• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

知性がキラリ!美しい言葉に四字熟語を使ってできる女性を演出!

Date:2014.09.25

ちょっとかしこまった場や仕事場で四字熟語をさりげなく使える女性には知性を感じます。特に女性は年齢を重ねていくと後輩や友人などから相談を受けることが度々出てきます。そんな時に心に響くような言葉を使えたらどんなにいいかと思うことがよくあります。

四字熟語はその四文字の中に深い言葉の意味や人生訓に通じるすばらしい言葉が詰まっています。それらを座右の銘にする、褒め言葉に使うなど日常の言葉にしていくとあなたの好感度は上がるかもしれません。

どんな会話でもできる女、特に仕事や相談事はお任せあれ!?

女性はいくつになっても友達との気軽な会話を楽しめます。

世間話や昨日見たTVや映画のこと、ファッションやかわいいものの情報交換など、特別なことを話すわけでもなく…そんなたわいない話でも大事だと思うことしばしです。どうしてかというとそこに円滑な人間関係を築くことを重視しているからでしょう。

ですがそんな楽しい時間も仕事となると趣が違ってきます。特にアラサーぐらいになると、大事な話をしなければならない場面に出くわすことがあります。そんな時、どのように相手に話せば通じるのか試行錯誤する方も少なからずいらっしゃることでしょう。

そういう大事な場面で気の利いた言葉をさりげなく使えるようになるといいですね。たとえば四字熟語を会話の中に挟むことができる女性は「できる女」イメージと直結され、いざという時、あなた自身の格をあげてくれることでしょう。

私もラフな話、まじめな話、どんな会話でもできる女性を目指し精進したいと思っています。

四字熟語で「一期一会」しか出てこない人へ

ここぞというときにビシッと座右の銘のような言葉を言える女性は、どれ位いらっしゃるでしょうか?

よく人生観を語るときに「一期一会(いちごいちえ)」という言葉を出す方がいます。 この言葉は一期=人生、一会=茶会などの会合を意味し、この茶会は人生に一度あるかないかという大切な会であるという茶道の言葉からきています。

今では出会い全般という意味として使う方が多いですね。人との出会いを大切に、目の前にいる人に対して誠心誠意を尽くしなさいというこの四字熟語はすばらしい言葉です。今の時代にフィットするのか人気があり、すっかり馴染みのある四字熟語となりました。

気付けばこの言葉しか思い浮かばないという人も多いのではないでしょうか?でもどんなに良い意味、言葉であっても、馴染みすぎている言葉を頻繁に使うと、悪い意味での手垢のついた言葉となってしまいます。

四字熟語を使う危険性

考えなくてもすぐに出てくる生活密着型の四字熟語があります。たとえば「一生懸命」や「一石二鳥」「興味津々」など。座右の銘にするよりも状況を4文字で表している言葉で、知らない間に使っている場合が多いですよね。

同じ四字熟語でも座右の銘になるような言葉を人に使うとき、下記のことに注意したほうがよさそうです。

★誰もわからない難しい四字熟語を使い、知識をひけらかす。
★本当の意味を誤解して覚え使ってしまう。
★言うこととやることが違う。

よく失敗する例は「この四字熟語を知っているから使う」ということです。あなたの日ごろの態度と異なる言葉を周りに話すと好印象どころか逆効果になる危険性があります。そのすばらしい言葉を行動の伴わないあなたから聞いて、失笑されるかもしれません。

あなたの出る言葉に似つかわしい行動を日ごろからしているかどうか、ご自身でのチェックが必要です。

あなたも座右の銘を持ちましょう!

これを機にあなたにぴったりの座右の銘を四字熟語辞書などで探してみてはいかがでしょうか?

おすすめ四字熟語辞典→http://4ji.za-yu.com/ (逆引きで見やすいです。)

ちなみに今の私の座右の銘は「敬天愛人(けいてんあいじん)」です。天を敬い、人を愛するというこの言葉は西郷隆盛の教えからきています。

自然を大切にし、どんな人にも愛を持って接することは簡単なようで難しいです。女性の生き方の手本になるような言葉だと感じ、座右の銘にしました。

あなたはどんな四字熟語を選びますか?あなたの選んだ四字熟語はその言葉に沿う生き方をしていきたいというあなたの気持ちそのものです。どんな四字熟語があるのかを知り、座右の銘に出会えると、よりよく生きることにつながるのかと思います。

この記事をシェアする

関連記事