• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

趣味に気分転換でダイエット!運動不足に効く散歩の効果

Date:2013.06.25

近頃は暖かくなり、街を散歩する人もちらほら見え始めましたね。中にはスポーツウェアで本格的にウォーキングやジョギングなんて方もいらっしゃいます。

ついつい用事もないのに外出してみたりなんて事もあるでしょう。でも、外に出て春の陽気を感じるのは良いものですよね。

今回は散歩について、その楽しさや日常生活のメリハリや気分転換にも効果的なところを紹介したいと思います。

散歩のメリットについて

散歩のメリットは、有酸素運動が気軽に出来るところです。ウォーキングまで本格的なダイエットではないですが、体力維持や体系維持にもなりますし、デスクワークなどで運動不足の方には始めやすい運動ではないでしょうか?

そして、街の風景や季節の移り変わりを感じられる事です。春の風を肌で感じたり、夜の冷たい風も気持ちいいものです。暖かな昼間の散歩と静寂な夜の散歩もまた、同じ道でも風景が違って楽しいですよ。

昼の散歩の良いところは?

昼の散歩の醍醐味は、やはり季節を感じられる事でしょう。公園などに向かえば、春は桜、夏は真っ青な空と青々とした木々、秋は落ち葉など、冬は雪が降れば誰かが作ったであろう雪だるまを見るのも楽しいものです。

車や自転車ではゆっくりと見れない普段の景色を改めてみると、気づかなかった小道や小店など新しい発見もあります。

夜の散歩の良いところは?

夜の散歩の違いは、まず紫外線を浴びません。無防備で散歩しても紫外線対策に気を使わない事でしょう。そして昼間に比べ空気が澄んでいます。特に冬などは、照明がないポイントに行くと星空がとてもきれいです。

寒い日でも歩いているうちに暖かくなってしまうので、さほど気になりません。そればかりか、寒い日に散歩すると、お肌の毛穴が引き締められツルツルになります。これはちょっと驚きます。

さらには、昼に比べると視覚の情報が少なくなりますよね。すると頭がとても周ります。普段の悩みや煮詰まってたものがクリアになったりヒラメキが起きたりします。

身体と頭は運動神経が連動していますので相乗効果で良い様です。しかし何故か昼より夜の方が思考が周り、それも良い方に考えが周ります。

どうせ散歩をするなら、昼と夜どちらも試してみてはいかがでしょうか?

散歩の注意点

昼の場合は、紫外線対策をきちんとしましょう。夜の場合は、防犯対策として人通りや車通りの多いところで散歩しましょう。もしくは二人以上でとか人通りがまだある時間帯にしましょう。お住まいの地域が防犯に不安であれば、夜は避けた方が良いでしょう。

大勢でぞろぞろ夜散歩をするのも何だか楽しそうで良いですね!

この記事をシェアする

関連記事