• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

今、野菜パウダーがスゴイ!野菜不足の人にもピッタリ

Date:2017.09.06

shutterstock_406358812レンコンパウダーや生姜パウダーがメディアに取り上げられたことで、注目を浴びている「野菜パウダー」。

美容・健康に良いと言われるレンコンや生姜など、特別な効果が期待できる野菜だけかと思いきや、にんじん、カボチャ、ほうれん草など、色とりどりの野菜パウダーがあります。

野菜を乾燥させて粉末にする野菜パウダーは、生野菜の栄養がギュギュっと凝縮されているため、少量でも十分な栄養を摂ることができます。粉状なので使い方もさまざま、そして簡単で手軽!

とっても便利で栄養たっぷりの野菜パウダーを紹介します。

生の野菜をどうやって粉に?「野菜パウダー」とは

「野菜パウダー」は野菜を丸ごとパウダーにしたもの。生の野菜同様、ビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富です。

生野菜の栄養そのまま!毎日簡単に野菜を摂取!

野菜パウダーは野菜を乾燥させて水分をとばしているので、かさばる野菜もギュギュッとコンパクトに!

野菜によって異なりますが、おおよそパウダー10gが生野菜約100gに相当します。野菜パウダーを使えば、生野菜の10分の1程度の分量ですむのです。

もちろん、栄養もギュッと凝縮。ほうれん草パウダーならスプーン1杯で、ほうれん草1株分の栄養を摂取することが可能なのです。

ただ、どこまで野菜の栄養を損なわずに加工できているかは、メーカーによって異なります。栄養価について明記されていないものは「野菜の栄養そのまま」ほどではないかもしれません。

栄養価を損なわない製造方法のものを選んで

野菜パウダーの作り方はザックリいうと、乾燥→粉砕ということになりますが、殺菌・乾燥方法、粉砕方法などの製造方法はメーカー独自のものがあります。

栄養価を損なわないように研究を重ねた工法を紹介しているところなどは、健康食品としての効果が期待できます。

その一方で、特にこだわりの製法などがない、パンやケーキなどを作る際の色や風味づけを目的とした野菜パウダーは、生野菜と同等の栄養価は期待できないかもしれません。

野菜パウダーで有名な三笠産業では、

  1. カットした野菜に過熱水蒸気を当てて瞬時に殺菌(大阪府立大学教授との共同研究で開発した、過熱水蒸気殺菌・乾燥機で殺菌処理)
  2. 熱風乾燥機により水分を8%以下まで仕上げ乾燥
  3. 気流により素材同士がぶつかり合って細かくなる、ジェット気流式粉砕機を使用して、低温のまま、栄養価を損わずに超微粉砕加工

と、その工程の詳細を公開してくれています。

また、三笠産業は「超微粉砕」にもこだわりが。

細かく粉砕すればするほど同体積中の表面積がアップしますが、表面積が多いほど体内の消化酵素などに触れる面積が多くなり消化吸収性が向上する、という研究結果を、熊本県立大学とともに発表もしています。

三笠産業の野菜ファインパウダーは、5~30μmと非常に細かいサラサラパウダー。

  • 消化吸収の向上
  • 舌の上で溶けるような舌触り
  • 混ぜたときの馴染みのよさから、使用量が少なくてすむ

などが期待できます。

株式会社ベジストリーが販売している「ベジオン ベジタブルパウダー」は、特殊水素加工にこだわりあり!

独自の水素技術を使うことにより、野菜の色、栄養価、おいしさがほとんど損なわれず、野菜の還元力もアップするそう。新鮮な野菜を「いつでも」「どこでも」「簡単に」をうたっています。

色や風味づけのためだけでなく栄養価も求めるのであれば、製造過程もぜひチェックしてみてください。

また、

  • 国産100%
  • 無添加
  • 完全無農薬

など、メーカーによってこだわりどころも違うので、気になる方は要チェックです。

野菜パウダーのここがうれしい!

野菜パウダーの魅力としては、

  • 調理が簡単(調理時間の短縮)
  • 長期保存が可能(未開封状態で製造後2年間など)
  • 生ごみが出ない
  • 消化がよい
  • 野菜不足な食事をしがちな人も簡単に野菜を摂取できる
  • 野菜嫌いの子供に気づかれないように野菜を食べさせられる
  • 消化がよいので赤ちゃんから高齢者まで食べて安心
  • 自然食なのでペットにも安心

など。

無駄に野菜を腐らすこともなく、少量のパウダーで足りることを考えると、コストパフォーマンスも悪くありませんね。

パウダー状だとこんなに簡単・便利!用途も広がる!

shutterstock_244378963
いろいろなものに溶けやすいパウダーなので、使い勝手はバツグン!簡単でとても便利な食品です。

手軽さ一番!飲み物やヨーグルトに混ぜるだけ!

メディアで取り上げられ、話題となった「レンコンパウダー」はヨーグルトに入れて食べている人が多いようです。

レンコンは乳酸菌と一緒にとると、アレルギーなど刺激に対して敏感な人によい効果があると紹介されたからです。

効果を得るためには1日30~40gのレンコンを10~20日は摂取し続けなければならないとか。野菜としてのレンコンを毎日欠かさず食べるのは無理があるので、レンコンパウダーの出番というわけです!

レンコンパウダーならスプーン1杯でレンコン30g~40g相当。ヨーグルトにスプーン1杯のパウダーを混ぜて食べるだけで、アレルギー体質の改善に取り組めます。

また、手足を温めるものの深部体温は下げてしまう生の生姜ではなく、深部体温もしっかり上げることができる乾燥生姜が冷え性によいと、よくメディアに取り上げられることから、生姜パウダーも人気です。

紅茶に入れてジンジャーティーにすれば温め効果倍増です。

ただ、まれに「必ず加熱してお召し上がりください」と注意書きのある野菜パウダーもあるため、ヨーグルトに入れるなどそのまま食べたい人は、購入時に確認してくださいね。

汁物に、炒め物に、どんな料理にも簡単投入!

とても細かく、何にでも溶けやすく馴染みやすい野菜パウダーは、

  • 色や風味づけに
  • 栄養サポートに
  • 野菜嫌いなお子さまにこっそり食べさせるために

野菜そのものを入れる代わりに、いろいろな用途で簡単に取り入れることができます。

三笠産業の「便利野菜.jp」のサイトでは、

  • 野菜パウダー×小麦粉
  • 野菜パウダー×カスタードクリーム
  • 野菜パウダー×生クリーム
  • 野菜ペースト(野菜パウダー×水)
  • 野菜パウダー×チョコレート
  • 野菜パウダー×アイス

それぞれの混ぜ合わせ方のコツを丁寧に紹介してくれています。

ほかにも、野菜パウダーごとのレシピや、メイン料理・スープ・ご飯もの・デザートなど料理ごとのレシピも豊富に紹介されています。どれも簡単に作れて栄養があっておいしそうですよ!

離乳食・キャラ弁に!子育てママの強い味方!

野菜パウダーは、小さなお子さまのいる子育て中のママには特にオススメです!

離乳食を作る際の面倒な野菜の裏ごしともサヨナラ!

  • おかゆに溶かして!
  • スープに混ぜて!
  • お湯やおだしで溶いてペースト状に!

裏ごしできないような野菜も、パウダーなら簡単にペースト状にできます。簡単で栄養価も高くて離乳食にもってこいです。

もう少し子供が大きくなったら、キャラ弁に大活躍!

私がせっせとキャラ弁を作っていた頃は野菜パウダーの存在を知らず、デコふりかけを使ってご飯に色をつけたりしていましたが、野菜パウダーならカラフルでいて栄養も伴うキャラ弁作りができます!

黄 … カボチャパウダー
橙 … にんじんパウダー
緑 … ほうれん草パウダー
黒 … 黒米パウダー
紫 … 紫芋パウダー

野菜パウダーは実に色合い鮮やか!かわいくて栄養満点のキャラ弁ができること間違いなしです。

「野菜パウダー」は今のニーズにピッタリ!

ほうれん草・にんじん・カボチャ・むらさき芋・とうもろこし・レンコン・ゴボウ・黒米・発芽玄米・さつまいも・よもぎ・小松菜・ブロッコリー・しょうが・レモン・ゆず…

実際に家庭で食べている野菜よりも豊富な種類の野菜パウダーたち。色とりどりのサラサラパウダーを見ていると、あれもこれもと欲しくなってしまいます!

記事内で紹介した三笠産業の「野菜ファインパウダー」と、株式会社ベジストリーの「ベジオン ベジタブルパウダー」は公式のストアからオンライン購入できるほか、一部、Amazonや楽天ショップなどでも購入可能です。

三笠産業の野菜パウダーは、東京都目黒区にあるカフェレストラン「SOAKS」の店内でも販売されています(「SOAKSベジタブルパウダー」と名前もパッケージも異なりますが、三笠系列のお店です)。野菜パウダーを使用したメニューも店内で食べられますよ!

体によさそう!見た目においしそう!きれいになれそう!な野菜パウダーは、野菜が不足がちな現代人、忙しくてゆっくり調理をする時間がない現代人にピッタリです。

料理は苦手だけど美容のために野菜を摂りたい!そんな人も、インスタントのお味噌汁や牛乳、紅茶などに野菜パウダーを混ぜて飲むだけで、簡単きれい生活を手に入れることができますよ。

三笠の野菜ファインパウダーには、数種類の野菜を10gの小袋でお試しできるお試しセットもありますので、ぜひ試してみてください!

この記事をシェアする

関連記事

コメント