• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

今からでも間に合う。脱貯金0宣言。

Date:2013.07.30

実は一人暮らしをはじめてから貯金ができず今貯金が0という人いませんか?給料が少ないから貯められない、と悩んでいる人も、貯金がない状態では絶対にのちのち困ることがでてきます。今のうちに貯金する癖をつけていきましょう。

なぜ貯金がないといけないのか。

貯金がなくても今が生きていけるからいいじゃないかと思っている人も多いようですが、今生きるだけを考えていると将来大変なことになりかねません。

親もずっと元気でいてくれるかどうかもわからないですし、自分が生涯今の会社で働き続けることができるかどうかもわからないのが今の世の中です。

こつこつ貯めておかないと将来最低限の生活もつらくなる場合もありますし、お金がないことで選択の幅が狭まる可能性も大きいです。

また、昔は結婚するとなると男性がすべてお金を出してくれることが多かったみたいですが、今の男性の平均賃金も大きく下がってきています。結婚式を自分のやりたいことをしたい、ハネムーンも行きたい!と思うときちんとお金を貯めておく必要があるでしょう。

けちけち節約する必要はなし!

貯金をするというと安いスーパーを狙って買いに行ったり、けちけち節約をしないといけないと思っている人が多いですが、そんなことはする必要はなし。10円や20円をケチって節約した気でいても一向にお金は貯まることはありません。

それだったらきっちり使いたいものには使って、楽しく貯金したいですよね。ダイエットと同じでつらいものは続きません。楽しく節約する必要があるというわけです。ほらなんだかできるような気がしてきませんか?

まずは固定費の見直し。

節約を決めたらまずは固定費の見直しをしていきましょう。携帯の料金プランはあなたに合ったものになっていますか?

きちんと調べてみると意外と大学生の時の電話をすごく使っていた時のプランのままになっていて、今そんなに電話していないなーという人もいるのではないでしょうか。それを見直すだけで2千円位は浮く人も出てくるようです。

またインターネットの基本料金も安いプランに見直してみる必要があります。他にも、使っていないものにお金をかけていませんか?毎月勝手に引き落としされていることの多い、ジムのお金、新聞代、雑誌の定期購読などこの機会に一度見直してみましょう。

次に予算を決めよう。

固定費の見直しが終わったら予算をを決めていきましょう。まずは毎月必ずかかるお金を給料から引きます。そしてまず貯金をする金額を決めていきましょう。貯金する金額は先ほどの固定費で浮いたお金と無理のない範囲で貯金するのがいいでしょう。

初めはボーナスがある人なら毎月1万円とボーナスで4万円貯めていくと年間で20万円貯めることができるのでこのあたりから始めてみてはいかがでしょうか?必ず貯金専用の口座を作ってキャッシュカードを作らないようにしてくださいね。

キャッシュカードを作らないことで引き出しのときには印鑑が必要ですし、平日の銀行営業時間に行かないといけなくなりますから、ちょっとしたことで貯金を諦めないようになります。

まずはここから始めていきませんか?貯金ゼロから早く脱出しましょう!

この記事をシェアする

関連記事