• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

意外と知らない身近な疑問…「薬用」の表示に過信は禁物!

Date:2013.12.09

薬用化粧水・薬用せっけん・薬用リップクリームなど、「薬用」と表示されている商品はとてもたくさん見かけますよね。「薬用」と表示があるとなんだかとても効果が高いような気がしてしまいますが、実際に表示の意味を知っている人はとても少ないのではないでしょうか。

つい最近、テレビのニュースでも薬用化粧品での肌トラブルが大きく取り上げられましたよね。これを機に「薬用」の意味を知っておきましょう。

薬用の表示があるものは医薬部外品

同じ用途の化粧品でも、「薬用」と表示があるものと無いものがありますよね。「薬用」と表示のあるもののラベルを見ると、「医薬部外品」の表示があるはずです。医薬部外品というのは一定の審査を受けて厚生省から認可されたもので、医薬品と化粧品の間にあるものです。

医薬部外品として認められるような効果や効能があり、化粧品としての用途で使われるものを「薬用化粧品」と呼ぶのです。例えば、せっけんに殺菌成分を入れて認可を受ければ薬用せっけんになるという感じです。

薬用化粧品の効果はそれほど高くない

薬用という表示があると普通のものよりも効果がありそうな気がしますが、実際はそれほど効果が高いというものではないようです。医薬品のように「治す」ものではなく、医薬部外品は「予防」するものと言う方がいいかもしれません。

例えば、リップクリームにも薬用のものがありますよね。唇がガサガサに荒れているときに薬用のリップクリームをどれだけ塗っても荒れは治りません。

なぜなら、薬用リップに含まれるのは「保湿成分」や「清涼感を与える成分」など「荒れを予防する成分」であって、「荒れを治す成分」ではないからです。唇が荒れているのを治したいなら、「荒れた唇を治す薬」である医薬品のリップクリームを使う必要があるのです。

同様に、肌トラブルを改善したくて薬用化粧水を買ったとしても、含まれる成分が自分の求めているものと違えば全く意味が無いということになってしまいます。

医薬部外品で副作用が起こる危険も

お医者さんに処方してもらう医薬品とは違って、消費者が自由に購入できる医薬部外品で副作用なんて起こってはならないことです。しかし、含まれている有効成分などによって副作用が起こってしまうというケースがあるのが事実です。

少しでも効果のある薬用化粧品を選ぶか、余計な成分を含まない化粧品を選ぶか、消費者もきちんと自分で判断して使わなければなりません。

この記事をシェアする

関連記事