• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

横顔美人になるための簡単に出来る『モテメイク』テクニック!

Date:2012.12.22

お化粧をするとき、ほとんどの人が正面ばかりを気にしてメイクを仕上げているのではないでしょうか?でも、人が見るのは正面の顔ばかりではありませんよね。特に横顔を見られることも多いです。

横顔を意識してメイクをすると、一段と横顔がキレイになりますよ。どこから見られても自信を持てるように、正面からだけではなく、横顔を意識したメイクをして、横顔美人と言われるようになりましょう!

横顔美人になるためのポイントは眉

横顔でどこに目がいきやすいかというと、眉毛です。眉の描き方で横顔の印象はかなり違うのですよ。横顔を美しく見せるポイントは眉を長めにひくこと。短いと尻切れトンボのように見えてしまいます。先までスッと流れるように描くと、エレガントさが出ますよ。

また、眉山の部分が上がり過ぎていたり、カクカクしていませんか?モード系を目指すならいいのですが、女性らしさを印象づける場合は、なめらかな、自然なカーブが描けているかを意識しましょう。

ムダな眉の毛の処理も大切ですよ。眉の中心付近は長めにして、眉尻にかけて少しずつ短くしていくと、立体感が出ますよ。

横顔美人のアイメイクとは?

アイラインも長めに入れると横顔の美しさが引き立ちます。気持ち目頭よりも目尻の位置を高く見せるように描きましょう。アイシャドウは少し広めに入れます。

シャドウが足りないと中途半端な印象を与えてしまうので注意しましょう。長いまつ毛を強調したい場合は、つけまつげを利用しましょう。目尻よりも真ん中につけると、大人っぽく、自然なまつ毛に。

リップラインはきちんと描く

横顔は口角もよく見えるのです。リップラインをしっかり描かないと、口紅がにじんで見えたり、はみ出して見えてしまいます。上唇と下唇をしっかりとつなげることを忘れずに、リップラインはきちんと描きましょう。

チークはこめかみまで入れない

チークをこめかみまで入れてしまうと、ケバく見えてしまいます。そうかといって真ん中だけに色をのせると、横から見たときに顔の面積が広く見えがち。

チークは頬骨のあたりに、ちょっと広めに入れるようにしましょう。色をつけすぎると、浮いて見えてしまうので注意しましょう。

ファンデーションは首までしっかり

正面からは見えないけれど横から見たときに注意したいのが、耳の下あたりと顎の下です。ここの部分は塗り忘れしやすいところ。この部分にファンデーションを塗らないと、首と顔の差が目立ってしまうのです。

顔だけ白く浮いてしまう状態ですね。ファンデーションは耳の下、顎の下まできちんと塗りましょう。

あらゆる方向を確認しながらメイク

メイクをする際には、正面だけなく、横顔や斜め顔などさまざまな角度から見てメイクをするようにしましょう。三面鏡があると便利ですね。右方向と左方向から見た顔の印象も違うと思います。それを確認しながら、美しく見えるようにメイクをしていきましょう。

また、横顔を見るとフェイスラインが気になる人もいるでしょう。油断すると二重アゴになっていることがあります。顔の筋肉を鍛えるエクササイズやマッサージで、フェイスラインをキレイにすることで、さらに横顔美人になれますよ。

この記事をシェアする

関連記事