• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

腰痛は食生活で大幅に改善出来る!?腰痛と食事の深い関係

Date:2013.03.14

腰痛は食生活で大幅に改善出来る

腰痛は多くの人が抱えている症状で、とても一般的なものです。特に事務職に就いている方や、接客業などで同じ姿勢で立ちっぱなしの方のほとんどは、一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

腰痛は筋肉が痛んだり弱まってしまうことが原因となり、同じ姿勢で長時間居たり、無理に重いものを持ったり、無理な体勢をとったりすることで引き起こされるというケースがほとんどです。

でも、実は腰痛になる原因はそればかりではありません。実は食べるものも腰痛に関係してくるのです。車のエンジンと同じように、人の身体は、筋肉が順調に動いて、脊髄をサポートできるためには適切な栄養素が必要となってきます。

もし車のガソリンが尽きてしまったら、車は動きませんよね?それと一緒で、あなたが栄養のあるものを食べなかったら、筋肉は順調に働かなくなって、弱まり、硬くなり、疲労から来る怪我にまで結びついてしまう可能性もあるのです。

そこで、腰痛だからマッサージを、というだけではなく、普段食べているものを一度見直してみませんか?腰痛の元になる筋肉のケアを食べ物、そして食べ方で改善してみましょう!

パワーフードを食べよう

食べ物なら何であっても筋肉の補強に結びつくということではありません。何を食べるかが問題になってくるのです。忙しい日々を送っていると、ファーストフードに手が出てしまう方が多いことと思いますが、それは要注意です。

ファーストフードのほとんどが筋肉の発達に役立ちません。是非とも複合炭水化物と呼ばれる、数時間にわたってエネルギーをゆっくりと作り出してくれる食べ物をとりましょう。これが筋肉を作るための食べ物、パワーフードと呼ばれるものとなります。

パワーフードを食べることで、筋肉が継続的にエネルギーを得ることができ、適切な筋肉運動が促され、脊髄をサポートし、腰痛を最小限に防ぐことができるのです。

パワーフードである複合炭水化物はご飯、うどん、スパゲティーなどで、単一炭水化物である砂糖類は避けるのが無難です。

また、ビタミンとミネラルも大切です。食べ物からエネルギーを開放してくれる働きがあり、健康な体作りにはかかせません。また、カルシウムとビタミンDは骨の健康に役立つので、こちらもあわせて摂りましょう。

そこで、新鮮な果物や野菜、全粒粉製品がお勧めです。ご飯は同じご飯でも、白米より玄米がより栄養があり、複合炭水化物であるだけでなく、同時にビタミン、ミネラルも摂取でき、健康な筋肉作りに役立ちます。

また、あまりドレッシングやソース、油分は摂り過ぎないように気をつけましょう。また、お菓子類、ファーストフード類も避けることが大切です。これらを食べ過ぎることで、健康体どころか、肥満体となってしまうこともあります。それらは是非ほどほどにしましょう。

1日5食が腰痛を改善する?

皆さん、朝ごはんは食べますか?朝ごはんは実は一日の中で一番大切な食事なのです。というのも、朝起きた時点で、体内に蓄積されたエネルギーが約95%もなくなってしまい、筋肉が正常に機能することができなくなってしまうのです。

もし朝ごはんを抜かしてしまっていたら、是非食べるようにしましょう。これで腰痛が改善することもあります。また、朝ごはんの後、おなかがすいてもダイエットのためにお昼まで我慢してしまう…そんな方も多いのでは?

3食を規則正しく食べる、これが私達が小さな頃から教えられていたことだと思います。でも、実は沢山の量を3食にわけて食べるのではなく、少な目の量を5-6回に分けて食べると、筋肉を強くしてくれて腰痛が改善されるのです。

更には、そればかりでなく、飢餓感をなくして、身体の血糖値を一定に保つことでダイエットにも効果があるのです!環境によっては少し実践するのが難しいかも知れませんが、ちょっと小腹がすいたときに、食べ物を口にするのが有効的なのです。

是非とも全粒粉のシリアルバーとか、全粒粉のパンなどの全粒粉製品、フルーツ、低脂肪のヨーグルトなど、カロリーがあまり高くなく、気軽に口にできて、かつ栄養のあるものを食べましょう。ジャンクフードやスナック菓子はお勧めできません。

そして、勿論、朝食、昼食、夕食の3食を通常の量食べるのではなく、朝食を半分にして、その分を10時のおやつに、昼食を半分にして、3時のおやつに、夕食は普通に、といったような、自分で量を調整して、5食から6食にわけて食べてくださいね。

がっつりと1日5-6食食べてしまってはカロリーオーバーになってしまいますよ!

なお、食事に気をつけながら、エクササイズやマッサージ、ストレッチと組み合わせると更に効果的です。

長時間座りっぱなしの方は、頻繁にお手洗いに行くとか、伸びをするとか、腰を軽く回してみるといったことでも、かなり違ってきます。色々な方面から辛い腰痛を少しずつ改善していけたらいいですよね!

この記事をシェアする

関連記事