• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

これであなたも好印象!自然で柔らかい笑顔の作り方

Date:2019.02.15

この記事のタイトルとURLをコピーする
これであなたも好印象!自然で柔らかい笑顔の作り方|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/egaotukurikata11890/

あなたは自分の笑顔に自信がありますか?

写真に写った自分の姿を見て、なんだかぎこちない笑顔でガッカリしてしまった…。そんな経験がある人は多いのではないでしょうか?

笑顔が素敵な人は、それだけでも明るい存在感がありますよね。

写真写りだけでなく、仕事上、相手にどのような印象を与えられるかが重要になってくるとう人にとっても、笑顔は欠かせないものでしょう。

恋愛や交友関係などにおいても、笑顔というのはとても魅力的な武器になるのです。

そこで今回は、自然で柔らかい笑顔の作り方などについて紹介していきます。

「笑う門には福来る。」笑顔に自信が持てるようになれば、あなた自身の笑顔でいる時間が増え、福を招いてくれるかもしれませんよ。


まずは笑顔の嬉しい効果とメリットを知っておこう!

自然で柔らかい笑顔の作り方を覚える前に、まずは笑顔でいることの嬉しい効果とメリットを知っておきましょう。

笑顔をマスターするにはある程度のトレーニングが必要なので、モチベーションにもなるはずですよ。

笑顔が素敵な人は周囲に好かれる

人が第一印象を決めるのは「表情」である割合が高いと言われています。初めて会った時の表情が素敵な笑顔だったら、その人の好感度はグッと上がるのです。

その人の事はよく知らないけれど、会うといつも、素敵な笑顔を返してくれるという場合なども、好印象を持たれます。

笑顔が素敵な人は、周囲に好かれるのです。

笑顔が素敵だと異性にモテる

男性・女性に関わらず、笑顔が素敵な人はモテる傾向にあります。もちろん、作り笑いなどではなく、自然で柔らかい印象の笑顔が大切です。

常に笑顔でいるような人は、内面の美しさや優しさなどを感じるとることができますし、安心感や癒しを感じ、「一緒に居たい」という好意を持たれやすいのです。

笑顔でいることは美容効果がある

笑顔でいることは、表情が明るくイキイキとしているというだけではありません。

笑顔を作る時に使われる表情筋をあまり使わなくなると、肌の弾力のハリの低下、たるみ、シワなどの原因になるといわれています。

表情筋を使うことで顔の血行やリンパの流れが良くなり、肌細胞の活性化にも繋がるのです。笑顔でいることで得られる美容効果というのは意外と馬鹿になりません。

笑顔でいると免疫力がアップする

笑うことで、がん細胞やウイルス細胞などの病気の元を攻撃することができるというNK細胞が活性化し、免疫力を上げることができるということが科学的に証明されてわかっています。

また、笑顔を作ることで、副交感神経が刺激され、血圧や心拍数が下がることで、ストレス解消にも効果があるとされているのです。

笑顔に自信が持てるようになろう!自然で柔らかい笑顔の作り方

笑顔を作ろうと思うと、顔が引きつってしまったり、不自然な笑顔になってしまうということがあるでしょう。

自然で柔らかい笑顔を作るには、いくつかのポイントがあります。基礎トレーニングを行うことで必ず改善できますよ。

では順番に見ていってみましょう。

ポイント1:頬と口角

笑おうと思うと顔が引きつってしまったりして、上手く笑顔が作れないという人は、顔全体に力が入りすぎている可能性があります。

顔の筋肉が固くなっていたり、衰えてしまっていると、自然で柔らかい印象の笑顔は作れません。

【頬と口角を意識したトレーニング】

  1. 顔全体の力を緩めてリラックスしましょう
  2. 頬と口角をグッと持ち上げます
  3. 動きがぎこちない場合は、割りばしを挟んでみたり、指で口角を上に持ち上げてください

鏡の前で毎日繰り返し行うことで、口角を上げる感覚を顔に覚えさせましょう。

ポイント2:口

笑顔を表情豊かに表現する一番のパーツは口です。口の表現の仕方笑顔の印象にメリハリをつけることができます。

  1. 口角を少しだけ上げてみる
  2. 口角を思い切り上げてみる
  3. 上の歯だけが綺麗に見えるように笑う
  4. 少し口を開けて笑う
  5. 口を思いきり開けて笑う

この口の動きを繰り返し練習しましょう。顔に覚えさせることで、表情筋が滑らかに動くようになり、自然な笑顔ができるようになります。

ポイント3:目元

「目は口ほどに物を言う」と言いますが、どんなに口元で笑顔を作っていても、目元が笑っていなければ、不自然な笑顔になってしまいます。

また、目元の強弱の付け方で、色とりどりな笑顔の魅力を引き出すことができるのです。

  1. まぶたを引き上げ、目元を大きく見開く
  2. 優しく目を細める

この目の動きを加えることで笑顔にバリエーションを付け加えることができます。

毎日鏡の前で、左右のバランスを見ながら、口元の動きと合わせてトレーニングを行ってください。

鏡を使わなくても不安や違和感を抱くことなく笑顔が作れるようになることを目指しましょう。

ゆっくりな動きやテンポを速めた動きなどを繰り返し行うことで、はじめはぎこちなくても、徐々に自然な笑顔が作れるようになってきます。

毎日5分~10分でも練習を行うことで、数日後には顔の動きがスムーズになってきていることを感じるはずですよ。

写真映りで凹まない!笑顔のコツを覚えよう

自然な笑顔が作れるようになったようでも、実際に写真に写った自分を見たら、「やっぱり変…」なんて凹んでしまうこともあるかもしれません。

そもそも写真写りが悪くなってしまう原因は何なのでしょうか?

ここからは、写真写りを良くするための笑顔のコツについてご紹介します。

自分が一番可愛く見える顔の角度を見つける

人の顔は誰でも、左右対称というわけではありません。眉の高さや目の大きさなど、左右で微妙にバランスが違っているのです。

なので、笑顔の状態で左右それぞれ鏡に映してみてみると、「左側からの笑顔の方写りがいい」といったような現象が起こるのです。

自分にとって一番ベストな角度を見つけておくことで、カメラを向けられた時に迷わず対応できるようになるでしょう。

笑うのではなく、笑顔を作ることを意識する

写真を撮る時に、ムスッとした表情では印象が悪いですよね。大抵の人が笑顔で表情になるのではないでしょうか。

笑顔の作り方がうまくいかないと、後々その微妙な表情の写真が残ってしまうことに…。

そうならないためにも、瞬時に笑おうとするのではなく、笑顔を作るようにすることを意識する必要があります。

ここで役立つのが笑顔を作る基礎トレーニングなのです。

  1. 自然で柔らかな笑顔の状態を作る
  2. 顎は引きすぎず、フェイスラインを意識した顔を少し傾ける(自分にとってベストな角度で)

これを当たり前のようにこなすことができれば、あなたの写真映りもバッチリでしょう。

自然で柔らかい笑顔を作り出すには内面も重要!その理由とは?

自然で柔らかい笑顔を作り出すために必要なのは、実は表情だけではありません。

自然で柔らかい笑顔を演出できたとしても、体調が悪く、顔色が悪かったらどうでしょう?また、気持ちが沈んでいる時に、自然で柔らかい笑顔が作り出せるでしょうか?

素敵な笑顔を演出するためには身体の健康や内面も重要なのです。

  • 毎日栄養バランスのとれた食事をしっかりととる
  • 睡眠をしっかりとる
  • 適度な運動を心掛ける
  • 嬉しい・楽しいと思える時間を増やす

などに気を付けて日常を送ることで、自然と笑顔が増え、故意的に笑顔を作ろうとしなくても、自然と柔らかい笑顔があふれ出るようになるのです。

また、嫌なことや悲しいことがあった時などは、沈んだ表情になってしまい、なかな気持ちの切り替えも出来なくなってしまいがちです。

そんな時は無理にでも表情だけは笑顔を作るのです。そうすると嬉しい・楽しいという感情が引き出され、沈んだ気持ちから抜け出しやすくなるのです。

「心と体は連動している」ということですね。

素敵な笑顔をマスターして沢山のメリットを得よう!

自然で柔らかい笑顔をマスターするには、トレーニングを行うことが必要ですが、それ以外にも体の健康や内面も影響していることがわかりました。

また、あなたらしい素敵な笑顔をマスターすれば、写真に写った自分を見てガッカリすることもなくなり、私生活においても様々なメリットをもたらしてくれるのです。

これだけ素晴らしい効果をもたらしてくれる笑顔ですから、自分の笑顔に自信が持てるように、さっそくトレーニングを開始しましょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする
これであなたも好印象!自然で柔らかい笑顔の作り方|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/egaotukurikata11890/
ライター:hiromi

この記事をシェアする

関連記事

コメント