• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

日焼けした足を早く元に戻す簡単ケア。白い足をキープ!

Date:2018.07.04

この記事のタイトルとURLをコピーする
日焼けした足を早く元に戻す簡単ケア。白い足をキープ!|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/hiyake4893/

足の日焼け、意識したことありますか?

私たちが日焼けを意識しない季節も太陽からの紫外線は私たちの肌にダメージを与えています。特に顔の美白ケアには注意していても、体まで全身気をつけているという方は少ないのではないでしょうか。

特に足は服によっては露出も少なくなるのでお手入れが一番甘くなる部分です。夏以外でも気がついたらしっかり焼けていた、なんてことも多いかと思います。

そこで、そんな悲しい思いをしないためにも、足の日焼けを早く元に戻す方法と、日焼け対策について説明するので是非意識してみてください。


意外と目立つ?露出したときの足の色

足が焼けても顔ほどは困らないから大丈夫!なんて思わず、普段の自分の服装を思い出して次から紹介する場面を思い返してみてください。思い当たるシチュエーションがきっとあると思います。

パンツ×パンプスは足の甲からくるぶしが危険
普段パンツスーツとパンプスで過ごしている方、パンプス跡が残る焼け方をした経験ありませんか?サンダルやミュールを履いたときに、くるぶしから足の甲だけ色が違っていて、少し悲しい思いをしたことがある方いらっしゃるかと思います。
ひざ下スカートは太ももだけ白くなりがち
普段スカートを履いている場合はストッキングでUV対策をとっている方も多いかと思います。とはいえ露出しているので日々の蓄積でほんのり焼けてしまう場合もあります。思い切ってショートパンツや少し短めのスカートを履くと、太ももだけやけに白かった、という経験はないでしょうか?
普段履かないミュールやサンダルで気づく
足を出すファッションは足元も開放的になりますよね。愛用のサンダルから別デザインのサンダルに履き変えたらサンダルのラインがくっきり出てしまっていた、なんてことは夏にありがちなシチュエーションではないでしょうか。
普段意識していないからこそ、いざ意識したときに思いのほか焼けていたりする厄介なパーツ。それが足です。

ファッションを心置きなく楽しむためにも焼けてしまったことに気づいたら素早く元に戻したいですね。もちろん、海やスポーツで露出したあとは顔と同様アフターケアをして出来るだけ焼けないように心がけることも大切です。

気づいた足の日焼け!早く色を戻したいなら肌の再生力を高めよう

足は顔に比べ面積が広いため美白美容液を使うのは避けたいですね。そのため自分の肌の再生力を高めて肌が溜め込んでしまったメラニン色素を追い出す、という方法で対応しましょう。

たっぷりの水分を肌細胞に与えて細胞を潤していく

まずは焼けて水分不足になっている肌細胞に水分を届けてあげましょう。

保湿ローションをたっぷりと使って直接細胞を元気に
急に焼けた場合も気がついたら焼けてしまった場合も肌細胞に水分を届けてあげることをまず行ってください。潤うことで肌細胞が元気になってくれます。
意識して普段より多めのローションを使い、手でぎゅっとハンドプレスしながら馴染ませることがポイント。「保湿しているつもり」にならないようにしっかり意識してくださいね。
オイルで栄養補給をしながら乾燥防止
保湿をしたら、水分が飛んでいかないように蓋をする必要があります。保湿できれば良いのでボディクリームでも問題ないのですが、肌再生を促すために美容オイルをおすすめします。
肌細胞の再生に必要な栄養素がリノール酸やリノレン酸で、どちらも体内で生成されないため外部から摂る必要があります。どちらもオイルに含まれている成分なので保湿をしながら肌に栄養も届けることができます。オイルを選ぶとき、この二つの脂肪酸が含まれているものを選びましょう。

肌再生を助ける栄養素を摂取する

肌から吸収するだけでなく、食べて肌の再生力に必要な栄養素をしっかり摂っていきましょう。

注目する栄養素はビタミンA、B2、β-カロテンです。すべて細胞分裂に必要な栄養素なので、摂取することで細胞の活性化を助け、より再生しやすい肌に導くことができます。

メラニン生成を抑える、という方法はいつの間にか焼けてしまった場合にはもう手遅れの対策になります。焼けてしまった場合は自分の肌の力を信じて、しっかりと手助けしてあげましょう。

今日は焼けた!先手必勝で色の変化を抑えよう

今日は絶対焼けた、という日はどんなに気をつけていても発生してしまうものです。特に足に日焼け止めを塗り忘れたことに気づいた日は間違いなく焼けています。

そういった場合は肌の再生力よりもメラニンの生成を抑える栄養素の力を借りましょう。特にメラニンは日焼けしてから2~3日で生成されるので焼けた後2,3日は集中してケアしましょう。

メラニン生成を抑制するにはやっぱりビタミンC

メラニン色素の生成を抑える力を持つ栄養素といえばやはりビタミンCです。水溶性なので多くの飲料水やプチプラ化粧水にも含まれており、体の中からも外からも補給しやすいのが嬉しい特徴。

過剰摂取しても汗や尿に溶けて体外に排出されるので、意識的に大量に摂りましょう。

生成されたメラニンの貯蔵庫をリコピンで破壊しよう

生成したメラニンは肌のどこに溜まっているかご存知ですか?そこは過酸化脂質と呼ばれている酸化した細胞壁です。細胞の外側が酸化し固くなってしまっていては有効成分が細胞まで届きません。

そこで、リコピンの抗酸化作用で過酸化脂質を減らしてしまいましょう。

メラニンを溜め込む細胞を壊す上、硬くなった細胞の壁を壊し栄養素が届きやすくなるので、美白に効果的です。

普段の対策でずっとキレイな足

日焼け対策グッズがたくさんあるので、しっかりと取り入れて普段から焼かないように対策していきましょう。おすすめしたい簡単対策を少し紹介するので参考にしてください。

ストッキングをUV対策製品にチェンジ
普通のストッキングに比べ少し値段は上がりますが、足に日焼け止めを塗りこむ手間が省けてお手軽です。
スプレータイプの日焼け止めで簡単に日焼け防止
リキッドタイプを塗るのが面倒な方におすすめのスプレータイプ。簡単に塗ることができるので外出前でもしっかりUV対策ができます。また、塗り直しにも便利です。
トレンカを活用して足首も守ろう
レギンスは足首と足の堺目が目立ちがちなので、同様のアイテムで足首もカバーしているトレンカの方が日焼け対策としては優秀です。

いつ見せても大丈夫、自信持って足を出すファッションを楽しんで

足は異性をドキっとさせるパーツでもあるので実はあまりおろそかにできないパーツです。ですが日々の生活ではついつい忘れがちですよね。今回、体の外側と内側両方からアプローチする簡単ケアを紹介したので、これからは少し意識してボディケアしてみてください。

自信がもてる足を手に入れて足を見せるファッションを楽しんでくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
日焼けした足を早く元に戻す簡単ケア。白い足をキープ!|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/hiyake4893/

この記事をシェアする

関連記事

コメント