• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ダイエット中のお酒の飲み方。アルコール摂取しても痩せる!

Date:2016.02.29

shutterstock_227055169お酒は大好きだけどカロリーが高そう、ダイエット中は我慢しなくてはいけないなどなど、お酒を飲むと太るといったイメージが強いのではないでしょうか。

だからといってお酒を飲まなかったとしても、ダイエットが成功できるわけではありませんよね。むしろお酒が好きな方がそれを我慢しなくてはいけないのは、ストレスがたまって美容と健康によくありません。

お酒を飲んでもダイエットに成功することは可能です。むしろダイエットや美容に嬉しい効果をもたらしてくれるかもしれないのです。

お酒を美容と健康の強い味方にするためにはお酒の飲み方が重要なポイントになってきます。

ダイエット中でも太りにくい飲み方を知っておけば、大好きなお酒を我慢しなくてすむようになりますよ。

お酒で太る原因はお酒のカロリーが高いからではない!

お酒が太ると思われているのはカロリーと糖質が高いからです。確かにお酒のカロリーについて調べてみると、どの種類のお酒もそれなりのカロリーがあります。たくさん飲めば当然カロリーオーバーで脂肪として蓄積されると思ってしまうでしょう。

お酒のカロリーにだまされないで!お酒はエンプティカロリー

ダイエットをしているとつい気になるのがカロリーですね。カロリーの高い物を避けて低い物を選んで食べたり飲んだりすることで、摂取カロリーを減らして体重を落とそうとします。

ところがお酒に含まれているカロリーというのはエンプティカロリーといって、実は脂肪になりにくいカロリーなのです。

お酒を飲むと顔や体がカーッと熱くなりますよね。それはお酒が体に吸収されて熱を発しているからです。

このようにお酒は体に吸収されてもすぐに熱に変わるため、

  • 体に蓄積されにくい
  • 脂肪になりにくい
    というわけです。

    太る原因はカロリーではなく、お酒の量にあった!

    先ほどアルコールがエンプティカロリーだと述べました。それならお酒はいくら飲んでも太らないということになりますよね。だからといって飲み過ぎてしまうと太る原因を作りますので注意が必要なのです。

    それは体の機能が多いに関係しているからです。アルコールを摂取するとそれを優先的に分解しようとするのですが、その際に体に残っている食べ物に関しては消化吸収が後回しになってしまうのです。

    お酒を飲む前、飲んでいる途中、飲んだ後に食べ物に関してはお酒が分解されるまで、消費されにくいのです。つまりそれが脂肪を蓄積させる、太る原因となってしまうのです。

    体型を気にする方のために通常商品よりも糖質制限をしたり、糖質オフの商品が増えているのですが、糖質オフでも過剰に飲めばアルコールの分解が追い付かず、代謝が鈍り太りやすくなるので要注意です。

    甘いお酒は要注意!糖質は太るもと

    女性が大好きな甘口のカクテル、ベースとなるリキュールは砂糖がたっぷりと使われています。これを何杯も飲めば当然糖質の取りすぎになります。糖質はいずれ脂肪として蓄積されて太る元になります。

    飲むお酒の種類によっては糖質を多く含んでいる物があります。こういったお酒を飲めばいくらお酒がエンプティ―カロリーでも、糖質の取りすぎで太りやすくなるのです。

    高カロリー、油っぽいおつまみに注意

    お酒を飲むと食欲が増進しますよね。それでつい目の前に出された物をたくさん食べてしまうのです。

    居酒屋などに飲みに行くと、高い確率で揚げ物などのカロリーの高いおつまみをオーダーしますよね。

    またコースで料理を頼むと、

    • メイン料理
    • ご飯物
    • デザート

    まで順に出てきますので、ついつい食べてしまうのです。

    カロリーの高いおつまみばかり食べているとカロリー過多になってしまい太るのです。さらに先ほど述べたようにお酒を飲むとそれが優先的に消費されるので、おつまみとして食べた物は体に蓄積されやすくなります。

    それなのでお酒を飲んでいない時に食べるのと比べて、脂肪がつきやすくなるのです。

    そして最も致命的なのが締めのラーメンやお茶漬け。飲むとついいつもより食べすぎてしまうのは、肝臓がアルコールを分解するのに働きすぎて、血糖値のコントロール機能が低下してしまうのです。

    その結果血糖値がなかなか上がらず満腹感が得られないのです。

    本当はたくさん食べてお腹いっぱいのはずなのに物足りなくて、締めの炭水化物を食べてしまいます。それがさらに摂取カロリーを増やしているのです。

    酔っぱらうとコントロール不能に

    お酒を飲むと酔いが回って気分が良くなってきます。すると段々と楽しい気分になって気持ちもおおらかになってきて、時には自分自身のコントロールがきかなくなってきたりもします。

    普段ダイエット中で甘い物や脂っこい物を我慢している方は、お酒を飲んだ勢いで自分に甘くなりカロリーの高い物をたくさん食べてしまうのです。

    またお酒に関しても量がすすむとコントロールがきかなくなって、つい飲み過ぎるようになります。それが食べた物の消化を遅らせるので余計に太りやすくなるという悪循環に陥ります。

    どうするべき?ダイエット中でも太りにくいお酒の飲み方

    shutterstock_156083909
    お酒で太ってしまうメカニズム、理解いただけましたでしょうか?お酒で太らないようにするためには、太らない飲み方のコツを覚えることが重要になってきます。

    アルコールの吸収を緩やかにする

    お酒は体に吸収されると優先的に解毒、消化、排泄されます。空腹の状態でお酒を飲んでしまうと、体への吸収スピードも速くすぐに酔いが回ります。これが暴飲暴食を招く原因を作りますし、代謝を鈍らせるのです。

    お酒を飲み過ぎない、おつまみを食べすぎないためにもアルコールの吸収速度を遅らせることが重要なポイントになります。

    お酒を飲む前に胃に食べ物を入れておくとお酒の吸収が穏やかになります。おすすめしたい食べる物を以下にまとめてみました。

    • 牛乳
    • チーズ
    • オリーブオイルなどの良質なオイル

    これらを飲む前に食べておくと、それが胃に留まってアルコールの吸収を抑えてくれます。

    自分の適量は?飲みすぎに注意すること

    お酒に強い人、弱い人がいますがそれはアルコールを解毒分解する機能に差があるからです。

    アルコールの分解や解毒に時間がかかると太る原因になりますので、飲み過ぎないようにすることが重要になります。

    人それぞれお酒の分解能力が異なりますので、自分の適量を知ることが大切です。どれくらい飲んだら自分でコントロールが効かなくなってくるのかを、お酒を飲む回数が増えると段々とわかってくるはずです。

    一般的に言われているお酒の適量をお酒の種類別にまとめてみましたので、参考にしてみましょう。

    ビール 500ml程度、ジョッキ一杯、瓶ビールなら1本程度
    日本酒、焼酎 一合(約200ml)
    ウィスキー、ブランデー グラス1杯程度
    ワイン グラス2杯

    一日あたりの適量はこのくらいです。お酒を飲むことがストレス解消や楽しみになっている方は、ほぼ毎日お酒を飲んでいるでしょう。一日あたりに飲む量はこの適量を目安に抑えるようにするといいですよ。

    また毎日お酒を飲む習慣がある方は、休肝日を週に1~2日設けましょう。働きすぎの肝臓を休めることで、アルコールの分解機能を保つ、回復することにつながります。

    お酒は太りにくい種類のものを選ぶのがベター

    お酒と一口にいってもいろいろな種類があります。お酒の好みも人それぞれなのですが、体型を気にしている、ダイエット中なら太りにくいお酒を選ぶようにしましょう。

    太りにくいお酒を選ぶポイントは、蒸留酒か醸造酒かを見分けることです。

    両者の違いは製造方法なのですが、蒸留酒のほうが製造過程において不純物が少ないため飲んでも解毒、分解のスピードが速いのです。一方で醸造酒は製造過程でさまざまな物が混合しているためそれにより味に旨みが出るのですが、解毒分解が遅くなってしまうのです。

    醸造酒
    ビール、日本酒、ワイン、カクテル
    蒸留酒
    焼酎、ブランデー、ウィスキー、ウォッカ
    女性が好んで飲みそうなお酒の多くが醸造酒に分類されてしまいますが、太りたくないなら醸造酒は一杯だけにとどめて、二杯目以降は蒸留酒を飲むようにしましょう。

    またカクテルは糖分がたっぷりと含まれているので、体型を気にするなら避けた方がいいでしょう。どうしても甘いお酒が飲みたいときは、自分でカクテルを作ってみては?

    糖分を抑えるためにカロリーの低い甘味料やダイエット用の人工甘味料を用いれば、カロリーを抑えつつも甘いお酒を楽しめます。

    蒸留酒はそれ単体ではアルコール度数が高いので、

    • 炭酸水
    • お湯

    など糖質が含まれていない物で割って飲むのがおすすめです。

    途中で水やお茶を飲んでお酒の解毒をサポート

    お酒ばかり縦続けに飲んでいると、その消化吸収が追い付かなくなってきます。少しでもアルコールの分解や吸収を助けるために、お酒を飲んでいる途中で水やお茶を飲むようにするといいですよ。

    お酒には利尿作用がありますので、解毒分解されてから水分とともに排泄されます。それなので水分量が不足すると分解解毒機能が低下してしまうのです。これを水やお茶で補うことでアルコールの解毒を助けてくれます。

    太りにくいおつまみを選ぶ

    お酒とともに食べるおつまみにも注意が必要です。揚げ物や甘い物を好んで食べているとカロリー過多になります。

    また太らないようにとお酒を飲むときはあえておつまみを食べない方がいらっしゃいますが、それもまた体にはよくないのです。

    食べない状態でお酒を飲んでしまうとアルコールの吸収を早めてしまって、酔いが回りやすくなります。それが代謝を鈍らせる原因となるので、逆に太りやすくなってしまいますよ。

    おつまみを選ぶポイントは、糖質や脂肪分が少ない物、アルコールの分解を助けてくれるような物を選ぶといいでしょう。
    豆腐や豆乳鍋
    大豆製品には肝臓の働きをサポートしてくれる効果があります。アルコールの分解を助けてくれます。
    食物繊維たっぷりの野菜や海草
    お酒を飲む前に食べておきたいのが食物繊維たっぷりのサラダや海藻の酢の物。食物繊維を取っておくと胃腸でふくらみ、食べすぎ、飲みすぎを防いでくれます。
    歯ごたえの良い物
    スルメや野菜スティックのように歯ごたえが良くて長持ちするおつまみは、食べすぎ防止に効果的です。

    締めにラーメンやお茶漬け、デザートを食べたいところですが、太りたくないなら我慢しましょう。せっかくおつまみでカロリーを抑えられても一気に高カロリーを摂取することになります。

    上手に飲めば美容効果もアップする!

    shutterstock_285854408
    お酒は太る、体に悪いと言ったマイナスイメージがつきまといますが、実は美容や健康に良い効果ももたらしてくれるのです。

    たとえばワインや日本酒にはビタミンやミネラルが含まれているので、肌の代謝アップや美白に働きかけてくれます。ビールなどの苦味の強いお酒に含まれているホップには、美しい髪を作るのに働いてくれます。

    またお酒は飲むと体を温めてくれますので、冷え性の改善や代謝アップにも効果的で美容と健康に嬉しい効果が期待できるのです。お酒を飲むと気分が良くなってストレス解消にもなりますね。

    上手なお酒の飲み方とおつまみの食べ方、飲む種類の選び方を知っていればお酒は私達に嬉しい効果をもたらしてくれますよ。

    ダイエット中でも我慢せずにお酒を楽しみましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント