• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

残業をもっと減らすには!残業せずに仕事を片付ける6つのコツ

Date:2012.10.03

「今日も残業なの。もう忙しくて」と忙しぶっている人に限って実は暇だったり、本当に仕事はしているみたいだが、その内容は大したことのない内容にもかかわらず、仕事が片付かないだけだったりします。また、一生懸命仕事をしているのに、なかなか仕事が片付かない、という人もいますね。

そんなに残業ばかりしていては、彼との楽しい時間もなくなってしまいます。仕事がはかどらないのは原因があるからに違いありません。自分の仕事の方法や環境を改めて振り返って、改善できることから改善していきましょう。不必要な残業をせずに、仕事もプライベートも充実した毎日を送りましょう!

その仕事、本当に今日やるべき?

仕事のできる人のところにはさらに仕事がやってきて、膨大が仕事の量になる、ということもあります。その場合、毎日定時で帰るなんてできないでしょう。でも、毎日残業ばかりしていては、自分の時間がなくなり、忙しさのせい友達も彼もいなくなってしまうかも。

そうならないためには、まず自分の仕事の内容を確認してみましょう。仕事の量が多いからといって、やみくもに片付けていっても、疲れて効率が悪くなります。仕事の量が多いほど、やる気も失せてしまうもの。

今受け持っている仕事で、今日中にやらなければならないことは何ですか?明日でもいい仕事は何ですか?明日に回せる仕事は明日やりましょう。最低限、今日中に終わらせておくべき仕事をやったら、そこで帰りましょう。

その仕事、本当にあなたの仕事ですか?

もしかしたら仕事を押し付けられているだけなのでは?仕事の内容から本当に自分のやるべき仕事なのか、考えてみて。または、必要以上に仕事を請け負っていませんか?後輩や仲間に回せる仕事であれば、回しましょう。

自分だけが仕事を抱えていても、会社のためにもよくないことがあるかもしれません。部下や仲間を信頼して、仕事を分配しましょう。

その日の仕事スケジュールを立てる

朝、その日にやっておくべき仕事を書き出しましょう。優先順位が大事です。何を先に終わらせておくべきか、よく考えて順序良く仕事を終えておく計画を立てましょう。スケジュールは可能な内容で。余裕を持って今日中に終わる内容にしましょうね。

残業をしない意識を持つ

残業に慣れていると、残業ルーティンから抜け出すのは難しいです。残業が当たり前と思っている以上、仕事を効率的にしようという意識は薄れてしまうのです。

「残業するのは仕事ができないから」と意識を変えて、残業をしない意識を持ちましょう。仕事が終わらないから「残業すればいい」という考え方を改めることが大事です。

仕事以外の楽しみを持つ

仕事が終わったら彼と会える。というモチベーションは重要ですね。彼とのデートだけでなくても、自分の楽しみを持つことも必要です。その楽しみのために、仕事を一生懸命がんばることができますよ。

後にひかえた楽しみがあると、ダラダラ仕事をせずにすみますね。モチベーションを保って仕事をするためにも、仕事以外の楽しみをつくりましょう。

週1日でもノー残業デーを

ものすごい仕事の量で、残業はしてもしても仕事が終わらない、という場合、週に1日でも残業しない日を作りましょう。毎日毎日残業をしていると、ワーカホリックになって体が壊れてしまいますよ。

どんなに仕事が好きでも、体を休めないといつか体が悲鳴を上げます。体調管理も大人の女性の仕事です。週に1日でも残業せずに、会社を出ることで精神的にも楽になりまた、仕事の効率が上がるというもの。思い切って仕事を残して帰る勇気も持ちましょう。

この記事をシェアする

関連記事