• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ネットバンクのメリット・デメリットとは?知識を身につけ活用しよう

Date:2018.04.25

この記事のタイトルとURLをコピーする
ネットバンクのメリット・デメリットとは?知識を身につけ活用しよう|女性の美学
https://josei-bigaku.jp/nettobanku26315/

今や、言葉を聞かないことがないほどの普及率を誇るネットバンク。

ネットバンクは、言葉のとおり、銀行に行ったりATMに行かないとならない振込や振替などをインターネットや行うことができる便利な銀行です。

忙しく、平日の昼間に動けない社会人にとっては、非常に便利で、彼らのライフスタイルとも合っているシステムだと言えるでしょう。

メリットだらけのように思えるネットバンクですが、そんな便利なネットバンクにもデメリットはあります。

今回は、ネットバンクの仕組みや、メリット・デメリットについて見ていきます。

今すでにネットバンクを持っている人も、これから持とうと思っている人も、ぜひこの記事を参考にしてみてください。きっと、あなたにとってネットバンク利用のヒントになるはずです。


はじめに知っておこう!ネットバンクにまつわる知識

言葉で知っていても、ネットバンクの仕組みがどんなものか、実は知らない人もいるのではないでしょうか。そこで、最初にネットバンクについて知識を深めていこうと思います。

ネットバンクには2種類ある!

  • 実店舗があり、ネットバンクも持っている銀行
  • 実店舗がなく、ネットバンクのみで運営している銀行

この2種類が、ネットバンクとして広く認識されているものです。

三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行など、大手の銀行で店舗が実際にあり、かつ一部の取引が店舗に行かなくとも、インターネットを通じて行うことが出来るというものが上に当たります。いわゆる「ネットバンキング」と呼ばれるサービスです。

下の銀行がいわゆる「ネットバンク」と広義に言われるもので、ジャパンネット銀行」「じぶん銀行」などが当たります。本店だけではなく支店・実店舗を持たずに、すべてのサービスをインターネットを通じて行う銀行です。

ネットバンクでは何ができるの?

基本的に、実店舗を持っている銀行が提供しているサービスのほとんどは、ネットバンクでも行うことが可能です。自宅に居ながら、もしくは出先でスマートフォンなどで操作し、指定の口座へ振込・振替を行えます。

ここで疑問に思うのは、
「店舗がないならATMもない、つまりお金が引き出せないのでは?」
ということです。

ですが、大丈夫。ネット銀行では、「提携ATM」を利用して入出金を行っています。

提携ATMは主にコンビニATMとなっています。銀行のATMから引き出したいときは振り替えて引き出せますし、ネット銀行から直接で入金・出金をする時は、コンビニATMを利用するのが最も簡単な方法と言えます。ちなみに、後程下で詳しく書きますが、提携ATMからの引き出し手数料は無料のことが多く、一般的な銀行のように手数料がかかって損になってしまうことはありませんのでご安心を。

ネットバンクのメリットとは

 
便利さだけでは、やはり普段使っている銀行のほうがいいように思えますよね。ですが、ネットバンクには便利さ以外にもメリットがあるのです。

この章では、そのメリットについて見ていきます。

店舗がないからこそのメリット!普通の銀行よりも高金利

ネットバンクの最も大きな利点は、店舗を複数所有している普通の銀行よりも、経費がかからないということです。運営コストがあまりかからないので、その分、余剰金を預金者への金利のUPに充てられるのです。

金利だけじゃない!各種手数料もお得な設定に

振り込み手数料や、出勤の手数料は小さな金額ではあるものの、積み重なると大きな金額になってしまいます。その点も、ネットバンクではかなりお得に設定されているよう。

ネットバンクからの振り替えで最も多いのは、実店舗のある銀行への振り替え。それにいちいち手数料がかかっていてはお金がもったいないですよね。だいたいのネットバンクは、自分名義の銀行であれば、振替の手数料は無料である場合が多いようです。

忙しい人にはありがたい!「時間」を気にする必要なし

さらに、ネットバンクは24時間いつでもどこでも取引が可能です。夜に突然振り込みをしなくてはならなくなった場合や、朝方出勤前にお金が欲しい、週末に振り替えをしたいというときにも、ネットバンクなら対応が可能です。

もうひとつ嬉しいポイントは、「営業日」。振り込みに行くと「翌営業日扱いです」と言われてしまうこと、ありますよね。ネットバンクにはそれがないため、相手を待たせることなく取引をすることが出来るのです。

ネットバンクにはデメリットもある?

こんなに便利なネットバンクですが、光があるところ必ず闇があるように、実はメリットだけではなく、面倒なデメリットもあるのです。

引き出しが大変!ATMが限定されている

最初の方にも書きましたが、ネットバンクは実店舗を持たない銀行であるが故、ATMも所有していません。

提携ATMで引き出すことが出来ますが、コンビニエンスストアや普通銀行など、ネットバンクによって提携先はそれぞれ違います。事前に自分のネットバンクの提携先がどこか知っておかないと、出金したいとき「どこなら下ろせるんだ?!」と慌ててしまう可能性も……。

システム障害でアクセス不可の可能性も

ネットワーク上にしか店舗がない関係で、システムトラブルやネットワーク障害が起きるとアクセスできなくなってしまう危険性もはらんでいます。

お金自体が消えてしまうことはないにしても、引き出したい!と思った時に予想外のシステム障害に当たってしまい、トラブルになることもあるようです。

システム関係のトラブルとしては、普通のATMよりもスマートフォンなどで取り扱いができてしまう分、セキュリティの面では個人での注意が必要と言えるでしょう。

公共料金を銀行口座から引き落としにしている人も要注意。ネットバンクは今のところ、公共料金・税金・クレジットカードの引き落としには対応しておらず、サブ口座としての使用がベスト。

この口座一本で1人暮らしを始めたい、というのはあまりお勧めできません。

便利なネットバンク、使い方を知って有効活用しよう

24時間どこからでも操作ができ、非常に便利なネットバンク。便利な分、セキュリティの面やATM探しなどのデメリットも含んでいます。

ですが、ネットバンクは使いこなせば、非情に快適な銀行としてあなたの役に立ってくれるはず。使い方をしっかり把握し、最大限ネットバンクを活用してくださいね!

この記事のタイトルとURLをコピーする
ネットバンクのメリット・デメリットとは?知識を身につけ活用しよう|【女性の美学】
https://josei-bigaku.jp/nettobanku26315/

この記事をシェアする

関連記事

コメント