• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

スーパーフード「カカオニブ」の効果と食べ方、チョコ好き必見!

Date:2018.09.07

この記事のタイトルとURLをコピーする
スーパーフード「カカオニブ」の効果と食べ方、チョコ好き必見!|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/cacaonibukouka7098/

巷ではチアシードやキヌアなどのスーパーフードブームですが、それに続く『カカオニブ』なるものを知っていますか?

スーパーフードとは、一般的な食品よりも栄養価が高く栄養バランスが取れているとされる食品の通称です。

このカカオニブとは、チョコレートに使われるカカオ豆と同じカカオ豆が原料なのですが、カカオ豆を発酵させた後に焙煎して粗く粉砕したもので、チョコレートとは違い砂糖や添加物が入っていませんし、加工もしていません。

このカカオニブを細かくすりつぶして液状にしたものをカカオマスと言い、ココアやチョコレートになるのです。

最近では栄養価の高いカカオの美容健康効果が注目されおり、カカオ90%や70%といった甘くないチョコレートが販売されていますよね。

その栄養豊富なカカオをチョコレートにせずにローストしただけのカカオニブ。気になる効果と摂取方法をご紹介しましょう。


チョコと同じ原料カカオ豆そのもの『カカオニブ』の栄養成分と驚くべき効果

カカオ豆そのままではなく、カカオパウダーでもなく、カカオ豆を砕いたものが『カカオニブ』です。カカオ豆そのものの栄養素がぎっしりと含まれているカカオニブには、スーパーフードたる所以の驚くべき効果があるのです。

カカオニブに含まれる豊富な栄養素

カカオニブには豊富な栄養成分が含まれており、栄養素の相互作用により健康と美容に効果が期待できるのです。

カカオニブに含まれる主な成分

  • 女性にうれしい鉄分
  • 骨の生成に欠かせないカルシウム
  • 皮膚の健康や記憶力アップに欠かせない亜鉛
  • 整腸作用やカルシウムの吸収率をアップするマグネシウム
  • 幸せを感じる物質アナンダミド
  • 中性脂肪やコレステロール値の調節する不飽和脂肪酸
  • 肌の健康に欠かせない美肌効果のあるビタミン(ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE)
  • 抗酸化作用のあるポリフェノール(カカオポリフェノール・アントシアニン・カテキンなど)

カカオニブの美容健康効果

カカオニブ一つで以下のような美容と健康に良い効果が得られるのです。

リラックス効果
カカオのみに含まれる成分である「テオブロミン」は、自律神経を整えてストレスを緩和する働きをします。

また、カカオに含まれる「ポリフェノール」はストレス時に分泌されるホルモンを抑えてくれ、ストレスへの抵抗力を強めてくれます。

恋愛ホルモンと言われる神経伝達物質の「PEA」や至福物質と言われる神経伝達物質の「アナンダミド」は、幸福感をもたらす働きがあります。チョコレートを食べてほっとするのもこの働きからなのですね。

集中力・記憶力アップ
カカオのみに含まれる成分である「テオブロミン」は、脳を刺激してやる気を出させる働きがあるのです。よって、集中力と記憶力が向上し、それが持続できるのも「テオブロミン」の効果なのです。
アンチエイジング
植物が光合成で作り出すポリフェノールがカカオには多く含まれており、その抗酸化作用のあるポリフェノールが、老化の原因である活性酸素を抑えます。

活性酸素は身体をサビさせて細胞の機能を低下させシミやシワを作り出します。
ダイエット効果
カカオに含まれているタンパク質「カカオプロテイン」は、小腸で吸収されにくく大腸まで届いて老廃物や毒素を吸着して排出する働きがあり、腸内環境を整えてデトックス効果やダイエット効果があるのです。

また、カカオの豊富な食物繊維は満腹感を感じさせやすく、ダイエットに効果があります。

カカオに含まれているカテキンは、緑茶の4倍にもなり脂肪を分解する酵素の働きを助けます。

血流の正常化と生活習慣病の予防
カカオに含まれているポリフェノールが、悪玉コレステロールの酸化を防いで動脈硬化を予防する働きがあります。また、血圧を下がる働きもあるので、心筋梗塞や糖尿病の原因となる高血圧を防ぎます。

血圧や血液の循環を正常に保つマグネシウムも豊富に含まれています。

便秘解消と美肌効果
カカオに含まれている豊富な食物繊維は不溶性植物繊維であり、水分を吸収して便のカサを増やして腸のぜん動運動を促し、腸内環境を整えるサポートをしてくれるのです。食物繊維による便秘の解消は、肌荒れをも防ぎ美肌へと導きます。

また、ビタミンAやビタミンCには、肌を美しく生まれ変わらせる働きがあり、美白効果があります。

抗がん効果
ポリフェノールには抗酸化作用があり、細胞を老化させたりガン化させたりする活性酸素を抑えます。

免疫力を高めるビタミンCも含まれているので、相乗効果が期待できます。

貧血予防
カカオには鉄分が豊富に含まれており、血液の元になるヘモグロビンの生成を促します。また、ビタミンCは、鉄分の吸収率を上げる効果があるので一石二鳥ですね。

セレブやモデルも食べている!ほんのりチョコ風味カカオニブの食べ方

おススメ摂取量は一回5-7gで27キロカロリーになります。一日の摂取量の合計は、体重10㎏に対して10gほどが適量とされています。

カカオニブの気になる味と食感

カカオ豆を粗く砕いているので、ナッツのようなカリカリポリポリとした食感が特徴です。そのまま食べると、苦味と酸味が出てきますが、香りはチョコレートそのものです。苦味のある100%カカオチョコレートを食べているような感じです。

最初は食べ慣れないかもしれませんが、風味と触感が気に入れば癖になるかもしれません。小腹が空いた時にそのままポリポリとおやつ代わりに食べられますよ。

カカオニブの美味しく食べる摂取方法

先述の通り、そのまま食べてもOKですし、パラパラと何にでもかけてしまいましょう。

ただし、摂りすぎるとカフェインの摂りすぎと同じく交感神経を活発にしすぎてしまうので、注意が必要です。
アイスクリームやヨーグルト、シリアル、サラダにそのまま乗せる
ポリポリとした食感が満足感を得られます。苦味も程よく調整されることになり食べやすくなりますよ。

カカオニブにもビタミンCは含まれていますが、果物のビタミンCと一緒に摂取すればより効果がアップします。

また、サラダに乗せて食事前にバリバリ食べると、満腹感が得られてダイエットに最適です。

スムージーに入れる
普段からスムージーを作っている方は、いつものスムージーに入れてみましょう。少しチョコレート風味になり美味しいですよ。

また、果物で甘ったるくなりがちなスムージーに入れると、苦味が少し効いてアクセントになり、鼻に抜けるチョコレートの香りが癖になるスムージーができあがります。

クッキーやホットケーキに入れる
チョコチップの感覚で、カカオニブを入れてみましょう。できあがりはチョコチップのような見た目でツブツブの食感を残し、ほんのりチョコレートが香るスイーツができあがります。

ホットケーキやシフォンケーキに添えるホイップクリームに混ぜても。

ホットミルクやココア、ミルクティに入れる
カカオの香りがほんのりとホットドリンクに移って、風味豊かな深い味わいになります。
カカオニブのはちみつ漬け
甘味がほしい方は、カカオニブをはちみつに漬けて、ヨーグルトやシリアルにかけると食べやすくなります。ナッツを一緒に漬け込んでも美味しいですよ。

どこで買えるの?値段も気になるカカオニブ

店頭で販売しているお店もありますが、まだ近場のスーパーでは売られていないかもしれません。見つけるのに時間がかかりそうなら、ネットショップで気軽に購入できます。

気をつけてほしいのは、ローカカオを選んでほしいということ。ローカカオとは、カカオを低温でローストしたものです。高温でローストすると、カカオニブの栄養がなくなってしまうので、栄養が豊富に残っている低温でローストしたカカオニブを選んでくださいね。

販売元や商品によって、カカオ豆の種類やチップの大きさ、風味などが違うので何個か試してみて、好みのカカオニブを見つけましょう。

価格帯は、~数千円と比較的安価で手に入れやすく、日持ちもします。有機栽培のものもありますが、有機栽培のカカオ豆はほとんどがチョコレートに加工されてしまうので、カカオニブとして販売されるものは希少になり高価になってしまいます。

保存方法は、直射日光と高温多湿を避けて冷蔵庫で保存できます。酸化しないように密閉して保存しましょう。

健康と美容に万能な『カカオニブ』は女性にうれしいスーパーフード!

ハリウッドのセレブやモデルたちが愛用しているカカオニブには、それ相応の効果があったのですね。健康も手に入れられて、美容効果もあるなんて食べないわけにはいきません。

しかも、食べ方も簡単でおしゃれな食べ方をしなくてもポリポリ食べれば良いのです。

8割を糖質と脂質で占めているチョコレートに対して、カカオニブは糖質が0で脂質は低めなので、カロリーも大きく違いヘルシーでチョコ好きさんにはチョコの風味を感じながらも安心して食べられますね。

スーパーフードの中でもお手軽な値段で気楽に始められるカカオニブ。続けて摂取することで効果が実感できるので、いつでも食べられるように持ち歩いても良いですね。

気になっていた方、初めて知った方もカカオニブを食べたくなったのでは?ただ、何でもですが食べすぎは禁物です。適量を守ってうれしい効果を実感してみてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
スーパーフード「カカオニブ」の効果と食べ方、チョコ好き必見!|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/cacaonibukouka7098/
ライター:kaco

この記事をシェアする

関連記事

コメント