• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

人前で授乳、あなたは賛成?反対?公共の場での授乳マナー

Date:2013.12.08

同級生が次々とママになり、赤ちゃんも連れて一緒にランチやお茶に出かけることも多くなりました。

しかし、赤ちゃんが泣きだして「ごめん、ちょっとおっぱいあげていい?」とその場でベロンと服をめくって授乳を始めた瞬間・・・その場にいた人皆が目のやり場に困っている様子。

お母さんにとってみれば授乳は日常のことで、気心の知れた友人の目を気にしてわざわざケープを羽織ったり授乳室まで出ていくのも大変なこと。まして生まれたばかりで授乳が頻回ともなると毎度授乳室に走るというのは辛くなりますよね。

一方でいくら友達同士とはいえ、目の前で授乳されるのには抵抗がある人が沢山いることも事実・・・。やっぱりケープくらいは羽織ってほしいな、と思う人も多いようです。

さて、授乳に関するマナーには賛否両論、正しい答えに行きつくことは不可能そうですがあなたはどの意見に共感できますか?

正直、授乳シーンを見るのはキツイ?いや、授乳はほほえましい?

女性同士でお茶をしているときなど、ついつい気持ちが油断しがち。気心が知れた仲良しグループで遊んでいるときは、周りが独身・子の有無に関係なくその場で服をめくって授乳するママも多いかと思います。

しかし「どうしても授乳シーンは不快に感じてしまう。お母さんにとっては当たり前、毎度のことなのでなんともないんだろうけど子供がいない私は目の前で授乳されると見ちゃ悪い気もするし正直キツイ。気になってその子(母親)の方を見て話に集中できない」という意見も。

一方で「授乳なんてほほえましい光景。ママだって大変なんだから周りもゆったりした気持ちで見守ってあげては?」と温かい気持ちで見守る派も。

それもそうですね。いちいち周りが目くじらを立てていては育児に追われているママだってノイローゼになってしまいます。

同じ育児を経験済の人ならばすっかり見なれた光景であり、ある程度は仕方ないよな・・・、と思いやってあげられるかもしれませんが、独身の男女にとってはちょっと目のやり場に困る・・・ということはあるでしょう。

そこをお互い承知した上で、お互いに少しだけ配慮を見せられるようになるといいですね。

それは例えケープをしていても同じという人もいるようです。ケープで隠れているとはいえ、あの中で授乳している光景を想像してしまいソワソワしてしまう人も多いみたい。

ケープは確かにベロンと胸を出すのには便利ではありますが、レストランなど性別・年齢さまざまな人が使う場所ではケープを使って授乳されてもキツい・・・!?

遠くから傍観している人よりも一番大変なのは子供に泣かれて「授乳して早く泣き止ませなきゃ」と焦っているママ。

もちろん「泣かせた状態を放っておいてまで授乳室を探すよりもその場でケープを出して授乳して子供を早く泣き止ませることが優先!子供の泣き声が一番周りの迷惑になる」と考えているママもいるようです。

確かに授乳室が遠かったり混雑しているなどやむをえないときってありますよね。

かといって「ケープさえあればどこでも授乳していい」と思っているわけではなく「ケープを使うし、かつ人目につかない場所を探す。あるいは公共の場であれば壁の方を向いて目立たないように授乳する」と気を遣っているようです。

中にはこんな意見も。

「母親であるとか、女を捨ててるとかそういう議論をしている場合ではなくて、私たちは皆が良識的な人間であるべき。

確かにお腹を空かせて泣いている赤ちゃんに困ってその場で洋服ベロンなりケープなりで授乳することは仕方のないこと。けれどそれが公共の場で授乳しても良い!という堂々とした理由にはならないような・・・。

それよりも前もって人目のないところで授乳しておく、授乳室をみかけたらその都度こまめに授乳しておくなど心掛けていればそこまで困ることもないはず。ケープさえつければどこでもいいというのは周囲に配慮がない」

うーん、世間が授乳中のママに求めるハードルは高そうです。

ミルク育児vs母乳育児。母親たちの授乳室争奪戦

さて、そんな大変なママたちも、授乳スペースに駆け込めばさあこれで安心、というわけにはいかないようです。このスペースの中ではまた別の戦いが待っているのです。

赤ちゃんをミルクで育てているママ、完全に母乳だけで育てているママと授乳には2つの方法が分かれてしまいますが、このとき「個室はおっぱいを出さないといけない母乳派ママに優先して譲るべき!」という主張と「母乳だろうがミルクだろうが平等!どっちが優先ということはない!」という主張がぶつかり合っているのです。

確かにミルクであれば周りに他の人がいてもその場で調整して哺乳瓶であげられそう。母乳の人はどうしても洋服をめくる必要があるので、不特定多数の人が出入りするところでは個室じゃないと恥ずかしいというのも当然です。

個室は本当に母乳育児のママがミルク育児のママよりも優先されるべき場所なのでしょうか?授乳室を用意している店舗としては、母乳を優先するというルールはなく並んだ順に使ってもらうものと考えているようです。

またミルク育児のママも「こっちは母乳なんだから譲ってよ!」という意見には辛い思いをしているようです。

「ミルクでも周りに人が沢山いると赤ちゃんが飲んでくれないことがある」「隣でオムツを替えている人がいるような場所で子供に“食事”をさせるのはさすがに抵抗がある」などなど。そこの理解がないのは辛いですよね。

中には個室でミルクをあげて出てきた途端、待っていた人から怒られ「ミルク育児って周りの目が冷たすぎる」と泣き寝入りするママもいるようです。どうしても母乳ママからの上から目線を感じるミルク派ママが多いみたい。

あなたはどう思いますか?ただでさえ育児に追われて気持ちに余裕のない中、わが子のためとなるとついいつも以上に感情的になってしまいがちな特殊な空間、授乳ルーム・・・、。

できれば赤ちゃんが泣いて焦る前に授乳しておくなど、自分で自分を追い詰めない工夫をして余裕あるマナーを守りたいものですね。

この記事をシェアする

関連記事