• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

余った化粧水の顔以外への使い方!タイプに合わせて有効活用

Date:2018.06.08

この記事のタイトルとURLをコピーする
余った化粧水の顔以外への使い方!タイプに合わせて有効活用|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/kesyouhinnkatuyou4984/

肌に合わなかった化粧水や別の商品に乗り換えてしまって使わなくなった化粧水…あなたはどうしていますか?

スパッとその場で捨ててしまう人もいれば家族や友達にあげる人もいるでしょう。中には捨てるのがもったいなくて棚の奥にしまい込んでしまう人もいるかもしれませんね。

しかし、化粧水は必ずしも顔に使わなければいけないというものではありません。「化粧水=顔に使う」の思い込みを捨てれば、実はまだまだ使い道ってあるんです!

最後まで使い切れなかった化粧水、手放してしまう前にもう一工夫してみてはいかがでしょうか?


しっとり系の化粧水はボディ用に!コットンパックもおすすめ

せっかく買った化粧水が肌に合わない…なんてこともありますよね。

顔の皮膚は薄いのでちょっとの刺激で赤みやかゆみが出てしまうケースがあります。

顔に使うのはちょっと…そんな化粧水はスキンケア用からボディ用にチェンジしましょう!顔に比べて体の皮膚は熱いので刺激も少ないでしょう。

  • しっとりタイプ
  • 保湿力が高いタイプ

の化粧水がボディ向きです。

春夏用のボディローションとして使う

暑い季節になると体の保湿ケアもサボりがち…。

保湿の大切さは分かっていても、「保湿剤のベタベタ感がイヤ」「お風呂あがりはすぐに涼みたい」などの理由で手抜きしてしまう人も多いでしょう。

しかし、秋冬に比べて湿度が高い春夏なら肌が乾燥しない…なんてことは残念ながらありません。

むしろ、紫外線や冷房の影響で顔だけでなくボディも乾燥しています。また、お風呂あがりの肌は一気に乾燥が進んでしまうのでなるべく早く保湿してあげることが大切です。

そんな春夏のボディケアにテクスチャーがさらっとしている化粧水は最適

特に、

  • 保湿成分が配合されているもの
  • とろみのあるテクスチャーの化粧水

なら保湿効果は抜群です。

水分不足の肌にすっとなじんで肌をしっかり保湿してくれるので、保湿剤のベタつきが苦手な人や暑さや湿度で不快な季節でも快適なボディケアができます

乾燥しやすい部分はコットンパック

そのままパシャパシャとボディローションとして使うのも良いですが、おすすめなのが乾燥しやすいパーツなどへのコットンパック

  • ひじ
  • ひざ
  • かかと

など乾燥して角質が溜まりやすい部分に化粧水を含ませたコットンでパックをしましょう。大体5~10分ほどはり付けておくだけでOK

化粧水で保湿することで乾燥予防になりますし、肌の状態を整えることができるので、その後に使う保湿剤の浸透もスムーズになります

ボディクリームやハンドクリームに混ぜる

ハンドクリームやボディクリーム、マッサージクリームなど体に使う保湿剤はいろいろありますが、中にはテクスチャーが固く伸びの悪いものもありますよね。

そんな固めのクリームを使うときこそ、余った化粧水の出番!クリームに化粧水を混ぜてみてください

クリームの油分に化粧水の水溶性成分がプラスされてテクスチャーが柔らかく変化します。伸びや肌なじみが良くなるのでボディケアがしやすくなります

また、クリームの浸透率もアップするので効率よく保湿ケアができますよ。

贅沢な入浴剤として湯船に投入!

大きなボトルに入っている大容量タイプの化粧水もありますよね。

残っている化粧水が多いなら思い切って入浴剤として使ってみてはいかがでしょうか?

使い方は簡単、そのまま湯船に投入するだけ

化粧水に含まれている、

  • 保湿成分
  • 美容成分

などが湯船に溶け込んで湯船に浸かるだけで全身の保湿ケアになります。

普段のバスタイムよりもリッチな気分に浸れそうですね。

水のような化粧水は髪の潤い補給に最適!ヘアミストも作れる

そもそも肌への潤い補給のために作られている化粧水。ほとんどは精製水ですが、

  • グリセリン
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

など保湿効果が高い成分も含まれています。

肌に潤いが必要不可欠なのはご存知の通りですがそれは髪だって同じこと。美しい髪を保つには保湿が大切です。

続いては化粧水を髪に使う方法です。

スプレーに移してヘアミストにする

余っている化粧水がとろみのない、さらっとした水のような化粧水ならヘアミストを作ってみてはいかがでしょうか?

100円ショップやドラッグストアなどに売っている空のスプレーに

  • 化粧水
  • 精製水

を入れたらしっかり振って混ぜましょう。これだけでヘアミストの完成です!

夜の間についてしまった寝ぐせ直しとして使うのも良し、パサつきをおさえるとき用に持ち歩くのも良し、ひとつあると自宅でも外出先でも何かと重宝します

精製水でなく水道水を使った場合はその日のうちに使い切るなど衛生面に注意しましょう。

また、より保湿力の高いヘアミストをお望みなら、

  • 化粧水
  • ホホバオイルやスクワランオイル

の組み合わせで作るのがおすすめです。オイルの油分でしっとりタイプのヘアスプレーのできあがり!

シャンプーに混ぜて指通りをなめらかにする

シャンプー時の摩擦、きしみ、絡みもヘアダメージにつながります。

そうでなくても濡れた髪はそれだけでヘアダメージのリスクが上がります。髪のひっかかりやもつれでキューティクルが傷ついてしまうことがあるので注意したいもの…。

そんなとき、やってみてほしいのがシャンプーに化粧水をプラスする方法です。

シャンプーを泡立てるときに化粧水を少しだけ混ぜてみてください。化粧水の保湿成分が髪に潤いを与えてくれるので、

  • 指通りが良くなる
  • 洗い上がりがしっとりする

など嬉しい効果が期待できます。

シャンプーは毎日することなので化粧水を上手に活用して少しでもヘアダメージを減らしましょう

アルコール入りの化粧水は優秀なお掃除アイテムとして活用!

拭き取りタイプの収れん化粧水などアルコール入りの化粧水もありますよね。

さっぱりとした使用感や清涼感が心地良いですが、敏感肌や乾燥肌の人にとっては刺激になるケースも…。

そんなアルコール入り化粧水は優れたお掃除アイテムとして使えます!

綿棒やコットンで汚れをオフ!

化粧水に含まれるアルコール成分が汚れの除去に大活躍!

少しツンとするような強めの香りがするタイプが掃除向きです。

アルコール入りの化粧水をコットンや綿棒に染み込ませたら、

  • テレビ
  • 電子レンジの外側
  • パソコンのキーボードの隙間

など汚れのある部分をこすってみてください。

これだけでびっくりするくらい汚れを取り除くことができます。

鏡のくもりどめとして使う

洗面所やバスルームの鏡は、

  • 水アカ
  • 水しぶき

などで汚れがちです。

また、お風呂の湯気などですぐにくもってしまうのでお手入れの際など不便に感じることもありますよね。

そんな水回りの鏡をアルコール入りの化粧水をコットンに含ませて拭きましょう。さらに乾いた布で乾拭きして仕上げれば、汚れの除去だけでなくくもり止めにもなります。

使わなくなった化粧水で水回りのキレイをキープできるのは嬉しいですよね。

古くなった化粧水は掃除用にしよう

使わずに放っておいた化粧水の中には、

  • いつ買ったかわからないもの
  • 開封してからしばらく経ったもの

などの古いものもあるかもしれません。

劣化した化粧水は肌にどんな影響を与えるかわかりません。また、一度開封して外の空気や手のひらや肌に使ったものなどは中で細菌が繁殖している可能性があります。

そのため古くなった化粧水を顔、体、髪に使うのは避けましょう

「掃除用」と割り切って早めに使い切ると良いですね。間違って使わないように保管場所やラベルに工夫しましょう。

合わない化粧水でも捨てないで!一工夫して無駄なく使おう

体の中でも刺激に弱い、顔の保湿アイテムとして作られている化粧水。

配合成分やテクスチャーなど化粧水のタイプに合わせて工夫することで、ボディローションやヘアウォーターなど保湿アイテムとしてまだまだ使うことができそうですね。

それも難しければ掃除に使って身の回りのキレイに活用すればOK!

諦めて捨てようと思っていた化粧水の出番です。せっかくお金を払って手に入れたものですから、最後まで無駄にせず有効活用して使い切りましょう!

▼余った乳液の使い方についてはコチラを参考にしてください!

余った乳液の使い方の記事のトップ画像
この記事のタイトルとURLをコピーする
余った化粧水の顔以外への使い方!タイプに合わせて有効活用|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/kesyouhinnkatuyou4984/

この記事をシェアする

関連記事

コメント