• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自宅で簡単!紅茶とブルーベリーで染める、飽きた洋服のリメイク方法

Date:2016.09.07

4画像33

自宅に眠っている白い服、復活の時かもしれません!

なぜって、とっても素敵な色に染めることができるから。

飽きてきちゃった白ブラウス、箪笥を温めっぱなしの白デニム。

今回はそんな彼らをお気に入りの一枚に変えちゃいました!

所要時間は2時間(放置時間1時間)程度。

捨てる前に、新しく買う前に、ぜひ試してみてほしいDIYです。

W550Q100_4画像1

使用するもの

DIYなどの材料リスト
染めたい白いお洋服など
ブルーベリー・巨峰などの皮(多めに)
紅茶
ミョウバン
ガーゼ
ボウル
ざる
スプーン

まずは色を抽出しましょう

10年選手の、こちら

W550Q100_4画像2

白ブラウス。物持ちよすぎてどこも痛んでいないけれど、さすがに飽きてきたのも事実。

ついでにシルクの無地スカーフも染めちゃいます。

W550Q100_4画像3

巨峰の場合は皮を剥いて使いますよ!

W550Q100_4画像4

もちろん、使うのは皮のほう。

ブルーベリーは剥けないので実のまま使いましょう。

W550Q100_4画像5

よし、これも使おう。

冷凍庫に保管していた自家製ブルーベリー。

大きめの鍋に、水と一緒に入れて

W550Q100_4画像6

グツグツ

W550Q100_4画像7

更にグツグツ

W550Q100_4画像8

おいしそうな甘―い香りが漂ってきました。

煮立てている間に、こちらを準備。

W550Q100_4画像9

ボウルにザルをセット。

W550Q100_4画像10

ガーゼを被せて(使い捨てガーゼを使用)、

W550Q100_4画像11

お鍋の中身をザバーッとな。

火傷しないように、注意してね。

W550Q100_4画像12

全てあけたら、ガーゼで包むように。そして

W550Q100_4画像13

手で絞りたい…ところだけど、熱くてとんでもないので、

W550Q100_4画像14

大きめスプーンでギュギュっと絞りましょう。

W550Q100_4画像15

綺麗な葡萄ジュース…ではなく、100%自然の染色液!

さっそく染めてみよう!

液を鍋に戻して、再び火を点けましょう。

W550Q100_4画像16

そしていよいよ、ブラウス投入!

W550Q100_4画像17

ドキドキ。

全部が浸るようにね。

W550Q100_4画像18

そして暫くグツグツ。

その間に、こちらを準備。

W550Q100_4画像19

そう、ミョウバンね。スーパーやドラッグストアで購入できます。

水100mlにミョウバン5gくらいを使用。

W550Q100_4画像20

熱湯を注いで、溶かしておきましょう。

これでミョウバン水はOK。カンタン。

さて、染めたブラウスたちは、軽く水気を切って(これまた火傷に超注意)、

W550Q100_4画像21

軽く水洗い。

濃い色にしたい場合には水洗いナシでも。

W550Q100_4画像22

しっかり絞ったら、ミョウバン水に浸して。

浸すとみるみる色が変わりますよ!

W550Q100_4画像23

そのまま一時間ほど、放置。

W550Q100_4画像24

同じ工程・同じ時間でも、シルク(スカーフ)とコットン(ブラウス)で、こんなにも色が違う!

W550Q100_4画像25

放置後、水洗いをしてしっかり絞ったら、干しましょう

W550Q100_4画像26

その間に、もうひとつ。紅茶染にも挑戦!

紅茶染めはもっとカンタン

意外と簡単だったブルーベリー染めだけど、紅茶染めは更に簡単。

まずはこちら、白すぎたデニム

W550Q100_4画像27

白デニムが欲しくて買ってはみたものの、目が痛くなるような、あまりの白さに箪笥の肥やしだった、デニム。

染めたらもっと活躍できる!

こちらは水に浸してしっかりと絞っておきましょう。デニムのような硬い生地でも、ムラができにくくなります。

W550Q100_4画像28

紅茶はパックのものでも粉でもOK。

種類・使用数によって色が違ってくると思うので、色々やってみて!

W550Q100_4画像29

ブルーベリー&巨峰と同じように、グツグツ煮立てて。

今回は色留めに塩を使ってみよう。

W550Q100_4画像30

塩を加えて溶かしたら、いよいよ

W550Q100_4画像31

デニム投入!

重いから、バシャッといかないように気を付けて!

W550Q100_4画像32

時々返しながら、しばらく煮立てましょう。

W550Q100_4画像33

好みの色になったら、取り出して軽く絞って。

デニムは生地が厚くて乾きにくいから、洗濯機で10分ほど脱水してから干しましょう。

さあさあ!これでできあがり

さて、そんなこんなでできあがったのが、こちら!

W550Q100_4画像34

これがあの飽きたブラウス!?

これならお店で見かけても買っちゃうかも…!

スカーフだって、このとおり!

W550Q100_4画像35

素敵にできた!

因みにミョウバン水の中ではあんなに違った色だけど、

W550Q100_4画像36

出来上がりはそんなに違わない?

これはナゾ。

そして紅茶染めのパンツは

W550Q100_4画像37

目指したとおりの、淡いピンクに染まった!!

とっても好みのピンク色。

どちらも思った以上の、良い出来、大満足!

キッチン染色、ハマりそうな予感です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

買わないで新しいお洒落着ができるなんて、お財布にも優しくて、なかなかいいでしょ?

これは挑戦してみる価値あり、です!

この記事をシェアする

関連記事

コメント