• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ウーロン茶でダイエットする秘訣は、飲む量とタイミングが重要

Date:2014.05.09

af9940078597l

ウーロン茶は今では定番の人気飲料となっています。もともとウーロン茶とは、摘み取った茶葉を醗酵させる過程で熱を加えてあえて醗酵を中断させ、途中まで醗酵させた状態のものを使う中国製法のお茶の事です。

食事中の余分な脂吸収を抑え、また中性脂肪の上昇も抑えるという事で脂っこい中華料理に大変合うという事から日本でも人気となりました。最初はあの独特の味と香りから敬遠する人も多かったのですが、いまでは日本人でも飲みやすいようにマイルドな味となっています。

ウーロン茶は脂肪排出に効果があるという事で、ダイエットにはぴったりです。しかしこのウーロン茶、実は飲むタイミングによってはほとんど効果のない場合や胃にもよくない事をご存知でしたでしょうか?

食事中に飲用するべき

ウーロン茶の脂肪の吸収を抑える働きは、あくまで食べ物が胃に入っている時だけです。という事は、食事中にその効果を発揮する訳ですね。

胃や腸から脂肪が吸収されるのを防ぐのであって、もともと身体に蓄えてしまった脂肪分解をするわけではありません。これを誤解して空腹時にウーロン茶を飲みすぎてしまうのは、胃に負担をかける事になります。

空腹時のがぶ飲みはNG!

ウーロン茶に含まれるカフェインやタンニンは、胃液の分泌を促して消化を助けます。そのため、空腹時にさえダイエットのためとばかりにがぶ飲みしてしまうと、からっぽの胃に胃液ばかりが分泌される事になります。

その結果、胃のムカつきや不快感を発症する事になります。カフェインが多く含まれるコーヒーを空腹時に飲むと気持ち悪くなる事がありますが、それと同じ事なのです。

空腹時にあまり胃酸の働きを活発にさせる習慣が続くと、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの症状を発症させてしまう事もありますので注意が必要です。いくらダイエット中だからと、空腹時にまでウーロン茶ばかり飲まないようにした方がよさそうです。

昔こんな人がいました

昔、ある有名なバンドチームのボーカリスト(男性)が、このウーロン茶で10Kg以上痩せた事をライブで語っていました。ちょうどウーロン茶がダイエットにいいと、日本でも人気が出始めた頃です。

但し、そのボーカリストはウーロン茶を飲んでいた間はよくお腹がゆるくなってしまい、そのせいで痩せたと言っていました。今思えば、たぶん痩せたい一身で一生懸命がぶ飲みしていたのかもしれません。やはりウーロン茶は、食事中か食後すぐに飲むのがいいようですね!

この記事をシェアする

関連記事