• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

疲れがとれない女子に告ぐ!30代からの「疲れ」のとり方、防ぎ方

Date:2012.11.01

働き盛りのアラサー女子。仕事にプライベートになにかと忙しいけれど、自分のカラダの無理はついついスルーしてしまいがち。気づけば目覚めがだるく感じたり、慢性的な疲れを感じたり・・・そんな経験はありませんか。

疲れは放っておくと病気や長期不良の原因に。疲労が重なると血行が悪くなり、顔色もトーンダウンしてしまいます。それに引き替え忙しいはずなのにいつでも輝いている女性がいるのも事実。こうした女性達は年齢に関係なくとっても魅力的です。

30歳を超えた疲れ肌は生活の丁寧さや生き方までが、なぜか不思議と空気感として伝わってしまいます。疲れの原因と対処方法をアタマの片隅に。あなたの自信もUPして、ますますキレイに輝きましょう。

あなたの疲れの症状や原因は?

疲労が原因であらわれる症状には、さまざまなものがあります。髪のパサつき、イライラ、肌トラブル、アンチエイジング、眼精疲労、頭痛、便秘、肩こり、首の疲れ、腰痛、脚のむくみ、骨盤のゆがみ。

並べただけでも御免こうむりたい症状ばかりですが、30歳を過ぎてから特に目立ってくるのが荒れた肌。少々のシワやたるみよりも、ハリのないトラブル肌やくすんだ肌色はあっという間に見た目年齢を上げてしまいます。

化粧品によるケアも大切ですが、もう一つ忘れてはならないのはマイナス要因を少しでもなくして改善すること。それには疲労症状の原因を知ることから始めましょう。

頭痛は頸椎のゆがみや噛み合わせの悪さ、姿勢の悪さなど。肩こりは筋肉の異常収縮や内蔵疲労など。脚のむくみは塩分の多い食事や長時間の同じ姿勢から、眼精疲労は長時間のパソコン使用や寝不足、頭蓋骨と頸椎のゆがみなどから生じます。そして全般的にストレスも大きな要素です。

慢性疲労を感じるなら食事と睡眠を死守する!

30代に入ると、こういった年齢による体の変化が徐々にあらわれてくるので、日頃の生活習慣は非常に大きなウエイトをしめます。どんな疲れの症状であっても、まず心掛けるべきは食生活と睡眠時間。

すでに慢性的な疲れを感じているようであれば、スケジュール的に少々無理をしてでも1~2週間ほど健康的な生活に自分を仕向けていくのも良いでしょう。

30代は20代と比べ筋肉量が落ちるので、これも疲れやすさの原因のひとつ。筋肉量の低下に伴い代謝量もグンと落ちるため、太りやすく痩せにくい体型へと年齢とともに徐々に変化していきます。

疲労回復にはお酢をチャージ、老廃物はアボカドで出す!

お酢や梅干しといった酸っぱいものは、古くから疲労回復に効果があることで知られる食材。こうした食材に含まれるクエン酸は体内で変化を起こしながら、疲れのもとである乳酸を除去するはたらきがあります。

特に黒酢にはエネルギー代謝を活性化させ、乳酸の生成を抑制する食材なので、お酢は女性にとって強い味方なのです。もしお酢が苦手ならフルーツ酢を。穀物酢よりもマイルドな酸味が味わえます。またドレッシングなどにはハチミツをプラスすると食べやすくなります。

そして注目の元気食材がアボカド。ゴボウには若干劣るものの、春菊やほうれん草、モロヘイヤなどよりも多くの食物繊維質を含んでいます。さらにアボカドに含まれるオレイン酸は悪玉コレステロールを減らしたり、体内の毒素を分解、排出するはたらきを持っています。

そして美肌や老化防止に効果的なビタミンEが豊富。1個食べることで成人女性が1日に必要なビタミンE量の3/4を摂取することができるのです。毎日アボカド入りのグリーンスムージーを飲み続けると、疲れを感じにくい体に変化していきますのでぜひお試しを。とってもオススメです。

甘い物は疲れをとるって本当?

甘い物(砂糖)は、脳の疲れには有効です。疲労を感じた時に甘い物が欲しくなるのは、脳が疲労し糖分を求めているから。砂糖成分はブドウ糖に変化し、脳内にエネルギーを注入してくれます。しかし体にとって、白砂糖は疲れに対する有効成分にはなりません。

腸内環境を悪化させる悪玉菌のエサになり、体のサビや老化の原因となる活性酸素を生み出します。摂り過ぎるとシワやシミ、肩こり、イライラのもとにもなってしまう恐ろしい一面も。甘い物が欲しくなったら、なるべく白砂糖を控えてハチミツや黒蜜、黒砂糖などで代用するように心がけましょう。

ココロの疲れは生活習慣の改善で緩和される

30代からの疲れは、体だけではなく仕事の責任が大きくなったり対人関係や育児などのプレッシャーといった様々な要素が増えていく時期でもあります。

ココロの疲れが大きくなると、ついつい日頃の生活が疎かになってしまいがちですが、このような状況になってしまったら、悩むよりも健康的な生活の維持を目標に。前向きでストレスに強いココロを作るためにも、食事や睡眠などの生活習慣は大きな影響を及ぼします。

疲れたら考えずに寝る。ドカ食いをやめて、自分のために体に良い食材を選ぶ。こうした毎日の小さな選択が、あなたをいつまでも輝かせてくれる大切な種まきになるのです。

悩むより食べる、悩むより寝る。少し大らかに構えて、悩む代わりにアボカドの美味しいオリジナルレシピなど、考えてみませんか。ちょっとした息抜きも、時には考えること以上に大切な時間です。

この記事をシェアする

関連記事

コメント