• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

寝室の風水ポイント!風水を取り入れて寝ている間に運気UP

Date:2017.02.16

寝室は、家の中で玄関と同じくらい重要な場所です。寝室は、特に健康運や結婚運に影響があります。

寝室をただ寝るだけの場所だと思って軽視してはいけません。一日の中で一番長い時間過ごす場所でもあり、エネルギーをチャージする場所でもあります。

寝室の環境を整えてしっかり休息をとることで、健康も幸福も手に入れることが出来ます。

また、休息中は無防備な状態になるので、なるべく悪い気を入れないようにしなければいけません。

しかし、多くの人が知らず知らずのうちに休息できない寝室にしてしまっています。

あなたがやってしまっている、寝室の風水NGポイントはどこでしょうか。


【ベッドの位置】効果的に運気を吸収できる財気位がベスト!

ベッドの位置は、「財気位」という部屋の入口の対角に位置する場所に置くのがおすすめです。

財気位には気が集まるので、財気位に頭があると寝ている間に効果的に運気を吸収できるのです。

財気位の場所

  • 部屋の入り口が片側にある場合は、その対角の部屋隅
  • 部屋の入り口が真ん中にある場合は、部屋の両方の角
  • 部屋の角が欠けている場合は、欠けている部分の両側の角

財気位にベッドを置き、自分の吉方位の方角に頭を向けて寝られる場所がベストな位置です。

しかし、ベッドをくっつけている壁の反対側がトイレになってしまう場合は、ベッドの位置を変えましょう。非常に悪い運勢をもたらします。

財気位や吉方位を向いて寝るよりも、その場所を避けることを優先してください。

また、これからご紹介する「寝室のNGポイント」に当てはまる場合も、財気位よりもNGポイントを避けることを優先してください。

【寝室のNGポイント】寝ている間に悪い気を吸収してしまう寝室

寝室の環境が整っていれば、寝ている間に運気を上げられる絶好の場所になるのですが、環境が整っていないと眠っている間にどんどん運気を下げてしまいます。

寝室の風水NGポイント

  • 寝室の位置が凶方位にある
  • 頭を凶方位に向けて寝ている
  • ベッドの頭板の壁の先にトイレがある
  • ベッドが梁の真下にある
  • ベッドが入口の直線上にある
  • フローリングに布団を敷いて寝ている
  • 照明がベッドの真上にある
  • エアコンが枕の真上にある
  • 頭のそばに窓がある
  • 寝姿が映る位置に鏡がある
  • 水槽がある
  • テレビが置いてある
  • 夜に窓を開けっ放しにしている
  • 真っ暗にして寝る
  • ベッドメイキングしないまま外出する
  • ベッドの上で一日過ごす

いくつ当てはまっていたでしょうか。

NGポイントはたくさんありますが、その中でも特に気をつけたいのがベッドの位置と頭の向きです。

ベッドと入口との関係!入口の直線上にベッドがあるとNG

ベッドの位置は、入口から見て対角線の壁に頭板をつける位置に置くのが基本です。

入口は人の出入りする場所なので、入口に頭を向けて寝ると無意識に人が背後にいるように感じてしまいます。

また風水では、入口に足をむけて寝るのは「死人の寝方」になってしまいます。

更に、入口の扉と対面している壁の間真っ直ぐな線を引いた時に、体を横切るのもNGです。

できるだけ入口の直線状にベッドを置かないようにして、どうしても無理なようなら、扉との間に衝立を置くようにして下さい。

梁からは凶作用が降ってくる!ベッドの上に梁や照明がある

梁とは、天井にあるむき出しの骨組みのことです。

通常は天井の板で隠れているのですが、空間を広く見せるためにあえてむき出しにしている場合があります。

風水では「梁からは凶作用が降ってくる」と言われ、むき出しの梁の下で寝ると、寝ている間中その凶作用をもろに受けてしまいます。

また、ベッドや布団の中心から見て真上にある照明もよくありません。

梁や照明の真下で寝ていると、悪夢にうなされやすくなったり胃腸や心臓に不調が出ることがあります。

照明が明るすぎるとリラックスできないので、寝室の照明は少し暗めにしましょう。

照明でもエアコンでも、ベッドの上には何もないのが一番です。寝ているときに、自分の上に何かがあるのは基本的によくありません。

また、寝室に限ったことではないのですが、家具に角などの尖った部分が自分に向いているのもよくありません。形にもエネルギーがあり、その尖ったエネルギーが自分を貫いてしまいます。

陰の気を強め過ぎるNG行動!窓を開けて寝る・真っ暗にする

夏などは暑いからと、窓を開けたまま寝る人も多いでしょう。

朝や昼は、窓を開けて陽の気を取り込まなくてはいけません。

しかし、夜に窓を開けたままだと、夜の陰の気が窓から入ってきてせっかく取り入れた陽の気が出て行ってしまいます。

また、カーテンを二重にしていない場合も、良い気が外に出やすくなってしまうのでよくありません。

カーテンはレースと遮光カーテンとを組み合わせて、しっかり外の気をシャットアウトして下さい。

真っ暗にしないと寝られないという人もいるでしょうが、何も見えないような真っ暗な空間では陰の気が強くなり、陽の気をかき消してしまいます。

【寝室の陰と陽のバランス】

気には陰の気と陽の気があり、陰の気は休息やリラックスをするために必要で、陽の気は活動的な気持ちにさせてくれる気です。

寝るときには、休息のために陰の気がいいのですが、陰の気が強すぎると陽の気が不足し孤独になってしまいます。

陰の気は夜に強くなってしまうので、陽の気とのバランスを取らなければいけません。

ベッドの周囲にあるとNGなもの!寝室はすっきりが一番

自分が好きななものでも、寝室にあると運気を下げてしまうものがあります。

寝室に置いてはいけないものをいくつかご紹介します。

寝室に置いてはいけないもの

  • 鏡(寝姿がうつる場所)
  • テレビ
  • ぬいぐるみ・人形
  • 植物(多いとNG)
  • 水槽

寝姿が鏡にうつってしまうと、せっかく吸収した運気が鏡の中の自分に吸い取られてしまいます。

テレビの画面も鏡と同じです。これらは寝姿がうつらない位置に移動させるか、寝るときには布やカバーをかけるようにしてください。

ぬいぐるみや人形も、人が吸うべき気を吸い取ってしまうので置かないようにしましょう。

植物は1つだけならいいのですが、あまり多く置くのはおすすめできません。

昼間は悪い気を吸収して良い気を発してくれる植物ですが、夜は人間と同じように二酸化炭素を出すので、多すぎる植物は寝室には向きません。

寝室に水に関する置物を置くと、お金や恋人など大切なものを失うといいます。

水分補給のためのペットボトルなどは大丈夫ですが、水槽などの水の置物は寝室に置かないようにしましょう。

ベッドの上でダラダラしない!生活のメリハリを大事に

ベッドメイキングをせず、寝具が乱れたままだと悪い気がとどまってしまいます。

またベッドメイキングは、夜の気をリセットして活動をする朝に切り替えるために必要なことです。

この切り替えうまくできないと、健康運と才能が下がりやすくなってしまいます。

同じく、ベッドの上でずっと過ごしていたりベッドの上で食事やテレビを見るなど、TPOが入り乱れた生活を送ってしまうと、健康運だけでなくすべての運が下がってしまいます。

休日でも、メリハリをつけて過ごしましょう。

【寝室の開運ポイント】寝ている間に運気を上げる!

寝室で運気を上げるには、余計なものは置かずに清潔に保つのが一番です。

開運ポイント

  • ベッドの頭板を壁につける
  • 枕元に物を置かない
  • ベッドの下には不要なものは入れない
  • シーツやカバーをこまめに洗う
  • 朝は窓を開ける

ベッドの頭板が壁についていないと、気が不安定になります。

しかし部屋の隅っこにベッドを置いてしまうと、気の巡りが悪くなるので側面は15㎝以上離すようにしましょう。

気は頭の方から入ってくるので、頭の周囲に物があるとその気の妨げになってしまい、新しい気が入ってきづらくなります。

もし、ヘッドボードがあって物を置くスペースがあったとしても、そこには物を置かないようにしてください。

ベッドの下は基本的には物を置かないようにして、ホコリが溜まらないように常にきれいに保っておきます。

ベッドの下にも気が流れるので、ベッドの下が汚れていると寝ているときに悪い気に包まれてしまいます。

しかし、ベッドの下に備え付けの収納がある場合は、中をキレイに整理整頓しておくと良い気がそれらに宿ります。

体から出た汚れには悪い気がたまりやすいので、シーツやカバーなどの寝具はこまめに洗って日に当てるようにしましょう。

【布団カバーの色柄】落ち着ける淡い色をチョイスして!

色は、濃ければ濃いほど陰の気が強くなります。

ですから、シーツやカバーの色は原色や濃い色は避けて温かみのある色を選びましょう。

また、色の持つ効果を利用するのもおすすめです。

  • 人間関係運…淡いオレンジ、ドットとの組み合わせが吉
  • 金運…パステルテルイエロー、光沢のある質のいいものが吉
  • 家庭運…サーモンピンク、花柄との組み合わせが吉
  • 恋愛運…淡いピンク、ハートや花柄との組み合わせが吉
  • 健康運…パステルグリーン
  • 仕事運…青色、ストライプや星柄との組み合わせが吉

色や柄にあまり拘らずに、自分の好きな色や落ち着けるものを探してみてください。

寝ている間に運気をためる!自宅の寝室をパワースポットに!

寝室を整えるだけで、寝ている間に運気がたまります。

逆に、寝ているだけで不健康になったり運気を下げてしまっている人もいるでしょう。

順風満帆で、“風水なんて気にする必要がない!”という人は知らずにすごす方が幸せかもしれません。

しかし、「なんだかうまくいかない、最近いいことないな」と思う人は、自分の部屋を風水の観点から見直してみるのもいいかもしれません。

家の間取りや環境でどうにもできない部分もあるかもしれませんが、出来ることだけでも是非やってみてください。

この記事をシェアする

関連記事

コメント