• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ブラジリアンワックスとは?その効果とメリットとデメリット

Date:2017.06.20

海外セレブにも人気というブラジリアンワックス。

  • 日本ではまだまだメジャーな脱毛方法ではありませんが、1度やってみると、クセになるという人も。

ブラジリアンワックスにちょっと興味があるんだけど、

  • 普通の脱毛とはどう違うの?
  • 効果はどのくらい続くの?

と詳しく知りたいと思っている方へ、ブラジリアンワックスの効果やメリットについてご紹介します。


ブラジリアンワックスがどんなものかおさらい

ブラジリアンワックスとは、温めたワックス(ジェル)を薄く塗ってシートを貼り脱毛する、ワックス脱毛の一種です。

欧米ではポピュラーなアンダーヘアの脱毛方法で、ブラジル人女性が布の小さなビキニやTバックのビキニを着るためにアンダーヘアの脱毛をしていたことからその名がついた、とも言われています。

日本ではあまりデリケートゾーンの脱毛はメジャーではないのですが、徐々に人気が高まってきています。

肌に優しい天然素材のワックスを使う

ブラジリアンワックスで使うワックスは天然素材やオーガニックにこだわったものが多いので、肌にやさしい成分で出来ています。

元は砂糖やはちみつ、水などから作られているのでワックス自体は肌を傷めるようなものではありません。

脱毛テープと同じようなもの

基本的には、すねや脇を脱毛する時に使う脱毛テープと同じような方法でむだ毛を抜きます。

毛根を殺さない、自然な脱毛方法だといえますね。

永久脱毛は出来ない

脱毛とはいっても、毛根は生きています。ですから、徐々に生えにくくなっていくことはあっても、全く生えてこなくなることはありません。

「永久脱毛」は医療レーザー脱毛でしか謳えないことになっていますから、それ以外の方法では出来ないということは覚えておいた方がいいでしょう。

デリケートゾーン以外も出来る

ブラジリアンワックスというとデリケートゾーンだけだと思っている方も多いのですが、それ以外の部位でも出来るんです。

特に顔脱毛ですね。

  • 目の周り
  • 鼻の中
  • 唇の際

など、脱毛をしにくい部位もできてしまいます。

基本的には脱毛できない部分はありません。どこでも脱毛できてしまうというのもブラジリアンワックスの魅力です。

痛いのにクセになる感覚

痛そうというイメージがあるかもしれませんが、意外とファンが多いのがブラジリアンワックス。

  • ごっそり抜ける感覚
  • 抜いた後のツルツル感

がクセになるようです。

ブラジリアンワックスの3つの効果

永久脱毛は出来ないものの、医療レーザー脱毛や光脱毛(フラッシュ脱毛)にはないメリットもあります。

1.一瞬でキレイになれる即効性

明日このムダ毛を何とかしたい!という時に役に立つのがブラジリアンワックスです。

一時的な脱毛方法ではありますが、一瞬でツルツルになりますから、カミソリで剃るよりキレイに仕上がるんです。

見えるところはとにかく数日だけでもキレイにしたい、という方におすすめの方法です。

2.毛が細くなったと感じる

ブラジリアンワックスは1度毛根から抜いているので、その後に毛が生えてくるとしても先が細い毛が生えてきます。

ですから、もう1度生えても全体的に薄くなったように感じるんですね。

何度か繰り返せば生えてくる毛の先がすべて細くなるわけですから、全体的に細く少なくなったように見えますね。毛自体も柔らかくなったと感じる人も多いようです。

3.デリケートゾーンを清潔に保つ

欧米の女性がアンダーヘアの処理をするのは、見た目の問題もありますが、IラインやOラインの処理はデリケートゾーンを清潔に保つためでもあるんです。

毛が長いとどうしても雑菌が繁殖しやすくなりますし、それが臭いやかゆみの元にもなります。

女性は特に毎月の生理で蒸れやすくなっていますから清潔に保ちたい部位ですよね。

ムダ毛を処理しておくと、そういったデリケートゾーンの悩みも解消できるんです。

ブラジリアンワックスの持続期間

スベスベ、ツルツルの状態が維持できるのは2~3週間ほどだと言われています。

個人差がありますが、アンダーヘアの伸びが1日に0.2mmくらいなので、10日経てば2mmくらいになるという計算ですね。

2週間くらいするとちょっと伸びているのが分かる程度になるという感じですね。

最初の1~2回は毛周期が整っていないので効果の持続期間も短く、早めに生えてくる傾向があります。

それは、最初に抜いた時に、まだ表面に生えていなかった毛が生えてくるからです。

何度か繰り返せば生えてくるまでの時間を遅くすることが出来るようになるので、徐々に効果が持続するようになるでしょう。

ワックスの種類が違っても効果は変わらない

ワックスは色々な種類がありますが、毛や肌の質に合わせて選べば良いでしょう。

ひとつは、1cm程度のムダ毛の脱毛におすすめのソフトワックス。柔らかいワックスで水性と油性がありますが、初心者には水性のワックスがおすすめです。

それは水性なので、自分でやる時に脱毛したくない部分についてしまった場合でも水で洗い流すことが出来るからです。手やお腹、脚など広範囲の脱毛をしたい時に適しています。

もうひとつはハードワックス(油性)です。2mm程度の短い毛でも脱毛することが出来ますが、かなり高温で溶かすので、慣れていないとやけどの危険もあります。

ただ、ソフトワックスよりも粘着力が高いので、確実に脱毛できると人気のあるワックスでもあります。サロンでのVIO脱毛はハードワックスが使われていることが多いです。

鼻毛やVIOなどの部位に向いていますが、敏感肌の人には少し刺激が強いのと、松やにアレルギーのある人は使えません。

ワックスの種類が変わっても持続効果は変わらないので、その部位に適したワックスを使うことでムダ毛を残さず確実に脱毛することができます。

ブラジリアンワックスを選ぶメリット

色々ある脱毛方法の中で、あえて痛そうなブラジリアンワックスを選ぶメリットについてまとめてみました。

続けるほど効果が長持ちする

レーザー脱毛などと違い、毛周期を無視して成長途中の毛もすべて抜いてしまうので、次の毛が生えてくるまでの期間も長くなるというのがブラジリアンワックスのメリットです。

ですから、実際には永久脱毛ではないのですが、続けるほどに生えにくくなったと感じる人が多いようですよ。

レーザー脱毛では処理できない毛も脱毛できる

レーザー脱毛は永久脱毛が出来るものの、メラニン色素に反応する仕組みを利用したものなので、色素の薄い毛には反応しにくいというデメリットがあります。

ブラジリアンワックスはもともと、金髪で光脱毛やレーザーができない外国人が利用していた方法ですから、これまで脱毛サロンでは脱毛できなかった人でも出来るというメリットがあります。

しかも、レーザーや光脱毛は日焼け厳禁ですが、ブラジリアンワックスは日焼けしていても出来ますし、うぶ毛のような細い毛でもOK!

これまであきらめていた人も、ブラジリアンワックスならどの部位でも脱毛は可能です。

Iラインのお手入れが簡単

Iラインというのはセルフケアするのもなかなか難しい場所ですね。電気シェーバーだとどうしても剃り残しが気になりますし、見えにくいのでカミソリは危ない!

ブラジリアンワックスなら、見にくい場所ではありますが、シートをきちんと貼ることが出来ればはがすだけなので、比較的セルフでも上手にできる脱毛方法です。

また生えてくるというメリット

永久脱毛は1度やると取り返しがつきません。若気の至りですべて脱毛してしまった場合、温泉などで恥ずかしい思いをするということもあります。

日本ではまだすべて脱毛している人はごくわずかですから、ちょっと目立ってしまいますよね。

また、一部の脱毛だったとしても、レーザー脱毛だと形が失敗した時もどうしようもないですが、ブラジリアンワックスならまた生えてくるので、形も変えられます。

ハイジニーナもできるし、また生やすことも出来るので、「生えてくる」ことがメリットの一つなんです。

ブラジリアンワックスのデメリット

なんだかいいことづくめのように感じるブラジリアンワックスですが、デメリットはないのでしょうか。

毛を一度に抜くんだから痛い!

毛を抜くわけですからやっぱり痛みがあります。痛みに弱い人は、一瞬とはいえかなり痛みを感じるでしょう。

特にVIOは皮膚がデリケートですから、痛みを感じやすいところでもあります。

ただ、やはり個人差があって、我慢できないほどの痛みではないと感じている人も多いです。

むしろ、脱毛後のツルツル感を知ってしまうと、痛みなど一瞬のことなので全く平気、という人もいますから、あまり試す前から痛みのことは気にしなくてもいいかもしれませんね。

アフターケアをしないと埋没毛の危険

毛根から抜くので、アフターケアをしっかりしておかないと埋没毛ができる可能性があります。脱毛した時に毛穴から出血してしまうことがありますが、これ自体は仕方のないこと。

ただ、放置すると血が固まってかさぶたになって毛穴を塞いでしまうことがあります。

また、多少なりとも毛穴やその周辺に炎症が起きていますから、それを鎮めておくことが大事。

その炎症が元で毛穴を塞いでしまうことがあるので、タオルで冷やしたりしっかり保湿することが必要です。

ただし保湿は水分の多いものがおすすめ。油分の多いクリームだとそれが毛穴を防いでしまうことがあるからです。

これらのアフターケアをしっかりすることで埋没毛を防ぐことが出来るでしょう。

肌が弱い人には向いていない

無理矢理シートで引き抜くので、どうしても皮膚も一緒に剥がれてしまいます。肌へのダメージは大きいので、敏感肌の人には残念ながら向いていません。

また、繰り返すことで肌に黒ずみが出来る可能性もあります。

ツルツル感は群を抜いていますが、肌トラブルが起きやすい脱毛法でもあるので、保湿などアフターケアがとても大切になってきます。

光脱毛やレーザー脱毛をしている場所には出来ない

光脱毛やレーザー脱毛をしている途中の場所にブラジリアンワックスはできません。

できないというよりは、やってしまうとこれは、せっかくお金をかけてやっているレーザー脱毛などが無駄になってしまうためです。

レーザー脱毛などと併用できないということではなくて、ブラジリアンワックスで毛根から抜いてしまうと光やレーザーに反応するもの(メラニン色素のある毛根)がなくなるので、効果を得られなくなるということです。

たとえば、絶対にいらない部分はレーザー脱毛で、Vラインのデザインはブラジリアンワックスで、と使い分けるというのもひつとの方法です。

ブラジリアンワックスを試してみたい人へ

ブラジリアンワックスは、専用のサロンでやってもらう方法と、自分で脱毛セットを購入して行う方法があります。

ブラジリアンワックス専門サロンでやってもらう

初めてやるならやはりプロにお任せすることをおすすめします。

人にデリケートゾーンを見せるのが恥ずかしいという思いはあると思いますが、素人が無理矢理脱毛すると、

  • うまく脱毛できない
  • 肌を傷めてしまう

などの心配があります。

セルフでブラジリアンワックスを行う

どうしても自分やってみたいという人は、もちろん自宅でも出来ます。

毛の長さが1cm以上ないと難しいので、普段カミソリで剃ったりセルフケアをしている場合は、ある程度の長さになるまで我慢しましょう。

セルフでやる場合のワックスは温め不要のものが多く、買ってすぐに試すことが出来ます。

ただ、初めての場合は少し温めた方がワックスが柔らかくなるので塗りやすくなるようです。

しっかりとワックスを毛根に密着させて、一気にシートをはがすのが上手に脱毛するコツですが、いきなりVIOで試さずに、腕や脚などで練習してみてからの方が良いでしょう。

これから主流になる?ブラジリアンワックス

完全に生えてこないようにしたいなら医療レーザー脱毛がおすすめですが、

  • 即効性が欲しい
  • 水着を着る時

などいざという時だけムダ毛をなくせればいいという人には、ブラジリアンワックスはおすすめですね。

比較的簡単に自分でも出来る脱毛法として、VIO脱毛の広がりとともに人気が出るかもしれません。

脱毛方法にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、自分の毛質や肌質と相談しながら適したものを選んでいきましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント