムリしてうなぎにこだわる必要はないみたいですね。疲れた胃腸とお財布にも負担をかけては意味がないですからね。

今日は何もしたくない!コンビニで買える、疲労回復メニューは

お仕事に、遊びに学びに、運動に。一生懸命取り組んだ日はお疲れモード。というか、料理をする気力もない…。そんな日も、もちろんありますよね。

「残業でクタクタ…スーパーも、もう開いてない」そんな時、現代人の強い味方なのがコンビニ。手軽にそのまま食べられる食品が並んでいるのはありがたいことです。

だからと言ってカップラーメンと缶ビールををかごに入れるのはちょっと待った!明日に疲れを持ち越さないためにも、疲れを取ってくれる食べ物を選んでおきたいものですね。

先ほど紹介したサラダチキンのほかにも、

  • 豚しゃぶサラダ
  • とろろ蕎麦
  • 納豆巻き
  • オクラなどのネバネバ食材の入ったサラダ

などがオススメです。特に、納豆やとろろ、オクラやメカブなどのネバネバ食材の成分ムチンには、滋養強壮効果、粘膜の保護効果、血液をサラサラにし、血糖値の上昇を抑えてくれる効果も。

豚肉などのメインに付け合わせても良いし、食欲があまり…、という時にもススっと食べられ、胃腸にも負担の少ない頼れるメニューなんです。

どうしても食欲がない時は、栄養ドリンクよりも甘酒を

「飲む点滴」と言われて、近年よくニュースでも取り上げられるようになった甘酒。有名な酒蔵の商品は、店頭から消えたりもするほどの人気商品となりましたね。

ご存知の方も多いと思いますが、甘酒には疲労回復に必要なビタミンB群やアミノ酸が豊富に含まれています。「食欲がない」「夜遅くて何か食べるのはちょっと…」というときのお助けドリンクとしては最適です。

また、腸内細菌に嬉しい栄養素

  • 食物繊維
  • オリゴ糖

なども含むので、食が細い時の便秘予防効果も期待できます。

「甘酒が良いのなら、市販の栄養ドリンクのほうが疲れに効くんじゃない?」そんな声も聞こえてきますが、健康の基本は食事でカロリーや栄養素を摂ること。噛んで消化、というプロセスを踏むことで、脳や内臓への刺激となり、身体全体が元気に活発になります。

どうしても食べられないから、といって栄養ドリンクやサプリに頼るのが癖になると、身体の各機関がサボりがちになり、働きが衰えてしまう危険性があります。これらは、あくまでも食事の助けとして取り入れるのが良いですね。

実は居酒屋こそ疲労回復メニュー選び放題!お酒はほどほどに…

イベントの打ち上げや接待など、疲れた日の締めくくりが居酒屋、なんてこともあるでしょう。連日続くともうゲンナリ、かもしれません。

翌日に疲労&二日酔いなんてことにならないよう、お酒を楽しむのは勿論ですが、しっかり食べて栄養を補給しましょう。実は、居酒屋こそ疲労回復メニュー選び放題の場所なんです。

前述したスタミナメニューやネバネバ食材も、居酒屋ならお手のもの。

  • やきとり
  • マグロの山かけ
  • カツオのたたき
  • 枝豆
  • 山芋のたんざく切り
  • そら豆
  • ニンニク焼き
  • 冷やしトマト
  • 柑橘系の生絞りサワー

など、食材そのものをいかした単品メニューがズラリ。ソースやチーズで脂質とカロリーが多くなりがちな洋風居酒屋よりも、和風や海鮮居酒屋のほうが、日本人の胃腸には優しいメニューが多いですね。

特に、お酒の分解を助けてくれる枝豆・そら豆などの豆類は、二日酔いの予防だけでなく女性に嬉しい効果がたくさん。

  • エネルギー代謝を助けるビタミンB群が豊富
  • カリウムによるむくみ防止効果
  • 豊富な鉄分・葉酸で貧血予防、栄養補給に
お通しだとしても、その栄養を侮ることなかれ。お酒が進むと食の手が止まってしまう、なんて人は特に気を付けて、明日の為にとしっかり食べましょうね。

お酒を選ぶ時も、レモンやグレープフルーツなどの柑橘系の生絞りサワーを選べば、クエン酸が摂れるので気分もスッキリします。

昔は疲労の原因といえば乳酸、乳酸対策といえばクエン酸。という図式でしたが、今や疲労の原因は乳酸ではなく、酸化のストレスで細胞がダメージを受けるから、というのが有力のようです。

とはいえ、クエン酸の疲労回復効果が否定されたわけじゃありません。疲れた時に梅干しや、レモンのハチミツ漬け、ビネガードリンクで元気になった!というのは多くの人が実証済みですよね。

身体に優しく、甘やかさず!食事上手は疲労回復上手

疲労を感じると、作るのも食べるのもおっくうになって、ついつい簡単なものに流れがちですよね。そんな時は、手軽に摂れる甘酒や果物ジュース、ビネガードリンクなどの準備があると安心です。

また、忙しくてどうしても食事が外食、コンビニ、居酒屋が続くなんて人は、逆に「疲労回復メニュー選び放題!」と心得て。

肉体疲労ではないけれど、日頃さらされるストレスや紫外線、活性酸素などで女性は心身ともにダメージを受けがち。抗酸化作用のある緑黄色野菜(特にトマトなど)や、パクチーなどの香り野菜を日常的に取り入れるのもおすすめです。

選択肢が多い現代だからこそ、身体に優しく、でも甘やかさない食べ物を選んで疲労回復上手になりましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント