• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ダイエットに運動、どうしてもやる気が出ないときの7つの処方箋

Date:2014.10.30

休暇の前までや、飲み会続きの前まではしっかりジムに通ってエクササイズしていたのに…。つい1週間、いや3日ほど運動をしなかっただけで、もうやる気がゼロに。

今はまだ体型も体重もキープしているけど、そのうちにまた、元のぷよぷよ、たるんだあなたに逆戻り…。そんな結果が見えているのにどうしても運動する気が起きない!そんなあなたのために、この記事ではやる気を出すためのヒントをご紹介します。

1.サポーターを作ろう

ダイエットに成功しやすい人は、トレーナーがついている人だということをご存知ですか?というのも、彼らはあなたを励まし、時にやる気のないあなたをエクササイズの習慣に引き戻すのに大切な存在だからです。

自分一人では人はやる気をキープしにくいもの。とはいえ、個人トレーナーを雇うなんて大げさなことはしなくても大丈夫。友達や家族、恋人など身近な人にあなたのダイエットをチェックし、励ましてもらえないか頼んでみましょう。

あまりにもさぼり気味な時には注意してもらい、逆にきちんと成果を出せた時には褒めてもらえるようにお願いしておくことで、ちょっと怠けたい時にも自分を律することができます。

2.まずはやってみる

どうしてもやる気が出ないとき。そんなときもとりあえずジムに行くだけ行ってみましょう。ジムに行ってもどうしてもやりたくなければそのまま帰ってもいいし、それくらいの軽い気持ちでもいいのです。

それでヨガのクラスでもいいし、15分ほど軽く泳ぐだけでもいいし、あなたの心惹かれるような運動をしてみてください。どんな気持ちになりますか?やっぱり運動をすると気持ちがいいですよね。

これを淡々と、まずは1週間ほど続けてみてください。そのうちに、あなたの体は運動なしでは気持ち悪く感じられるような状態になってきます。

すべては習慣。ちょっとの間崩れた習慣も、また続けるようになればすぐあなたの生活の一部になりますよ。

3.ツールをそろえて

思い切って、かわいいトレーニングシューズやウェアを買ってみましょう。これを身に着けてかっこよく動いている自分がイメージできるようなものを手に入れるのです。

そしてそれを、ベッドのそばやオフィスのデスクの下などに置いて、目につくようにしましょう。もうジムに行く前からあなたはうきうき。早くエクササイズしたくてたまらなくなるはずですよ。

4.行動数値を目標にしよう

ダイエットをするとき。なんとなくこんな体型になりたい、体重を何キロ減らしたい、という目標を立てる人は多いと思います。それでももちろんいいのですが、やる気が出ないときのモチベーションにはちょっと弱いのです。

たとえば「1日何キロ走ろう」、「一日何回腹筋をしよう」などと、エクササイズの数値を決めましょう。そして、それをスケジュール帳などに記入し、達成できたらチェックを付けるのです。

実際に目に見えるゴールを設定することによってなんとなくやらざるを得ない気分にさせるのがこのヒントのかぎ。そしてできたら達成感があるのもいいところです。

5.パートナーを見つける

雨が降ろうが、仕事で疲れようが、毎日ジムに行っている友人や同僚。彼らにあなたを引っ張っていってもらうのもいい方法。

すでに運動が習慣づいている彼らと一緒に行動することで、自然とエクササイズの習慣に戻ることができます。しっかり自分を律している彼らはあなたのよいお手本となってくれるでしょう。

注意したいのは、彼らと同じようなメニューをこなそうと思わないこと。無理な運動は怪我の元になるからです。

6.最初はリハビリ

休暇前は週5日ジム通いをしていたからといって、ブランクの後にまた元の習慣に戻るのが大変な人もいます。急に頑張りすぎると、かえってやる気がなくなってしまう危険性があるからです。

最初の週は2、3回行ければいいということにし、翌週は3、4回、3週目に元の習慣に戻る。といったリハビリの期間を設けるのも、いい方法です。

7.楽しいと思えることをする

いくら痩せたいからと言っても、きつい運動がいつまでも続くはずはありません。自分の性格に合ったエクササイズが結果的にやる気を損なわずに長続きするのです。

軍隊系、ダンス系、リラックス系など、ジムには様々なエクササイズがありますから、通うのが楽しみになるようなものを選びましょう。

いかがでしたか?ダイエットに大切な運動やエクササイズ。ちょっとしたハプニングでやる気がなくなってしまい、目標達成できないのはもったいないこと。この記事を参考に、ぜひエクササイズの習慣を取り戻してみてください。

この記事をシェアする

関連記事