• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

安くて美味しい、もやしのダイエット効果と上手な取り入れ方

Date:2018.05.20

この記事のタイトルとURLをコピーする
安くて美味しい、もやしのダイエット効果と上手な取り入れ方|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/moyashidiet7698/

もやしはカロリーが低くてお財布にも優しい、ダイエット中に食べるには最も優秀な野菜のひとつ。

調理の手間が少ないのもメリットのひとつです。

低カロリーという以外にも、もやしにはダイエットにおすすめしたいポイントがたくさん!

今回はもやしのダイエット効果と、上手に取り入れながらカロリーを抑えてダイエットに役立てる方法をご紹介します。


美味しくて低カロリー。もやしのダイエット効果

もやしは1年を通して価格がほぼ変わらない、優秀な野菜。見た目からは想像もつかない栄養が詰まった野菜なのです。

食べ応えもあるし、ダイエットには最適な野菜のひとつです。

実は栄養価が高い

もやしって何から育つかご存知ですか?

もやしの袋を見ると

  • 緑豆もやし
  • ブラックマペ

なんて名前がついていますが、豆から育つんですね。

豆の芽を食べているようなものですから、栄養が豊富に含まれています。

ダイエットで一番心配なのは、カロリーを減らすあまり栄養不足になってしまうこと。

しかしもやしには、

  • タンパク質
  • ビタミン類
  • ミネラル類
  • アスパラギン酸
  • 食物繊維

などが豊富に含まれているので、カロリーオフしながらダイエット中でも必要な栄養素を補えるのが魅力です。

置き換えダイエットでカロリー大幅減

もやしのカロリーがどのくらいかというと、100gで14kcal、1袋はだいたい200gなので、およそ30kcalです。

ご飯1膳がだいたい250kcalくらいなので、これをもやしに置き換えたら?かなりのカロリー減になりますね。

カロリーが高い主食やおかずをもやしに置き換えるだけで、しっかり食べながら摂取カロリーを大幅に減らすことが出来るのです。

食物繊維で空腹を抑える

ダイエットは空腹との戦いです。食事を抜くのはいけないけれど、お腹いっぱいに食べないようにするとどうしてもお腹がすぐにすいてしまいますよね。

次の食事までの時間が長く感じると思います。

もやしは不溶性食物繊維が含まれているので、ダイエット中につらい空腹感を紛らわせる効果もあるんです。

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類がありますが、もやしの食物繊維は腹持ちが良くなる不溶性食物繊維なので、お腹が膨らみやすいんです。

食べ過ぎ防止にもなるし、空腹も抑える。ダイエットには最適な食材ですね。

ぽっこりお腹も解消

不溶性食物繊維の働きは、お腹を膨らませるだけではありません。

お腹の中で水分を吸収して膨らんだ後は、腸では消化されず、そのまま便のかさを増しながら、老廃物とともに体外に排出しやすくしてくれるんです。

腸の働きを活性化させて、お腹の中からスッキリ!ぽっこりお腹も解消できるかもしれません。

便秘が解消されれば、お腹の中がキレイになって栄養の吸収も良くなります。そうすると身体の巡りも良くなって、太りにくい身体を作ることができますね。

脂質の代謝をサポートする

もやしには脂質の代謝をサポートするビタミンB2が含まれています。脂肪は大事なエネルギー源ですが、速やかに代謝しないと体脂肪として残ってしまいます。

それを燃やしやすくしてくれるのがビタミンB2なんです。

脂質を溜め込まない身体にするためにも、もやしのビタミンB2はダイエットに大きな役割を果たします。

糖質の代謝をサポート

脂質とともに早く代謝したいのが糖質ですね。

脂質よりは早くエネルギーに変わるものの、摂りすぎればやはり中性脂肪に変わり、体内に蓄積されます。

早くエネルギーに変えて代謝するために役立つのがもやしのビタミンB1です。

ビタミンB2とともに脂肪がたまりにくい身体を作るのに役立ちます。

カリウムでむくみ太りも解消

もやしはビタミンとともにミネラルも豊富な野菜です。中でもダイエットに役立つのはカリウム。

余分な塩分や水分を排出する働きがあるので、むくみ太りが気になる人には是非もやしをたくさん食べて欲しいですね。

大豆タンパク質も摂れる

もやしはお豆の芽だということを最初にお話ししました。

ということは、大豆の栄養分も摂ることが出来るということ。ダイエットに欠かせない大豆タンパク質が取れるんです。

タンパク質がないと筋肉が作れませんし、脂肪が燃焼しづらくなります。

また、大豆に含まれる大豆サポニンは脂質の代謝をサポートする栄養素ですから、脂肪を減らしたい人には嬉しい栄養素ですね。

スッキリして肌までキレイになる美肌効果も

もやしにはビタミンC、そしてビタミンB群が豊富に含まれています。どちらも、健康で美しい肌を作るために必要なビタミンです。

実は、大豆にはビタミンCがほとんど含まれていないのですが、発芽してもやしが成長する過程で含有量が増えてくるんですね。

大豆のパワーはすごいですが、もやしになることでお肌に良いビタミンが増えるということなんです。

ダイエットしながら美肌も維持するというのは女性にとって大事なこと。もやしはカロリーを減らしても肌にいい栄養素はとれる、嬉しい野菜ですね。

食べられるからストレスが少ない

なんといっても、「食べられる」ということがもやしの最大のメリットだと思います。

ごはんと置き換えるだけで、他のおかずは普通に食べられるのですから、ダイエットにつきものの「我慢」が必要ないんです。

また、もやしにはGABA(ギャバ)という成分も含まれており、リラックス効果もあるんですね。

食べられるというストレスのなさと、ギャバの働きで、安定した気持ちでダイエットを続けられそうです。

飽きずに続けるための上手なもやしの取り入れ方

効果的なもやしダイエットのやり方を簡単に説明します。

上手に食べれば、短期間で1〜2kgのダイエットは可能でしょう。

主食をもやしにする

もやしを置き換えるなら、ごはんやパンなどの主食がおすすめです。

栄養補給のためにもタンパク質や野菜などはしっかり摂りたいので、食べ過ぎたくない炭水化物をもやしに置き換えます。

決してもやしだけを食べるのではなく、主食を置き換えたら、他のおかずはいつも通りに食べて下さい。

置き換えするなら夜がおすすめ

1日3食、すべてもやしに置き換える必要はありません。1食分で十分です。

置き換えるなら、夕食がおすすめ。

朝食や昼食は、その後にまだ活動していますから、カロリーを消費できます。

しかし夜の食事はその後にエネルギーを消費しづらいもの。ここで食べ過ぎてしまうと、カロリーを消費しきれずに、脂肪として蓄積されてしまうのです。

ですから、夕食のご飯を燃やしに置き換えるというのがタイミングとしてはベストでしょう。

食事の最初にもやしを食べる

ごはんをもやしに置き換えたら、食べる順番にもこだわってみましょう。

もやしを食事の最初に食べるようにします。食物繊維が豊富なもやしを最初に食べることで、その後の血糖値の急上昇を防ぐためです。

また、シャキシャキのもやしを最初に食べることで、満腹感を得やすくなり、その後の食べ過ぎを防ぐ目的もあります。

高カロリーな食材とも組み合わせられる

もやしの魅力はカロリーの低さ。だから、他の高カロリーなおかずとも組み合わせやすいというのがポイントです。

例えば、麺の代わりにラーメンの汁に入れてもいいし、カレールウをかけても罪悪感がありません。

ダイエット中はマヨネーズなどカロリーの高い調味料は避けると思いますが、もやしならマヨネーズだって食べられる!

マヨネーズに麺つゆ、カレー粉など色々な組み合わせてもやしが楽しるので、それこそレシピが無限大なのです。

調理の仕方を工夫する

残念なのが、もやしは生鮮食品であまり日持ちがしないこと。時間が経つと栄養も減ってきてしまうので、買ってきたら1〜2日のうちに食べましょう。

冷凍するとシャキシャキとした食感が損なわれてしまうので、生の状態で調理した方が美味しいです。

また、すぐに火が通るので加熱時間は短くても大丈夫です。

たっぷり摂りたいビタミンB群やビタミンCは水溶性なので、できればスープに入れたり、ごく短時間で炒めて水分があまり出てしまわないように調理の仕方を工夫してみましょう。

もやしは洗ってから袋詰めされているので、基本的にはそのまま調理できます。水で洗いすぎるとせっかくのビタミンが流れ出てしまいます。

食べるなら大豆もやしがおすすめ

もやしの栄養をたっぷり摂りたい!と思ったら、大豆もやしがおすすめです。

大きな豆のついたもやしで、食べ応えもありますね。栄養価としては、普通のもやしのおよそ2倍あるのだとか。

どうせ食べるなら大豆もやしの方がダイエットには良さそうです。

もやしを食べる時の注意点。すべての食事をもやしだけにしないこと!

もやしは短期間でダイエットできる食材ですが、だからといってすべての食事をもやしにするようなことだけはしないでください。

確実に栄養不足になりますし、一時的に体重が減ってもリバウンドする可能性が高くなります。

場合によっては体調不良を引き起こすこともあるので、置き換えのルールは守ってくださいね。

口コミなどをみると、もやしダイエットで健康的に痩せている人は、もやし以外にも栄養バランスの良い食事を摂っています。

最初にもやしを食べるだけでもかなりお腹がいっぱいになって、食べ過ぎを防ぐことが出来ます。それだけでも十分ダイエット効果はあると思うので、決して栄養不足にならないように気をつけましょう。

まずは1週間。インターバルを置いて継続すると効果大

もやしダイエットは短期決戦です。数ヶ月にも渡って行うダイエット法ではありません。

まずは1週間だけ、夕食のご飯をもやしに置き換えてみる。その後は普通の食事に戻して、また1ヶ月後にもやしを食べるというように、インターバルをおくと効果的です。

女性は生理のリズムも考えた方がダイエットは成功します。まずは、生理が終わってからの1週間にもやしを取り入れてみましょう。

生理前は何をしても痩せにくい時期なので、その時にもやしを食べてもあまり効果が感じられないでしょう。

例えば、生理の後の1週間で1〜2kg減らす。また翌月にもやしを食べる。そんな風にして毎月少しずつ痩せていくことで、理想の体重に近づくのではないでしょうか。

1年中、いつからでも始めやすいもやしダイエット

もやしは季節を問わず食べられるありがたい野菜です。いつからでも自分のタイミングでダイエットを始められるのがいいですね。

しかも、高価なダイエット食品と違い、1袋が100円以下。お値段高めの大豆もやしでも、1袋はだいたい70〜80円くらいです。普通のもやしなら50円しませんよね。

1週間食べ続けても数百円で済んでしまう、何とも嬉しいダイエット食品です。

味が淡白なので、料理も色々楽しめます。レパートリーを増やして、楽しく食べて痩せていきましょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする
安くて美味しい、もやしのダイエット効果と上手な取り入れ方|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/moyashidiet7698/

この記事をシェアする

関連記事

コメント