• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

一人カラオケの魅力と楽しみ方!楽しくてストレス発散も

Date:2017.07.03

あなたは「ひとりカラオケ」、経験した事がありますか?

まだ未経験の人の多くは、こんな心配をしているのではないでしょうか。

「1人でカラオケなんて恥ずかしい」

そんな、もったいない!その理由だけでひとりカラオケを楽しまないなんて、もったいなすぎです!

ひとりカラオケは1人だからこそ楽しめる魅力がたくさん。そもそも最近では、略してひとカラなんて言葉もよく聞かれるくらいひとりカラオケを楽しんでいる人が多く、全然恥ずかしい事なんかじゃないんです!

今回はひとりカラオケの魅力と楽しみ方を紹介します。読んだら早速行きたくなっちゃうかも。お近くにカラオケ店を調べておいてくださいね!


選曲に気を遣う必要なし!好きな曲を何度でも歌える

気の置けない友人と楽しむ事が多かった学生時代はそこまでではなくても、大人になり職場などの付き合いで行く事が増えると、カラオケは選曲に気を遣いませんか?

カラオケは複数人で行くと、楽しい空間を共有するという目的が強くなります。そのためみんなが盛り上がって楽しめる、またはその場の雰囲気に合った曲を選ばないといけない気分になってしまう場合が多いのです。

年甲斐もなくアイドルの曲を歌わされたり、何十年も前のデュエット曲を歌わされたり。

カラオケは好きなのに、大勢で行くと歌いたい歌が歌えなくて消化不良!なんて事もあるのではないでしょうか。

その点ひとりカラオケの場合は、自分の好きな曲を選べます。

  • マニアックな曲なマイナーな曲
  • 思いっきりしっとりとしたバラード(誰かがいると意外と歌いづらいものです)
  • 演奏時間が異常に長い

このように、誰かがいれば敬遠されるような曲も選べます。しかも何回歌っても良いんです。好きな曲を何度でも思い切り歌える、これは相当気持ち良さそうですよね。

練習できる!何度も歌う&1人ならではの練習方法で上達が狙える

好きな曲を何度でも歌えるので練習になります。そしてせっかく1人なら、ぜひ試して欲しい練習方法もあります。これを実践すればさらなる上達が狙える事間違いありませんよ。

  • 採点機能
  • スマホで録音
  • 立って腹式呼吸
  • ハモリパートの練習

採点機能を使えば自分の歌を「目」で確認できる

採点機能を使えば、歌い終わった後に自分の歌の点数を出してくれるので、客観的に上手さ度合を知る事ができます。

そして得点と共に、どこが良かったのかまたは気を付ければ良いのか教えてくれるので、その内容を練習に生かす事ができます。

点数だけではなく、歌っている時に音程のガイドを出してくれる機種もあります。自分の音程を目で確認できるので、ズレもすぐに気がつけるようになります。

また、歌が上手く聞こえるためには

  • リズム
  • 抑揚(音の大小)
  • ビブラート(音を細かく上下に震わせるテクニック)
  • しゃくり(少し低い音をまず発声してから、本来の音まで引き上げていくテクニック)

これらの要素を上手に取り入れる事が大切になってきます。採点機能ではこれらも採点してくれるので、細かい要素も気をつけながら何度も練習ができて上達に繋がります。

好きな曲以外にも、まだ全然歌えない歌や新曲を歌えるように練習する事もできます。

スマホで録音して客観的に自分の歌を聞いてみよう

客観的に自分の歌を聞くことも、上達に繋がります。録音はスマホの録音機能で十分。自分の歌を客観的に聞いて、音程やリズムがちゃんと取れているか確認しましょう。

歌っている時は「意外とうまいかも」と思っていても、いざ録音した自分の歌を聞いてみるとがっくり、なんて事もよくあるもの。音痴の人はことさら、歌に自信のある人でもよくある事です。

それだけ歌いながら自分の歌をちゃんと聞くのは難しいものなのです。

人目を気にせず立って歌おう!腹式呼吸で正しい方法が身につく

歌を上手く歌うには腹式呼吸が大切というのは良く知られていますね。腹式呼吸は座るより立って歌った方がしやすいのですが、複数人で行くと周りの目が気になって座って歌う場合が多いのではないでしょうか。

1人の場合は立って、腹式呼吸ができているか意識して歌いましょう。

上級者はぜひ!ハモリパートを練習すればみんなで行くカラオケも大盛り上がり

カラオケ上級者にぜひおすすめしたいのが、ハモリパートの練習です。

ハモリパートが歌えると、聞く方は聞きごたえが出るうえに、ハモってもらう方も気持ち良く歌える等、大勢で行くカラオケの場で披露すると一目置かれる事間違いありません。

主パートのガイドボーカルをオンにしてハモリパートをオフにして練習するか、ハモリパート練習用のコンテンツがある機種もあります。

練習とは別に、単純に採点機能で高得点を目指して楽しむ!

採点機能を使って練習すると上達に繋がると説明しましたが、練習という目的を持たなくても、高得点を狙うのは単純に楽しいものです。

そもそも複数でカラオケへ行くと、中には採点機能を嫌がる人も結構います。時間も貴重なので、採点にかかる時間も惜しかったりして採点機能を使わない事も多いのではないでしょうか。

なので、1人の際には採点機能をぜひ使ってみて。

同じ曲を何回か歌ううちに点数が上がっていったり、十八番だと思っている歌を採点して実力を試してみたり。また、普段あまり歌わない歌に高得点が出たりと、自分では気が付かない歌いやすい歌を知る事もできたりします。

ゲーム感覚で高得点を目指したり、自分の得意不得意な歌を客観的に知る事ができるのも楽しいものです。

楽しい!豪華!1人カラオケ専門店はとにかくすごい

1人カラオケ専門の店舗があるのはご存知でしたか?専門とだけあって、1人でカラオケが楽しめる工夫が盛りだくさんなんです。

ヘッドホンやコンデンサーマイクで歌う事ができて、気分はまるでプロの歌手のレコーディング。部屋によってはドラムをたたく事ができたり、飛行機のコックピットのような部屋で歌う事を楽しめたり。

飲み物はドリンクバーで調達し、終了時間も画面に表示されるので、カラオケの最中に店員と顔を合わせたり電話で中断される心配も一切ありません。

扉にはオートロックがついていたり、パウダースペースがあって女性が安心して楽しめる配慮があるお店も。

まだ1人カラオケ専門店は少ないですが、通常の大手のカラオケ店でも1人カラオケ専用部屋を設置する店が増えています。

どのお店も1人で楽しめる工夫がされているので、色々と試してみると面白そうです。

好き勝手歌いまくりが可能だからストレス解消&ダイエットにも!

思いっきり声を出す事は、ストレス解消にもってこい。誰かいると歌いづらいシャウト系の曲も1人なら気兼ねなく選曲できます。

なんならシャウト部分やサビだけ歌って後は中断、なんて自由な楽しみ方もできるのです。

また、カラオケでは一曲平均10キロカロリーを消費できると言われています。10曲歌えば約100キロカロリーの消費に繋がり、これは約25分のウォーキングに匹敵します。

カラオケ中の飲み物に気をつければちょっとしたダイエットにも役立ちそうですね。

▼カラオケダイエットについてはコチラも参考にしてください!

いざ、ひとりカラオケ!その前に知っておいて欲しい事。おすすめの時間帯など

早速ひとりカラオケをしたくなってきた人もいるのではないでしょうか。でもちょっと待ってください。実際に利用する前に、ぜひ知っておいて欲しい情報があります。

おすすめの時間帯は平日オープン直後から14時くらいまで。混む時間は避けて

まずはおすすめの利用時間帯。カラオケの店員さんは、普段お客が1人でカラオケに来る事自体はなんとも思わないそうです。実際最近ではひとりカラオケを楽しむ人がとても多いので、いちいち気にならないのだとか。

しかし、混んでいる時間帯ともなれば話は別。もし「1人です」なんて受付で言おうものなら、「常識がないな…」と呆れられてしまう可能性も。

カラオケの料金体系は多くの場合、「1部屋いくら」ではなく「1人いくら」なので、1人で部屋が埋まるのと5人で部屋が埋まるのでは利益に大きな差が出ます。混んでいる時間帯は1人で来る客よりも、大勢で来るお客を優先させたくなる気持ちは安易に推測できますよね。

平日の夕方以降や土日祝日などの休日は避けて、お客が少ない平日のオープン直後から14時くらいまでの時間帯を狙って利用するのがおすすめです。この時間帯は実際にひとりカラオケを楽しんでいる人がたくさんいますよ。

仕事をしていて平日はどうしても無理な場合は、休日のオープン直後は比較的空いているのでおすすめです。平日は深夜も空いていますが、女性1人で利用する事を考えるとおすすめできません。

おすすめの利用時間は1~2時間!1人なら短くてもたくさん歌えて大満足

利用時間は、1時間から2時間で満足する人が多いようです。「1時間?短いなぁ」と思うかもしれませんが、1人で歌い続けるとかなりの曲が歌えるので、それ以上は逆にきついという人もいるほどです。

とはいえ、1人なので好きなタイミングで休憩をとってももちろんOK!休憩を何度も取りながらフリータイムを満喫する人もいるようです。

ちょっと空いた時間に1時間だけでも満足できますし、暇な日はゆっくり自由に楽しむ。利用時間においても、1人ならではの自由な楽しみ方が魅力です。

お店によっては1人ではフリータイムは使えない場合もあります。事前にチェックしておくと良いですね。

部屋を出る時は貴重品に気をつけて!盗難に注意

1人という事で気を付けて欲しいのが、部屋を空ける際。当然誰もいなくなってしまうので、貴重品をそのままにしてしまうと、盗難の被害にあってしまう可能性があります。

お手洗いやドリンクをさっと取りに行くくらいならと思うかもしれませんが、盗る側はそのような油断を狙っているものです。万が一の為にも、貴重品は部屋に残さないようにしておきましょう。

カラオケ店によっては、トイレやドリンクバーが別フロアにあったり等で近くにない場合もあります。部屋から出る回数を減らすためにも、トイレは先に済ませておいたり、ドリンクはまとめて持ってくるなどの工夫をすると良いかもしれません。

行きたい!だけどやっぱりちょっと恥ずかしい人のために

ものすごーく行きたいんだけど、やっぱりちょっと恥ずかしいな…と思う人もまだいるかもしれませんね。

そんなあなたが気にしているのは、恐らく「店員さん」の事ではないでしょうか。

受付で「1人」なんて言うのも恥ずかしいし、歌っている途中で飲み物とか持ってこられたら恥ずかしい。

もしそれが原因なら、全然心配要りません。今すぐひとりカラオケへ行く準備をしてください!

10年ほど前の話ですが、学生時代に私の友人が、次の授業まで2時間ほど時間があるからと1人でカラオケへ行った時の話。

やはり受付が恥ずかしかったので「デビュー前の歌手がカラオケで練習させられる」体を装うために、レコード会社のような適当な社名で領収書を書いてもらったとのこと。

店員がドリンクを持ってくるまでは、携帯電話でマネージャーとおぼしき人と話をしている体を装ったとのこと。

これを聞いた私は大笑いでしたが、今思うと当時は1人でカラオケがいかにハードルが高かったか分かります。しかし先にも説明したように、最近は1人でカラオケを楽しむ人が本当に多くなったので、こんな心配は微塵もしなくて大丈夫なのです。

実際空いている時間帯に行けば、「ひとカラ」の確立は利用者の半分近くのぼるのではないでしょうか。いまや「ひとカラ」は市民権を得て、店員さんにとって「1人」は普通です。

ただししつこいようですが、時間帯には気をつけてください。空いている時間に行きさえすれば、なんとも思われる事はありません。

受付さえクリアしてしまえばもうこっちのものです。受付だって一回目は少しドキドキするかもしれませんが、2回目以降は余裕なはずです。

ドリンクは、最近はほとんどの店舗がドリンクバーです。店員さんが途中で入ってくる心配もないので、思い切り自由気ままにひとりカラオケを楽しみましょう。

最高のエンターテイメント、ひとりカラオケを始めてみよう!

ここまでひとりカラオケの魅力と楽しみ方を紹介してきましたが、いかがでしょうか?

1人でカラオケ?なんて思っていた人も、1人ならではの楽しみ方がある事を知って、むしろ1人で行ってみたいという気分に変わったなら嬉しいです。

1人旅、1人焼肉、1人遊園地。最近では1人でも楽しめる娯楽が本当に増えました。誰かと楽しい時間を共有するのはそれはそれでもちろん幸せな事ですが、1人で自由きままに好きな時間を過ごすのもまた幸せな時間です。

周りの目が気になる。そんな声も聞こえてきそうですが、その点1人カラオケは完全に個室なので大丈夫。

誰の目も気にせず、好きな歌を思いっきり好きなだけ。ただでさえストレスフリーな環境のうえ、大きな声で歌う事で溜まっていたストレスもすっきりリフレッシュ。最高のエンターテイメントではないでしょうか。

「歌うのは好きだけど人前では自信がない」「大勢で行くと好きな歌が歌えなくて消化不良」な人はもちろん、「大勢で行くカラオケも盛り上がって大好き!」という人も。

1人ならではの楽しみ方で思いっきり楽しめるひとりカラオケ、ぜひ思いっきり楽しんでみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント