• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

眉マスカラの正しい使い方と美眉になると人気の眉マスカラ5選

Date:2018.10.29

この記事のタイトルとURLをコピーする
眉マスカラの正しい使い方と美眉になると人気の眉マスカラ5選|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/mayumasukara7980/

眉マスカラは、眉を明るくしたり整えたりするときに使うメイクアイテムです。眉マスカラを使用すると、染めた髪色と眉毛の色の差を埋められ、いつものメイクに抜け感を加えられます。

しかし眉マスカラを使わなくてもアイブロウペンシルがあれば、一応眉メイクできます。このため「眉マスカラを使う意味ってあるの?」と眉マスカラを持て余している人も多いです。

眉毛を自然に仕上げたいのなら、アイブロウペンシルに合わせて、眉マスカラも活用するべきです。

眉マスカラは、眉毛の毛を液でコーティングするメイクアイテムです。コーティングすることで眉毛の毛をアイブロウペンシルのカラーになじませたり、薄い眉毛にナチュラルな明るさを加えられます。

眉マスカラを使えば、濃く描きすぎてのっぺりとした眉毛になったりするなど、アイブロウペンシル一本で眉毛メイクをすると起きるトラブルを避けられます。

今回は人気の眉マスカラと、美眉を作る眉マスカラの使い方をご紹介します。


自分の眉毛をワンランクアップする!眉マスカラの使い方

眉マスカラを間違って使うと

  • なんだかのっぺりしてしまう
  • 色ムラができてしまう
  • ダマだらけになってしまう
  • 眉だけがメイクで浮いてしまっている

などの不自然な眉毛を描いてしまいます。

自然な眉毛を描くために、理屈とポイントを覚えてしましましょう。

1.眉毛をサラサラの状態にする

BBクリームを塗った後や、リキッドファンデーションを塗った後など、眉毛は湿っておりアイブロウペンシルや眉マスカラで眉を描いても、すぐに取れてしまいます。

アイブロウを使う前に、フェイスパウダーやパウダーファンデーションなどで眉毛を押さえるとよいでしょう。皮脂を押さえさらさらの状態にすれば、メイクを落ちにくくすることができます。

アイブロウマスカラの使い方

2.アイブロウペンシルとパウダーの後に眉マスカラ

眉マスカラは、眉毛の毛をコーティングするメイクアイテムです。このため眉毛が生えている皮膚に直接描くアイブロウペンシルやアイブロウパウダーは、眉マスカラより先に使う必用があります。

アイブロウペンシルとパウダーの後に眉マスカラ

3.ブラシで眉毛の毛の流れを整える

眉マスカラは、眉毛の毛をコーティングするメイクアイテムです。塗りやすいように、あらかじめブラシで眉毛の毛の流れを整えておくとよいでしょう。

ブラシで眉毛の毛の流れを整える

4.塗る前に眉マスカラブラシをティッシュでオフする

眉マスカラをそのまま塗ると、液が多すぎて、のっぺりした仕上がりになってしまいます。ナチュラルな仕上がりにするためには、眉マスカラをティッシュにあてるなどして、不必要な液をオフしましょう。

塗る前に眉マスカラブラシをティッシュでオフする

5.毛の流れと逆方向に塗ったあと毛の流れに沿って塗る

ついつい眉マスカラを塗るときは、眉毛の毛の流れに沿って塗ってしまいがちです。

しかし眉マスカラは眉毛の毛をコーティングするメイクアイテムです。片方塗ったら、反対方向も塗って全体をコーティングしなければなりません。

最初に毛の流れに沿って眉マスカラを塗ると、次に毛に逆らって眉マスカラを塗らなければならず、眉毛の流れが乱れてしまいます。

最初は毛の流れに逆らって眉マスカラを塗ることで、次に毛の流れに沿って塗るときに乱れた眉毛の流れを整えることができます。

毛の流れと逆方向に塗ったあと毛の流れに沿って塗る

眉毛マスカラはまつげマスカラを塗るように塗る

眉毛マスカラは、眉毛の毛をコーティングするメイクアイテムです。塗るコツはまつ毛を長く見せるまつげマスカラをほぼ同じです。

つまり皮膚にはつかないように柔らかく塗りつつ、色ムラができないように根本から塗ることです。

うまくコーティングできないときなどは、まつげマスカラを塗るように、ブラシを小刻みに揺らしながら塗るとよいでしょう。

眉毛マスカラはまつげマスカラを塗るように塗る

メイク崩れ防止にもなる!ペンシルには無い眉マスカラの魅力

アイブロウペンシルのみでも、眉を描けます。眉毛がナチュラルに仕上がる他に、眉マスカラを使うメリットはあるのでしょうか。

眉メイクが落ちるのを防ぐ

前髪や汗などで、眉メイクはすぐに落ちてしまいます。しかし眉マスカラで眉毛の毛をコーティングすれば、眉メイクを落ちにくくなります。

もちろん眉マスカラによるコーティングだけではなく、皮膚に直接描くアイブロウペンシルやアイブロウパウダーも落ちにくくなります。

眉マスカラで眉毛を描くのが苦手な人には、透明な眉マスカラがおすすめです。

透明な眉マスカラがおすすめ

眉毛の悩みを解決できる

眉毛の悩みを抱えている人に、眉マスカラはおすすめです。

眉毛の濃さに悩んでいる人は、明るいカラーの眉マスカラを塗ることにより、濃い眉毛をふんわりとナチュラルに見せることができます。

逆に眉毛の薄さに悩んでいる人は、暗めのカラーではっきりとした眉毛を描けます。

また眉毛は顔の印象を決める大事なメイクです。眉毛の描き方を工夫することによって、顔全体の輪郭も違って見えます。

そんな眉メイクのサポートをしてくれる、眉マスカラはかなり重要なメイクアイテムです。

眉毛の悩みを解決できる

自然な美眉が長時間持続する!人気の眉マスカラ5種をご紹介

人気が高いおすすめの眉マスカラをご紹介します。

ヘビーローテーション「カラーリングアイブロウ」

カラーリングアイブロウの画像

発色が美しい眉マスカラです。マルチプルーフで汗や皮脂に強く落ちにくいですが、落とすときはお湯で簡単にオフできます。

イエローブラウン・オレンジブラウン・アッシュブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウン・ピンクブラウン・アッシュベージュの、全部で7色のカラーがあります。

テクニカルブラシにより、ダマもできにくく色ムラもなく塗ることができます。

眉色を髪色に合わせるだけではなく、ナチュラルで美しい眉毛を仕上げられます。値段もお手頃のため、眉マスカラ初心者におすすめです。

インテグレート「ニュアンスアイブローマスカラ」

ニュアンスアイブローマスカラの画像
全部で7色のカラーがあります。

やわらかな色と、パウダーのようなふわふわとした質感で、ふんわり自然な女性らしい眉毛を描くことができます。

汗や皮脂に強く、資生堂が独自に行った12時間仕上がり持続テスト済みも合格しました。落とすときはメイク落としを使わずに、お湯で簡単にオフできます。

ヴィセ「リシェカラーリングアイブロウマスカラ」

リシェカラーリングアイブロウマスカラ

全5色の眉マスカラです。

カラーリング成分が配合しているため、カラーリングしたかのような鮮やかな発色の眉毛を長時間持続します。

ダマもなく、べたつきを感じさせない均一で自然な仕上がりで、しっかりと眉毛に密着します。

他にはないカラーリングが魅力的な眉マスカラです。特にBR-5は赤味が少なく、黒髪になじむ色合いです。またBR-4は逆に赤味がとても強い色合いですが、赤色が強い髪色の人にはとても合うカラーです。

地肌につきにくいブラシで、根本から眉毛をコーティングすることができます。

メイベリンニューヨーク「ファッションブロウカラードラママスカラ」

ファッションブロウカラードラママスカラの画像

ナチュラルブラウン・レッドブラウン・ゴールドブラウン・バーガンディ・カーキ・コーラルの全6種類です。

ピンクっぽいカラーのバーガンディ、緑っぽいカラーのカーキ、オレンジっぽいカラーのコーラルのはくすみカラーのため、肌になじむカラーです。プチプラコスメではなかなかない色味を揃えられます。

発色も美しく、お湯で簡単にオフすることもできます。根本からしっかり塗れ、皮膚につきにくいブラシです。

オルビス「アイブローコート」

アイブローコートの画像

厳密には眉マスカラとは違いますが、眉メイクが落ちるのを防ぎたい人におすすめのメイクアイテムのためご紹介します。

メイクした眉毛の上にひと塗りするだけで、美しい眉毛を夜までキープできるアイブロウコートです。

眉毛をしっかりと守れるウォータープルーフタイプ、落とすときにクレンジングを使う必用があります。

無色透明のさっと乾く速乾性の液で、アイブロウの上から塗ることもできます。また肌のことを考えた、保湿成分ユリエキスが配合されています。

眉マスカラの選び方!TPOや季節に応じてカラーを変えよう

眉マスカラを選ぶうえで最も大切なのは、カラーです。基本的に現在の髪の色に近いものを選ぶとよいでしょう。

日本人の多くは黒髪ですが、本当に真っ黒な人は少ないです。多くの人は、うっすらと茶色が混ざっています。このため黒髪だからと、眉マスカラはブラックのマスカラを選ぶのではなくダークブラウンを選ぶことをおすすめします。

ダークブラウンのマスカラがおすすめ

また茶髪といっても、赤味がかっていたり黄味がかっていたりします。髪色と同じ色味がかかっている眉マスカラを選ぶようにしましょう。

メイクによっても眉マスカラのカラーを変えるのもよいでしょう。ナチュラルメイクやふんわり女性らしいメイクの場合は、髪の色よりワントーン明るいカラーを選びましょう。

逆にはっきりした色合いのモードメイクの場合は、ブラックの眉マスカラを選ぶとよいでしょう。もしくは透明マスカラで、形だけ整えておくのもよいかもしれません。

眉マスカラの選び方

ご紹介の眉マスカラを購入するときは、自分に合ったカラーをぜひ選んでください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
眉マスカラの正しい使い方と美眉になると人気の眉マスカラ5選|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/mayumasukara7980/
ライター:山本

この記事をシェアする

関連記事

コメント