• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

失敗しないための家庭用脱毛器の選び方。きれいになるための第一歩!

Date:2018.06.21

この記事のタイトルとURLをコピーする
失敗しないための家庭用脱毛器の選び方。きれいになるための第一歩!|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/kateiyoudatumouki5714/

お肌をきれいに見せたいのは女性の願望。お肌のお手入れはもちろん、ムダ毛ケアも大切なお手入れ!

ムダ毛の処理はお肌にとっては負担になります。回数を重ねることで、その負担は蓄積され、肌へのダメージも大きくなり、きれいなお肌から遠ざかってしまします。

負担を減らすためにも、家庭用脱毛器を慎重に選びたいですよね。でも、どれを選んでよいかわからず、買って失敗した経験のある方も多いはず。
そんなムダ毛もお手入れを、家庭で手軽にするために、自分にピッタリな家庭用脱毛器の種類と選び方をご紹介します。


知っておきたい家庭用脱毛器の種類と効果

家庭用脱毛器は主に大きく分けて2種類あります。

  • フラッシュ式
  • レーザー式

フラッシュ式は光のエネルギーで毛母細胞を破壊する脱毛器。レーザー脱毛と比べ、傷みが少なく、一度の照射で広範囲を一気に脱毛できます。

レーザー式はレーザーのエネルギーでメラニン色素を含んだ体毛に伝わり、毛母細胞を焼きます。皮膚へのダメージを与えず、毛母細胞だけを破壊できます。
照射範囲は狭い範囲での照射が可能です。

脱毛器の特徴
フラッシュ式 効果はレーザーより遅い
照射面積が広い痛みはほとんどない
レーザー式 効果はフラッシュ式より早く出る
短い期間での脱毛が完了痛みが強い

レーザー式はフラッシュ式より効果は高いといわれ、医療機関で使用されている脱毛器の家庭用になります。ただ、痛みが強く、敏感肌の人などは、肌荒れを起こしたりします。

フラッシュ式は、エステサロンで受けられるので、幅広い方に効果を体験している人が多いです。痛みもほとんどなく、個人差はあるものの、肌荒れもないといわれています。

人気の家庭用脱毛器のほとんどは、フラッシュ式

レーザー式に比べ、脱毛期間は長くなりますが、レーザー式と同じような効果がでる家庭用脱毛器が各メーカーから出ています。
そんなフラッシュ式にもさまざまな特徴があります。

  • 使用範囲
  • ランプ寿命
  • 電源方式
  • 出力レベル
  • 照射面積

使用範囲

  • うで
  • あし
  • わき
  • ビキニライン

が主な範囲で、ビキニラインと顔は、専用のアタッチメントがついているメーカーが多くあります。

ランプ寿命

照射回数が何回まで可能なのかを表します。一昔前までは、交換式が主流でしたが、今は何十万発と照射できる脱毛器が多く、ランプ交換不要のものが多くあります。

電源方式

コードレスがあるものと充電式に分かれます。充電をこまめにするのが面倒くさい方は、コード式を選ぶなど、自分好みで選べます。

出レベル

何段階かに分かれており、多くのメーカーが5段階~10段階です。自分のレベルに自動的に調整をしてくれるものも出ており、自分に合ったレベルで、脱毛が可能です。

照射面積

レーザー式に比べ、広い範囲で打てるのが魅力的です。ビキニラインの打ちづらい部分や、顔の照射は、目に光が入らないよう、面積を狭くしてくれる、アタッチメントがついているものもあります。

自分に合った種類が多い家庭用脱毛器を選ぶポイント

各メーカーからさまざまな家庭用脱毛器が出ています。
自分に合った脱毛器は一体どれなんだろうと思っていますね。そんな時、選ぶ際に見ておきたいポイントは、

  • 機能と使用感
  • コストパフォーマンス
  • 脱毛効果

が、ポイントです。

機能と使用感

メーカーによって機能や使用感はさまざまです。LEDライトがついていたり、かたちや大きさ、重さなどいろいろあります。機能と使用感で大切なのが、

  • 家庭用脱毛器のかたち
  • 照射回数
  • 出力レベル
  • 国内製か海外製
  • アタッチメントの有無
  • 光の色の違い

などです。

家庭用脱毛器のかたち

かたちの違いは、いわゆる「バーコードリーダー」型と「ピストル型」。ピストル型の方がバーコードリーダー型に比べ、少し大きくなります。バーコードリーダー型の方が、照射しやすいといわれています。

照射回数

今は何十万発と打てるものが主流になってきており、平均で30万発以上のものを選ぶと、長く使用できます。中には、ダブルランプものがあり、トータルで倍の回数になるものもあります。

出力レベル

照射部位によって、レベルを合わせることのできるものを選ぶのがポイント!
自動出力のしてくれるものもありますが、デメリットがあり、手動で調整できないものもあります。その場合、痛みを感じたり、肌荒れを起こすこともあります。自動出力でも、手動で調整できるものを選びましょう。

国内製か海外製

国内製と海外製の違いは、肌の色の違いにもつながってきます。
国内製は、日本人を基準とした製品になっているので、黄色人種の人の肌に合った製品になっています。基本的に脱毛器は色と光で痛みの感じ方が変わるので、自分の肌に合った製品を選びましょう。

アタッチメントの有無

眉毛付近や、ビキニラインなどの照射しづらい部分に照射しやすいように、専用のアタッチメントがついているものがおすすめです。

光の色の違い

光は、ブルーライトとイエローライトが主に使われています。痛みを感じにくいのはブルーライトです。痛みに弱い方にはブルーライトの脱毛器を選びましょう。

コストパフォーマンス

家庭用脱毛器は本体価格の安さで選んで失敗したなんてケースもあるかと思います。
価格は、2万円前後から10万円前後と幅が広く、使用する度に消耗する付属品の有無の確認や、ランニングコストをしっかり把握して選ぶのがポイントです。

脱毛効果

家庭用脱毛器にはフラッシュ式とレーザー式の2種類のタイプが主流です。
自分の望む効果で脱毛器のタイプは違ってきます。顔やデリケートゾーンや、むらやうちもれがなく脱毛ができるかなど、しっかり把握しましょう。

効果、機能別おすすめ家庭用脱毛器3選

効果、機能別にさまざまなメーカーから家庭用脱毛器が出ています。
その中でも、

  • 肌が弱い
  • コスパを重視したい
  • より肌を美しくしたい

など、お悩みや希望にあった家庭用脱毛器をご紹介します!

肌が弱く痛みに弱い方にはコレがおすすめ

パナソニック 光美容器 光エステ ES-WP80

肌にやさしく、医師監修の光エステ脱毛器。
ダブルランプで2倍のパワーで脱毛が可能。肌に合わせて、出力レベルをお知らせしてくれるのも安心!

脱毛方式 フラッシュ式
照射回数 30万発
出力レベル 5段階
使用できる部位 ウデ
アシ
わき

ビキニライン
アタッチメント ボディー用
フェイス用
ビキニライン用
ライト ブルーライト

コスパ重視の方にはカートリッジ交換タイプのコレがおすすめ

ケノン

カートリッジ式で、照射部位によって使い分けができます。
照射回数が100万発と多く、長く使えるのが魅力的!
日本製の安心感もあります。

脱毛方式 フラッシュ式
照射回数 1カートリッジ当たり
100万発
出力レベル 10段階
使用できる部位 ウデ
アシ
背中
わき

ビキニライン
アタッチメント カートリッジで使い分け可能
ライト イエローライト

美肌ケアを同時に行いたい方にはコレがおすすめ

ヤーマン レイボーテグランデ

ヤーマンが独自で開発された、美肌ケアもできる「レインボーフラッシュ」で美肌ケアもできます。
男性の頑固な毛にも使える、パワフルな脱毛器。

脱毛方式 フラッシュ式
照射回数 1カートリッジ当たり
100万発
出力レベル 10段階
使用できる部位 ウデ
アシ

わき

ビキニライン
アタッチメント ラージランプ
スモールランプ
フェイスランプ
ライト イエローライト

失敗しないための家庭用脱毛器を選び、美を追求しましょう

家庭用脱毛器はさまざまなメーカーからたくさんの種類が出ています。

その中から自分に合った家庭用脱毛器を選ぶのは難しく感じるかと思います。でも、ポイントさえおさえておけば、自分が望む、ピッタリな家庭用脱毛器を選ぶことができます。

女性にとって脱毛は切っても切れない、美への追求問題のひとつ!

お肌をより美しく見せるために、自分にピッタリの家庭用脱毛器に出会うために、しっかりリサーチをしてから購入しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
失敗しないための家庭用脱毛器の選び方。きれいになるための第一歩!|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/kateiyoudatumouki5714/

この記事をシェアする

関連記事

コメント