• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

産後の腰痛は整形外科?整体?整骨院?あなたにベストな病院の選び方

Date:2014.02.07

赤ちゃんが生まれて数週間が経ち体調もだいぶ落ち着いてきた頃。まだ気になるトラブルが残っていることがあります。それは腰痛。

出産で一番負担のかかる腰は産後6~8週間かけて元に戻ろうとするといいますが、そのあとも痛みを訴えるママが多いのです。しかし育児の忙しさやどこへ相談すれば良いか分からず、つい腰痛を放っておいていませんか?

骨盤は必ずしも正しい位置に戻るとは限らない!

妊娠する前の私たちの骨盤の形はおおまかにいうと逆三角形の形をしています。ちょうど腰骨など骨盤の上にあたる部分が幅広く、恥骨など下の骨は狭くぴったりと閉じています。

これが妊娠すると骨盤から赤ちゃんを通すために骨の結合をゆるゆるにする「リラキシン」というホルモンが分泌されます。そして骨はグラグラと動きやすくなり出産のとき骨盤を開いて赤ちゃんを通してくれるのです。

ただし、骨盤全体が開くのではなく、あくまでも恥骨など下の部分だけが開きます。その結果、骨盤は台形のような形になります。

出産が終わると開いた骨盤の下部は元の位置に戻ろうと閉じ始めます。しかしこのとき確実に元の正しい位置に戻るとは限らないのです。

たとえば右側の骨盤は前方に傾き、左側は後ろに向かって傾いた状態でくっつくなど、骨盤が左右ねじれた状態で固定されてしまうこともあるのです。ほかにも開いた骨盤がうまく戻らず開いたままということも。

そうなると腰痛のみならず尿漏れや子宮脱など、骨盤のトラブルによって起こる弊害は甚大なのです。

産後の腰痛は整形外科?整骨院?それとも整体?

産後の腰痛を放っておくとどんどん大きくなる赤ちゃんのお世話で負担がかかり余計に症状がつらく感じるようになります。産後の腰痛はどの病院、または施設にかかればよいのでしょうか。

産後の腰痛は骨盤が開いて閉じる過程の中でなんらかの負担がかかって起こっているもの。整形外科でレントゲンを撮ってもらうことは、どの骨にどんな異常があるのか、またどんな治療法があるのか分かるかもしれないですね。

しかし骨盤のズレとは数ミリ単位のもの。この数ミリ単位のズレなどはレントゲンには映っても気づきにくいと言われています。

脱臼や骨折・ヒビなど明らかに大きなズレや異常が見られない限り、レントゲンで原因を発見するのは難しいかもしれません。

また、整形外科の治療は痛み止めの注射や薬、湿布を処方することで痛みを感じなくさせるだけ。これでは骨盤のズレなど腰痛の根本的な原因を解決したことになりませんね。それでは整骨院や整体はどうでしょう。

整骨院では3年間以上専門の学校で学び国家資格を取得した「柔道製復師」が施術を行います。整体は民間による資格を取得した人が施術をします。

それぞれの思想や理論、ルーツは異なるのですが一般の私たちから見れば同じ「手術などしない手技による治療(医療類似行為)」に見えるため違いが分かりにくいですね。

整骨院では健康保険が適用され整体は適用されません。そのため整骨院では一回あたりの施術料が数百円~と安価であるのに対し、整体は5~6000円かかることもあります。

しかし整骨院も整体も、通う院によってそれぞれ得意とする施術法が違うというのが現実。同じ整体でも団体によって方針とする思想や理論がちがうため一口にどちらがいい、どこの治療院がいいとは言い難いところがあります。

まずは近くの整骨院や整体のホームページを調べてみましょう。通院していた患者の声(年齢層や具体的な症状、どのような施術をしどんな効果が得られたか)を載せているところもあります。

産後の腰痛に悩まされている患者が通っているか電話で問い合わせるなど、産後のケアを得意とする院を探すことが治療への近道です。

実録!整骨院にかかってみたところこんな治療でした

筆者もじつは産後の腰痛に苦しんだ一人です。当初ホームページで調べたところ評判の良さそうな整体院を発見。産後の腰痛のみならず、さまざまな症状をもつ患者が効果実感の声を載せていました。

しかし一回当たりの初診料7,000円、2回目以降は5,000円・・・。しかも場所を調べるとバスで30分以上もかかるという立地。大きな効果を得られそうで惹かれるものがありましたが、この治療費の高さと遠さで断念しました。

腰痛の治療には何度か足を運ばなければならないことを考え、自宅から徒歩7分のところに整骨院を発見。電話で聞いたところ産後の腰痛で通院する患者も結構いますよ、とのことで通院を決意しました。

整体整復師が体のあちこちを触ったところ、どうやら右の骨盤が後ろ方向に少し旋回して骨盤が閉じてしまったことが発覚。そこで骨を正常な位置に戻す「全身矯正」なるものを受けることになりました。

どうやら骨盤のゆがみや脊椎のズレをひとつひとつ調べ、歪んでいる箇所の関節に「アクティベータ器」という用具で刺激を与え正しい位置に戻していくという療法のようです。

「アクティベータ器」の見た目は長細いポンプのような器具で、レバーを押すと「ガッチャン」という音とともに関節に小さな衝撃が伝わってきます。

全身矯正は施術したその日にすぐ効果が現れるのではなく、施術してから約1週間かけて骨が正常な位置に戻ろうとするのだそうです。1週間経ってテストして、まだ施術が必要と判断すればもう一度同じようにアクティベータ器で刺激を与えます。

さて、筆者もそれをやってもらったところ1週間後には腰痛がかなり改善されてきました。たまたまかもしれませんが、この全身矯正が体に合っていたのだと思います。

整骨院の柔道整復師によると、産前産後の腰痛は出産が終わったらできるだけ早いうちに治療にとりかかったほうが良いのだそう。まだ骨がグラついているため、骨を動かしやすくより早く効果を期待できるのだそうです。

もし出産を経て腰痛に悩んでいるならば、まずは早めにご相談を!

この記事をシェアする

関連記事