• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

運が良くなる法則とは?運気を上げて幸せオーラ漂う女になろう!

Date:2014.09.28

何をやってもうまくいく人もいれば、やることなすことうまくいかない人もいます。運が良い人と運が悪い人はいったい何が違うのでしょうか。運の良し悪しは生まれつき決まっているのでしょうか。いいえ、そんなことはないはずです。

幸運とは神様からのご褒美のようなものだ、と考えてみるとわかりやすいかもしれません。運が良い人の考え方、行動、習慣には、神様にほめられるべきポイントがあるのです。

運が良い人の運気を上げる行動とはどんなものか、筆者が実際運が良くて仕方がなかった時期の自分の行動も照らし合わせ、お勧めの方法を紹介します。

とにもかくにも感謝の心

運が悪い人にすれば、「こんなに何もかもうまくいかないのに何に感謝しろっていうの!」と言いたいところでしょうが、どんな状況でも何かひとつは感謝できるところがあるはずです。

まずは、仕事があることにでも、住む家があることにでも、生きていることにでも、何でも良いのです。

今日が無事に終わったことは、自分以外の何かのおかげだと感謝する気持ちを持てば、不思議と感謝された自分以外のものから、良い気が舞い込むようになったりします。

騙されたと思って、毎朝、感謝することから一日を始めてみてください。口先だけでなく、心から感謝の気持ちを持ってみてください。

人も物も粗末に扱わない

そこここに神様はいる、と思ってみてください。消しゴムひとつ、粗末に扱うことはできないはずです。自分の持ち物ひとつ、新しく出会うものひとつひとつを大切にしてください。

物だけでなくもちろん人も。自分にとって有益な人だけでなく、通りすがりの人にも、二度と会わないかもしれない人にも、誠実に、親切に接してみてください。どこをどう巡り巡って自分の元へ帰ってくるかわかりません。

選択に迫られたら、大変そうだと思う方を取る

楽をしようとする者を神様はほめてはくれません。何かを選ばなくてはいけないとき、引き受ける引き受けないを決断するとき、難しそうな方、大変そうな方をあえて選ぶようにしてみてください。

不思議とその結果が良い方へ転んだり、そのことがきっかけで物事が良い方へ動き始めたり、頑張る自分へのご褒美であるかのように運が向いてきます。

人も自分も好きになる

周りの人も、自分のことも、うんと好きになってください。良いところをたくさん見て、悪いところは寛大な心で許して、どんな人でもどんな自分でも「好き」という気持ちからスタートしてみてください。

周りの人への好意は隠さないこと。相手がどうであれ、自分は好意を持って接する。「好き」のオーラのパワーはかなりの力強さを持っています。好かれて悪い気がする人は少ないもので、「好き」オーラを漂わせて接する人の周りにはどんどん人が集まってきます。

人の集まる楽しい雰囲気の場所には神様も集まってくるのでしょうか。それとも周りの人々が運を運んでくれるのでしょうか。いつの間にか、楽しい出来事やラッキーな出来事が増えていきます。

部屋も自分も清潔にする

部屋をきれいにすると運気が上がるというのはよく聞きますね。ピカピカにしたり、換気をしてきれいな空気を取り入れたり。

風水なども掃除が基本ですね。ラッキーカラーの物を配置するだけで運気を上げられるのかな~と気楽な気持ちで始めると大変です。家中を掃除して回らなければいけないものだと気づき、風水の大変さを思い知ります。

澱んだ空気、埃、ごみなどは運気を下げてしまいます。不要な物が山積みになっているのもよくありません。いらない物は処分して、良い気が通れるように、幸運が住みついてくれるように。そして、自らも身ぎれいにして、良い気を身にまとうようにしましょう。

常に笑顔を忘れない

「笑う門には福来る」の言葉通りに、笑顔でいれば運が寄ってきます。人も神様も、楽しそう、幸せそうな人の周りに集まるのです。楽しくないのに笑えない!という人も、まずは笑顔から始めてみてください。

笑っているうちに、脳が「楽しくて笑っている」「幸せな気持ちだから笑っている」と勘違いして、本当に明るい気持ちになっていきます。そうなったらこっちのもの。その楽しい気持ちをどんどん振りまいて、幸運を引き寄せてください。

あれこれする元気がない人は

悪い気にまとわりつかれてとても自らあれこれ行動する気になれない、という元気のない人は、まずはパワーストーンを身につけたり、パワースポットに出かけたりしてみてはどうでしょうか。

気を集めてくれる水晶系のパワーストーンを身につけて、気の満ちている場所へ出かけると元気も沸いてくるかも。

水晶には右巻き、左巻きがあるそうで、右巻きのものは気を放出し、左巻きのものは気を集める働きがあるとか。左巻きの水晶を身につけて、良い気をたっぷり集めて、まずは何かをしようと思う気力を得たいですね。

たとえ運が良くならなくても

いくつかの運気を上げる方法を紹介しました。ほかにもたくさんあると思いますし、人によって向き不向きもあるかと思います。苦手なことは無理にしなくても、自分にあった方法を見つけると良いのではないでしょうか。

私は掃除が苦手なので部屋はあまりきれいではありませんが、その他の方法で運に恵まれていた時期がありますので、あれもこれも出来なくても平気です。

たとえ運が良くならなくても、いろいろと頑張ることは自分にとってマイナスにはなりません。人から良く思われることばかりですし、頑張り屋な自分、プラス思考な自分、いつも笑顔の自分など、以前の自分よりも愛すべき自分になっているでしょう。

この記事をシェアする

関連記事