• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「美しい仕草」は美人を凌ぐ!必ずできる美仕草7つのステップ

Date:2017.11.02

この記事のタイトルとURLをコピーする
「美しい仕草」は美人を凌ぐ!必ずできる美仕草7つのステップ|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/kawaiisigusa82651/

仕草が美しい女性は、良い意味で目立ちます。

現代女性のファッションやスタイルは、どんどん綺麗になっています。街を歩いていると、綺麗な人や可愛い女性がいくらでも目に飛び込んできますよね。

でも、どんな美女でも仕草がガサツで汚いと、台無しです。

一方、仕草が美しい女性は、そんなに多くありません。女性らしく優雅な立ち居振る舞いを身につけるだけで、「素敵だなぁ」と目を引く存在になれるのです。

そこで今回は、ビジネスにもプライベートにも役立つ「美しい仕草」の身につけ方を、詳しく見ていきましょう。

仕草美人への「7つのステップ」意識すべきポイントは?

年齢にも美醜にもとらわれず、誰でも自由に磨くことができるもの。それが仕草です。

美しいと思われる仕草を身につけるために、身体のパーツごとにポイントを確認していきましょう。

ポイント(1)手と指先

手、とくに指先の動きは、自分にも他人にも目につきやすく、美しく見せやすい場所でもあります。

女性の手指は、ほっそりと長い印象を与えると美しく見えますが、それを実現できる簡単なポイントがあります。それは、「薬指に力を入れる」こと。

薬指に力を入れてまっすぐ伸ばしてみてください。隣の中指・小指も自然とそれに沿う形で伸びるはず。

そのまま手のひらを上に向けるだけで、なんとなく優雅な仕草になりませんか?

この「なんとなく優雅」に感じるときの指の形を覚えておくのが大切です。

仕草とは、いわば「型」です。優雅な型を頭にしっかりイメージし、実践を繰り返すことで、美しい仕草が身につきます。

薬指を使った優雅な仕草を体感できたら、今度はさらに優雅な指の仕草を学んでいきましょう。

指先を美しく見せるためには、次のようなことに気をつけるのがポイントです。

  • 指は常に閉じる(そろえる)
  • 中指を軸に、人差し指〜小指を沿えるイメージで
  • 小指は立てず、軽く沿える(少し角度を付けるとより女性らしくなります)
  • 手のひらに卵一つ分の空間を開けると、優雅に見える

ぜひ、ご自身の手で実践して優雅さを実感してみてください。

また、何かものを掴んだり持ち上げたりする際には、

  • 親指・人差し指・中指の3本を中心に掴む
  • 薬指と小指は軽く沿えるだけ
  • ふわっと優しく包み込むように持ち上げる(力いっぱい掴まない)

という仕草を心がけると、美しい女性らしい印象になります。

ちなみに、少々品がなく見えてしまうNG仕草は、

  • 爪を噛む
  • ささくれを剥く
  • 大きくばさっと髪をかきあげる
  • ものを落ち着きなくいじる

といったもの。さらに指先で気をつけたいのが、

  • 剥げかけのネイル
  • インク汚れ
  • 手荒れ

などです。

人からもよく見える場所なだけに、印象への影響も大です。適度にお手入れして、常に清潔を保ちましょう。

ポイント(2)足、座り方

足には、美しい仕草のためのとてもシンプルなルールがあります。

立つときも座るときも、膝とカカトは閉じておく(くっつけておく)こと。それを意識するだけで、スッキリと美しく見えます。

椅子に座ったときは、両脚を揃えて少し横に流してみましょう。
立っているときは脚を閉じ、片方のカカトを少しだけ後ろに引いてみてください。

こうして身体に少し「ヒネリ」「かたむき」を加えることで、姿勢もスタイルもよく見えます。

またこうすることで重心が整い、良い姿勢を保っていても疲れにくくなるので、ぜひお試しあれ。

ポイント(3)首

意識する人は少ないのですが、じつは「首」は、感情をとても豊かに表現することのできるパーツの一つです。

とくに首の傾斜は優雅な雰囲気を出しやすく、ちょっとした首の動きで相手に良い印象を与えることができます。

相手の話を聞いているとき、ほんの少し首を傾けてみてください。
また楽しい会話の最中には、笑いながら少しうつむいて目線を外し、またすぐに目を合わせて笑ってみてください。

感情表現にメリハリがつき、楽しい気持ちが伝わりやすくなります。

ただし、あまりに大きく傾げすぎたり、眉を寄せながら傾げたりしないよう、注意が必要です。

これらの動きは、楽しさよりも「不信感」「疑問」を感じさせてしまうため、印象ダウンに繋がります。少し気をつけてみてくださいね。

ポイント(4)背中、後ろ姿

人と別れる際、最後に見せるのが背中です。

そういう意味で、背中は印象の決め手となると言っても過言ではありません。

まっすぐ背中が伸びていれば、自然と姿勢も良くなります。意識すべきポイントは、肩甲骨です。

立っていても座っていてもかまいません。両手を組んで腕を思いきりぐーっと上に伸ばし、横から円を描くようにして、身体の脇に下ろしてみてください。

それが、正しい肩甲骨の位置です。この位置をよく覚えておきましょう。

パソコンやスマホを見つめる時間が長い現代の生活では、自然と猫背に、肩が内巻きになりがちです。猫背の女性はどんな美人でも「美しく」は見えません。

猫背は、背中や体幹を支える筋肉の衰えが原因の一つです。日々姿勢を正しくキープすることで、これらの筋肉は鍛えることができます。

気がついたら肩甲骨をグッと引き、美しい姿勢に切り替えましょう。

これは肩コリや頭痛予防にも効果的ですし、背中の贅肉のたるみをスッキリさせるのにも最適です。

美しい背中で、美しい印象を残しましょう♪

ポイント(5)脇

人の動きは、大きく見せると【男性的な印象】を、反対に小さく見せると【女性的な印象】を、相手に与えることができます。

どんな女性でも、和服を着るとなんとなく女性らしい動きになりますよね。

帯で胴体をぐっと固定し、袖を振り上げることのできない和服では、自然と動きが制限されてコンパクトになるためです。

わざわざ和服を着なくても、この法則を簡単に利用できます。それが「脇をしめる」という仕草です。

試しに、両脇に紙を挟んで小一時間過ごしてみてください。

紙を落とさないためにはしずしずとした小さな動きしかできず、姿勢も少し良くなることに気がつくはずです。

脇をしめることを意識するだけで、全身の動きが女性らしくなります。

ゆっくりとした動きも女性が優雅に見えるポイントですから、その点でもおすすめできます。

ポイント(6)全体的な身体の動き

全体的な身体の動きとして意識していきたいのは、

  1. ゆっくり動くこと
  2. ヒネリを意識すること

この2点です。

ゆっくりした動きはそれだけで上品に見えます。

そして身体をひねるような動きは、女性らしいやわらかい曲線をつくり、優雅に見せることができるのです。

全ての動作を心持ち「ゆっくり」行うように意識してみましょう。

とくに、

  • ドアを開け閉めする
  • 本や手帳を閉じる
  • 椅子を動かす
  • テーブルの上にものを置く

こういった動作は、できるだけ大きな音をたてないように、静かにゆっくり行うと上品です。

一方、ヒネリというのは、たとえば、

  • 右側の髪の毛を左手で耳にかける
  • 落ちたものを身体の横で拾う

といった、ちょっとした工夫で仕草に加えることができます。

何か動作をするときは、身体の前を腕が横切るような仕草を心がけると良いでしょう。あくまでも不自然にならない程度にとどめてください。

ポイント(7)仕上げは「気持ち」を込めること

不思議なことに、仕草には心がダイレクトに現れます。

何事も丁寧に、人やものに対して感謝しながら動作を行うことで、自然と美しい仕草が形作られていきます。

  • ものを持つときは両手を使う
  • お辞儀をするときは腰から曲げる
  • 人と話すときは何かをしながらではなく、手を止めて相手の方を向く

こうした動きは、対象の人やものに対して「丁寧に、大切に」という気持ちを持てば、自然と備わってくるものでしょう。

美しい仕草とは、言い換えれば「丁寧な仕草」です。

常にそうした気持ちを込めて、身体を動かすようにしてみてくださいね。

仕草を磨いて「理想の自分」を手に入れよう

「美人は仕草で作られる」と言われます。

仕草はその人の内面を映す鏡であり、反対に、仕草が人の内面に大きな影響を与えることもあります。

美しい仕草を心がけていると、清々しく凛とした気持ちになってきます。ガサツな仕草をくり返していれば、内面や生活にも悪影響が現れます。

また、美しい仕草をする人の周りには、自然と同じような品格を持つ相手が集まり、心地よい空間が生まれます。

今現在、自分の内面や生活が少し荒んでいるかな、と感じている人こそ、意識して美しい仕草を心がけてみましょう。

だんだんと理想の自分・理想の環境に近づいていくのを実感できるはずです。

今すぐにスタートできる、理想の自分へのステップアップ。それが「美しい仕草」です。あなたもぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
「美しい仕草」は美人を凌ぐ!必ずできる美仕草7つのステップ|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/kawaiisigusa82651/
ライター:コロボックル

この記事をシェアする

関連記事

コメント