• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

いつも何かがプレッシャー? 自分管理のちょっとしたコツ教えます。

Date:2013.11.18

あれもやらないと、これもやらないと!

時間の使い方が上手、と自信を持てる方はいますか?ほとんどの方は「時間の使い方が下手で・・・」と思っていらっしゃるのではないでしょうか?

そして、何が何だかわからないうちに、日常の些末なことに追いかけられて、「あれもやらないと、これもやらないと」となって、気分が追い詰められたりしませんか?そんな時には、まず、自分を見つめ直してみると、気分が全然違ってきますよ?

日常生活でやらないといけないことは色々ありますが、まずは自分の生活を、時間単位で管理することを試してみましょう。良くお正月に目標を立てると思うのですが、そんな感じでまずは目標を立ててみましょう。

目の前にノートや、もし使っているスケジュール帳や日記があれば、それを用意してください。まずは最初に一番大きな目標を書いてみましょう。

話は脱線しますが、文字に書き表した目標は、頭の中で思っているだけの目標と、かなえられる可能性が全然違ってくるということを知っていますか?

一説によると、ちゃんと文字として書き表した目標は、頭の中で考えているだけの目標より、より具体的に頭の中に記録されます。何かをするときにも、夢を実現させるために、無意識で努力する表になるのです。

せっかくなら、「素敵な人と結婚して子供を産む」でも、「独立して自分のお店を持つ」でも、何でもいいのです。かなわないかもしれない大きな夢でもいいのです。恥ずかしがらずに言葉に表してみましょう。

大きすぎる目標が時間管理に役に立つの?

それって、何の意味があるの?って思うかもしれません。でもそれでもいいんです。それから一年後の目標、一か月後の目標、今週の目標などを書いていきます。

近い目標になると、目標と言うよりは単にやらないといけないこと、忘備録みたいになっている事と思います。それから、三日以内にすること、今日すること、などと細かく書いていきます。

さて、こうして書き出すことで、自分のいろんな面が見えてくると思います。将来の目標が見えてきたら、小さな目標も、生きていくためだったり、将来の目標につながるものだったり、色々な視点が見えてきますよね。

そして、具体的にやるべきことの順序をつけることで、あれもこれも、と混乱することもなくなりますし、まだ期限のある別の事に意識が行ったりすることもなく、目の前のやらないといけないことに集中できるようにもなります。

そして、長期目標が書かれていれば、今自分のしている些末なことも、長期目標につながっていると再確認できますから、「私何やっているんだろう・・・」などと思うこともなく、短期目標にも集中できるようになっていると思います。

更にちょっとしたコツで、時間を上手に活用しましょう

時間管理のために、メモを取ることのほかに、オススメの習慣としては、まずは、朝早く起きる習慣をつけましょう。

例えば、朝1時間早く起きることで、今日の予定や目標を再確認できます。しかも、ゆっくりとコーヒーを飲みながら。それから洋服をゆっくり選ぶこともできます。

少し早く出社することもできるでしょう。気に入ったコーディネートの服で、余裕をもって出社すれば、それだけで、一日のスタートが機嫌よく切れますよね?

また、先ほど書いた忘備録ですが、スケジュール帳などに、ポストイットで書いて貼りつけるという方法は、とても便利で有用な方法です。

出先でも、「あ、アレしとかないと」と思ったら、即ポストイットに書いて、スケジュール帳に貼り付け、終わったら外して捨てる、と言う方法なら、スケジュール帳が必要以上にごちゃごちゃすることもありませんし、一目でやることが把握できてとても便利です。

また予定がずれた場合も、貼りつける位置を変えるだけで、対応できますから、とても簡単です。色分けしたり、イラスト付きのモノや、カワイイ形の物を使えば、気分も明るくなるかもしれません。

時間管理は追われてしまえば、苦しいものになりますが、目標がきちんと見えていて、それが楽しい気持ちで管理できれば、意外と楽しいものになるかもしれません。

ちょっとした工夫で、追いかけられる時間管理ではなく、楽しい目標のための管理にしていきませんか?

この記事をシェアする

関連記事